脱毛ラボホームエディション!VIOのケア!30代女性のたしなみ?


脱毛ラボホームエディション!VIOのケア!30代女性のたしなみ?


今や、デリケートゾーン(VIO)のケアは30代の女性にとってたしなみのひとつとも言われいます。

デリケートゾーンをケアするメリット言えば、大きく二つのことが考えられます。

一つは、衛生面です。

デリケートゾーンは、オリモノや汗などで、かゆみやムレ、臭いなどのトラブルがでがちです。

そんなトラブルを軽減するためにVIOのケアは必須とも言えます。

二つ目は、あなたのデリケートゾーンを美しく見せるというメリットがあります。

あなたのVIOを綺麗に整えることで、あなたのパートナーとのラブ行為も素晴らしいものになる可能性が高くなることでしょう。

もちろん、あなたのパートナーがVIO処理を嫌がることも考えられないわけではありません。

あくまでも、デリケートゾーンを綺麗に整える=身だしなみととらえたほうが良いでしょう。

そんなあなたのデリケートゾーンの処理はどうすればよいのかというと、一番は、エステです。

しかし、エステだと「恥ずかしい」という感じかもしれません。特に、「O」の部分は、嫌かもしれません!

その次には、カミソリで電気シェーバーを使うことです。

この場合は、ご自宅でできるので恥ずかしくもないので安心です。

ただ、カミソリだとデリケートゾーンのお肌を傷つける可能性も高く、あまりお勧めできません。しかも、「O」部位は鏡を使っても非常に難しいと思います。

そこで、一番安心で楽に行えるのが光脱毛です。

光脱毛というと不安と思うかもしれませんが、脱毛時の発熱を抑えるクールダウン機能もついていてデリケートゾーンのお肌にも優しいと評判の「脱毛ラボホームエディション」というエステサロンが開発した脱毛器があります。

詳しくは公式サイト→VIO脱毛なら!脱毛エステ考案の脱毛器!脱毛ラボホームエディション

デリケートゾーンケアは西欧では当たり前!

良く聞くかと思いますが、デリケートゾーンのケアは普通に行っています。

具体的な例でいいますが、美の象徴といわれているフランスでは、女性を象徴する箇所であるデリケートゾーンのケアは女性のたしなみとのこと。

もちろん、最初に述べましたが、衛生面ではかゆみやムレ、臭いを抑えるために。

デリケートゾーンを美しく整えるという点では、パートナーとのラブタイムのために、きちんとケアすることが常識となっています。

アンダーヘアの処理は当たり前!

日本ではアンダーヘアをナチュラルなまま放置している女性も多いのではないかと思います。

もちろん、ビキニなどの場合には「V」ラインの処理は行っているでしょう。

しかし、「IO」までは。。というのが多いのではないかと思います。

一方、フランスでは、衛生的であること、下着からはみ出さない、パートナーの目に触れるとき美しくありたいという理由から、ワキや脚の脱毛と同様に必ず処理しています。

特に不可欠なのはデリケートゾーンのIラインとOライン。フランスでは医療機関でレーザー脱毛する人はまだまだ少ないですが、エステサロンで定期的にワックス脱毛を受けたり、ワックスや専用シェーバーでセルフ処理をして、常にヘアのない状態をキープしています。

日本の著名なエステサロンなども「O」部位は、恥ずかしさを感じさせないために紙ショーツなどでできるだけ「O」部位が見えないように処置してくれるようです。

そうは、言われても、フランス人のように中々、エステでというのは勇気がいると思います。

フランスではデリケートゾーンのお手入れの形に流行がある?

Vラインの処理形態には

・ 下着からはみ出る部分を処理するクラシックタイプ

・ 小さな三角形のブラジリアン

・ ハイジニーナのアンテグレ

・ 最近はフランスならではの呼び方の、チケ・メトロ(地下鉄の切符という意味)という小さな長方形タイプが大人気だそうです。

さすが、美の国、フランスという感じですね!デリケートゾーンにもこだわりがあって面白いかなって。。

デリケートゾーンの洗い方ってしっていますか?

多分、30代のあなたも案外知らないのが、デリケートゾーンの洗い方。

体を洗うついでに、何となく洗っているという方も多いのではないでしょうか。

かゆみやムレ、臭いを防ぐために、毎日きちんと洗うことは大切なことはいうまでもありません。

フランス人は、髪にはシャンプー、ボディにはボディソープ、デリケートゾーンはデリケートゾーン専用ソープと使い分けるのが普通とのこと。

どうしてデリケートゾーンには専用のソープが必要なの?

デリケートゾーンに専用のソープが必要な理由ってわかりますか?

大きく二つの理由があります。

一つは、ご存知だと思いますが、

デリケートゾーンは皮膚と粘膜の境目で、粘膜でおおわれた外陰部は体の皮膚表面のように角質化しておらず、とても刺激に敏感な部分です。

二つ目は、あまり意識したことがないのであなたも知らないかもしれません。

実は、デリケートゾーンのpHは弱酸性になっています。

なので、一般的なアルカリ性のボディーソープで洗うと、刺激が強すぎて、乾燥やかゆみなどが出たり、肌が本来が持つ潤いが流れてかえって雑菌などが繁殖しやすくなる原因になってしまいます。

この雑菌が繁殖するとデリケートゾーンに嫌なニオイが発生する原因にもつながります。

以上の二つの理由からデリケートゾーンにはデリケートゾーン専用のソープを使用する必要があるんです。

もちろん、先ほども述べましたが、VIO処理をしておくこともこの雑菌の繁殖を抑えることができるのでオススメ。

デリケートゾーンの洗い方にも注意が必要

デリケートゾーンを洗うときは、洗浄剤を泡立てて、指の腹で、丁寧に優しく洗っていきます。

決してゴシゴシとこすったり、爪で傷つけたりしないよう注意しましょう。デリケートゾーンに傷がつくとデリケートゾーンの黒ずみの引き金になってしまいます。

細かい部分まで洗い残しがないよう隅々まで洗ったら、お湯で洗い流します。

膣内は洗う必要がない

とはいっても、膣の中は洗いすぎると雑菌が繁殖しやすくなることがあるので、洗う必要はありません。

フランスでは子供のころからデリケートゾーンケア習慣あり!

フランスでは、大人だけでなく、子供のときから洗浄剤を使い始めます。

子供のときから、デリケートゾーンをきちんとケアする習慣を身につけているので、大人になってもVIO処理に違和感がないのかもしれませんね。

「脱毛ラボホームエディション!VIOのケア」のまとめ

いかがでしたか。

なかなか、フランス人のように簡単にVIOケアはしにくいと思います。

しかも、VIまではご自身でできたとしても「O」はかなり難しいと思います。

しかし、先ほども述べましたが、VIOをケアするメリットがあるのも事実です。

とくに、デリケートゾーンのニオイは不安な要素の一つだと思います。

そのような不安なニオイを抑える意味でもぜひとも実施したいのがVIO処理だと思います。

一番、確実で安心しておこなえるのがエステサロンですが、そこは、まだ、あなたのような日本人女性には、ハードルが高いです。

そこで、ご自宅で簡単に安心して使用できるエステサロンが開発した光脱毛器を使用することかもしれませんね!

もちろん、いきなり、デリケートゾーンに使用するのは怖いと思います。

まずは、足のすね毛などあまり不安のない箇所から始めるのが良いと思います。

このエステサロンが開発した「脱毛ラボホームエディション」は、光脱毛器としては、孫の代まで使用できるというぐらいの30万回という数値です。

なので、試験的に色んな部位を試しながら、慣れたところで、VIO処理をするのがオススメです。

とくに、「I」ラインは、すぐそばが非常にデリケートな部位なので、不安が強いと思います。

もちろん、「O」部位も鏡を使用する必要があるので難しいと思います。

ただ、この「脱毛ラボホームエディション」には、クールダウン機能も備わっていて、それほど痛みは感じないと口コミに書かれています。

 

フランス人のようにVIOケアしてニオイの不安解消や素敵な恋ができることでしょう!

詳しくは公式サイト→VIO脱毛なら!脱毛エステ考案の脱毛器!脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボ ホームエディションの仕様

サイズ 本体サイズ:49.85×171.4×76mm 重量277g
セット内容 本体(脱毛器)、ゴーグル、電源アダプター、取扱説明書(保証書付き)、保証期間:1年
アフターサービスについて 〇保証書について
保証書は「お買い上げ日」等の記入をご確認のうえ、内容をよくお確かめになって大切に保管してください。保証期間は、お買い上げ日より1年になります。

脱毛ラボホームエディションの使用できる部位

脱毛ラボホームエディションは下記のようにあなたの体の6か所の部位に安心して使用できるようになっています。

具体的には、デリケートな顔や両脇、両腕、デリケートゾーンのVIO、両足、足先の6か所です。

コメント

  1. […] →脱毛ラボホームエディション!VIOのケア!30代女性のたしなみ? […]