30代女性のデリケートゾーンの悩み!黒ずみ?それともニオイ・アンダーヘア?


30代女性のデリケートゾーンの悩みと言えば、黒ずみ?それともニオイ・アンダーヘア?


30代の女性のデリケートゾーンの悩みといえばニオイやアンダーヘアなどですが、一番、気になるのは……デリケートゾーンの黒ずみではないですか!

「いざ行為におよぶときは灯りを消すから大丈夫」とはいえ、もし相手に見られたらどう思われるか、単に自分が見るだけでも、やっぱり気になってしまいますよね。

そもそもなぜ黒くなるのかについてはもちろん、どんな人が黒くなるのか気になるところです!

デリケートゾーンが黒くなる原因って何なの?

女性ホルモンと黒ずみは関係あるの?

デリケートゾーンの周囲の黒ずみは、女性ホルモンが出ている証拠とも言えます。

なぜなら、30代のあなたなら経験があるかもしれませんが、妊娠したときに乳首やデリケートゾーンが黒ずんできませんでしたか?

一方、赤ちゃんやおばあちゃんは女性ホルモンが少ないためか?色がかなり薄いと思いません。

実際に思春期になるとデリケートゾーンの黒ずんできて悩んでいるという声が「知恵袋」に多く投稿されているのをみかけますし。。

思春期と言えば、女性ホルモンの分泌が盛んになる時期でもあります。

なので、デリケートゾーンの黒ずみはホルモンの影響も多少ある可能性があるのかも。。

デリケートゾーンの皮膚は身体の中で最も薄い

皮膚の角質層でいえば、デリケートゾーンが身体の中で最も薄いと言われています。

実際に、繊細といわれている“目の周り”の皮膚よりも薄いとのことです。

ゆえに、あなたが考える以上に物理的な刺激に弱い部位だと思って、丁寧なケアをすることが大事になってきます。

一般的に皮膚に刺激を与えるとあなたのお肌を守るために、メラニン色素ができ、皮膚が黒ずむ原因となります。

なので、とくに、刺激に弱いデリケートゾーンは黒ずみやすいとも言えます。

実際に、下着による摩擦でも黒ずんでしまいます。

なるべく、お肌にやさしい綿とかの下着を着用するのが良いでしょう。

デスクワークによるうっ血も、黒ずみの原因に?

30代のあなたのように、最近はデスクワークの時間が長く、座りっぱなしでの仕事が多いかもしれません。

そんな座りっぱなしの仕事だと、下半身がうっ血してしまうこともあります。

血液やリンパの循環が悪ければ、うっ血して、デリケートゾーン周辺も黒ずことにつながります。

長時間の座りっぱなしを解消するために、こまめに立ち上がったりなどの対策も良いかもしれません。

また、血の巡りやリンパの流れをよくするために、リンパマッサージをおこうなことも良いでしょう。

そんな、30代のあなたにとってデリケートゾーンの黒ずみは気になってしまいますよね!

一番良い方法は、デリケートゾーンの黒ずみ専用のケアアイテムを使用することだと思います。

デリケートゾーンの黒ずみケアアイテムも色々ありますが、信頼度の高さの点では、湘南美容外科と共同開発したデリケートゾーン専用の美白クリーム!「ホスピピュアVIOあります。

口コミでも人気となっていて、やはり、湘南美容外科と言えば、知名度の高さもあり評判は高いようです。

湘南美容外科との共同開発したデリケートゾーンのお肌の黒ずみ対策「ホスピピュアVIO」を紹介する記事を書いています。

詳しくは→湘南美容外科共同開発!ホスピピュアVIO!デリケートゾーンの黒ずみケア!口コミ効果チェック!

さて、デリケートゾーンの次に多い悩みといえば「ニオイ」でしょうか。

デリケートゾーンは何故ニオイがでるの?

デリケートゾーンのニオイの原因は、アポクリン汗腺からでる汗に含まれているタンパク質やケアナの皮脂などをエサとする皮膚常在菌が分解したときにでるニオイです。

そのニオイは、たまごの腐ったニオイとか魚の生臭さ、玉ねぎのニオイと表現されることが多いニオイです。

このアポクリン汗腺は、体の全身に存在するわけではなく、デリケートゾーンや肛門周辺、乳首まわり、わき、耳にあります。

デリケートゾーンのニオイは、スソワキガと呼ばれています。また、ワキからでるニオイは、ワキガと呼ばれています。

基本的には、この二つのニオイは似ているようですが、ニオイの強さではスソワキガのほうがうわまわっています。

これらのデリケートゾーンや肛門周辺などのニオイはフェロモンではないかと言われていたこともあるようです。

一方、体温調節を行うエクリン汗腺は、体の全身に存在していて、体温調節のために汗をかきます。

こちらもアポクリン汗腺と同様に汗に含まれる皮脂などをエサにする皮膚常在菌によってニオイがでます。

しかし、そのニオイはアポクリン汗腺からでる汗ほど強烈ではありません。

ちなみに、アポクリン汗腺からでる汗の成分はタンパク質が主で白い色をしています。

一方、エクリン汗腺からでる汗は、99%が水で残りの1%はミネラルなどで透明です。なので、こちらの汗は、水分やミネラルを失うために脱水症状をおこすことがあります。

デリケートゾーンからでる汗のニオイはどのようにして防ぐの?

デリケートゾーンからでる汗のニオイを防ぐには、デリケートゾーン専用のニオイケアアイテムを使用するのが良いでしょう。

ニオイケアアイテムには、大きく3つの作用がある成分が配合されています。

・ 皮膚常在菌(とくに、ニオイを発生させる菌のみ)を殺菌する成分

・ 汗腺を塞ぐ成分:汗腺を少なくすることでニオイを出しにくくする

・ ニオイを無臭化する成分:柿タンニンや茶カテキンなど

デリケートゾーンからでるニオイのケアアイテムとして「デオシーククリーム」がオススメです。

詳しくは→デオシーククリーム!最安値は市販、楽天?ワキガ&スソワキガ対策!使用口コミレビュー

デリケートゾーンの毛(アンダーヘア)の処理は?

Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)と呼ばれているアンダーヘアって、色々と面倒だと思います。

基本的なVIOのお手入れの方法は

Vラインのお手入れ

デリケートゾーンの上部にある「Vライン」は、下着やビキニのラインからアンダーヘアがはみ出ないようにするのが一般的です。

Iラインのお手入れ

「Iライン」のお手入れとして、この箇所を脱毛することで、ニオイを軽減したり、生理中のムレやかぶれ、雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。

Oラインのお手入れ

「Oライン」は、お尻の穴の周囲にある毛のこと。「Iライン」と同様に、脱毛することで衛生的なメリットがあります。

具体的には、デリケートゾーンのニオイを軽減したり、雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。

ところで、30代の女性はVIOをどのようにお手入れしているのでしょうか?

・ Vは整え、IOは完全にない状態

・ Vのラインから出ないぐらいの手入れ

・ アンダーヘアを剃ってから短く出てきた毛を抜いています。しかし、茶色いプツプツというか色素沈着のようなものができてしまいます。

・ カットすると肌荒れします

・ 一度VIO処理をしてしまうと、伸びてきた中途半端な状態が気になって、繰り返しお手入れが必要で大変です。

・ VIOを自己処理するとカミソリ負けや、生え始めがチクチクして痛痒くなる

など、結構、VIOのお手入れは大変だという感じです。

また、VIOのお手入れで脱毛をすると彼氏とかに嫌がれてしまったり、AV女優と勘違いされたりしてどこまでお手入れをするのが良いのか判断に困ることも。。

もちろん、ある程度のVIOのお手入れは必要です。

しかし、デリケートゾーンのお肌は、最初にも述べていますが、非常に薄いので刺激に弱い部位です。

なので、カミソリなどで刺激を与えると黒ずみを招いてしまうこともあります。

もちろん、エステサロンなどでVIOのお手入れをしてもらうのが良い方法だと考えますが、「お金の問題」と「恥ずかしさ」からかなり難しいかもしれません。

そんな30代のあなたに自宅でVIO脱毛ができるという業務レベルの光脱毛器があります。

エステサロンで使用している脱毛器のホーム版という感じなので安心して使用できるのも魅力かもしれません。

自宅だ簡単にVIO脱毛ができるという「脱毛ラボホームエディション」を紹介しています。

詳しくは→脱毛ラボホームエディション!自宅でVIO光脱毛!最安値は楽天、アマゾン?

「30代女性のデリケートゾーンの悩み」のまとめ

いかがでしたか。30代女性のデリケートゾーンの悩みの代表格である黒ずみやニオイ、アンダーヘアのお手入れについて説明してきました。

いずれの悩みもデリケートゾーンなので、他の人に気軽に相談できないという問題があります。

なので、あなたが一人で悶々と悩んでいることが多いのではないでしょうか!

そんなあなたのデリケートゾーンの悩みの解決につながってくれればと思います。

一日でもはやく、30代のあなたのデリケートゾーンの悩みから解放されて前向きにイキイキと過ごせることを願っています!

コメント