紫外線!ひと夏で3年老ける!?「夏老け」肌!40代女性の悩み!


紫外線!ひと夏で3年老ける!?「夏老け」肌!40代女性の悩み!


ひと夏で3年老ける!?7割の女性が感じる夏の肌不調 汗の刺激、紫外線、エアコンによる乾燥や冷え、夏の不眠……夏こそダメージをうける私たちの「夏老け」肌

意外に多い夏老け肌の外的要因

汗の刺激や紫外線、夏の不眠などによる夏の肌ダメージが肌の「老け」を悪化してしまいます。

・ 夏の紫外線や暑い時期の偏りがちな食生活

・ 暑さによる疲れ

・ 不眠

・ 暑さによるストレス

これらは夏に起こる肌ダメージの原因となり、肌の「老け」を加速させてしまいます。

紫外線は少量でも肌にダメージを与えシミやシワの原因になるのですが、暑さで寝つきが悪くなると睡眠の質が低下し、そこに暑さのストレスも加わることで、肌ダメージの修復が追い付かない状態に。

一方、夏の食事は麺類や甘い飲み物など喉越しの良いものばかり選んでしまい、糖質過多になりがちです。

また、スキンケアも暑いからと間違った手抜きをしてしまうと、紫外線や暑さによるダメージを修復しきれずに老化を進めてしまう原因になります。

強い紫外線を浴びて角質が厚くなり肌がゴワゴワして毛穴も目立ってしまう、噴き出る汗で湿疹ができてしまう

この「夏老け肌」の状態は、はひと夏に3年老けてしまうとも言われているほどです。

特に40代以降の女性にとっては、ひと夏のダメージが取り戻せず、夏が終ったときには、悲惨な「肌」状態に。。

スポンサードリンク




夏の肌老化を防ぐための対策とは

先ほどのべたように、40代のあなたの肌老化の原因にはいくつかあります。それぞれの原因についてどのような対策を取ればよいのでしょうか!

具体的に説明していきますね。

夏の紫外線や暑い時期の偏りがちな食生活の改善

基本的に食生活で大切なことは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含む食べ物を積極的に摂ることです。

とくに、大切なことは、肌老化の引き金となる抗酸化対策です。

抗酸化を意識した食べ物を積極的に摂取しましょう

最近話題のファイトケミカルにはさまざまなものがありますが、その大きな効果は抗酸化力です。

つまり、肌の酸化を防ぐ力です。だから、これが不足するとお肌が老化しやすくなってしまうのです。

そのため、しわやシミなどをもたらすこともあるのです。

ファイトケミカルも、美肌のためには意識したい栄養素なので、ぜひ、食べ物から摂りましょう。

ファイトケミカルを豊富に含む食べ物には何があるの?

カテキン → 緑茶

フラボノイド(イソフラボン) → 大豆

ポリフェノール → 赤ワイン

アントシアニン → ブルーベリー

システィンスルホキシド → ニンニク

リコピン(紫外線対策にも良い成分です) → トマト

チモール → オレガノ

ビタミンAが豊富な夏が旬の野菜

ビタミンAが豊富な夏が旬の野菜には、ピーマンやトマト、インゲン、しそ、モロヘイヤなどがあります。

ビタミンCが豊富な夏が旬の野菜

ビタミンCが豊富な夏が旬の野菜には、ピーマンやゴーヤ、トマトなどがあります。併せて、ビタミンCが豊富なフルーツの摂取も心がけましょう。

ビタミンEが豊富な食べ物

大豆や落花生にはビタミンEが豊富です。

バランスのよい食事を摂ることが基本ですが、合わせて抗酸化力の高い食べ物を多めに摂ると、紫外線による肌ダメージの軽減につながります。

エイジングケア化粧品で夏のダメージ肌のアフターケア

40代のあなたもご存知のとおり、紫外線は活性酸素を増やし、お肌の酸化をもたらし、秋ごろになると知らない間に肌老化の引き金になります。

なので、外から抗酸化作用のある成分を補うことが必要です。

具体的に、抗酸化作用のある成分というと

・ ビタミンA誘導体

ターンオーバーの促進やコラーゲンの産生のサポート、皮脂分泌の抑制、紫外線ダメージの軽減することで肌老化の影響を少なくする働きがあります。

・ ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑える作用と、できてしまったメラニンの色素を還元してメラニンの沈着を防ぐ働きがあります。なので、美肌をキープすることや美白作用などの働きがあります。

・ ビタミンE誘導体

酸化した不飽和脂肪酸を安定した物質へと変化させ、酸化が進まないようにするはたらきがあります。つまり、抗酸化作用の働きがあります。

・ ナールスゲン

表皮のグルタチオンを増やすことで抗酸化作用を発揮すると言われいます。

また、線維芽細胞への紫外線のダメージを軽減することで光老化を抑制する実験データがあるとのことです。

・ フラーレン

・ コエンザイムQ10

化粧品成分としては「ユビキノン」と呼ばれ、抗酸化作用や保湿作用を発揮します。

などがあります。

あなたの肌老化を守るためには、秋になる時期より以前の夏ごろから、これらの成分が配合されたエイジングケア化粧品を使って紫外線のアフターケアを行うことが大切です。

スポンサードリンク




そんな40代のあなたの肌老化を守るエイジングケアコスメって何?

ナールスゲン配合エイジングケアができる美容液 「ナールス ネオ」が良いと思います。

「ナールス ネオ」の特徴7つとは

「ナールス ネオ」には、あなたの肌老化に加えて、肌のハリやしわなどにも対応できるスキンケアです。

お肌のハリとツヤを保つサポートをする「ナールスゲン」配合

先ほども説明していますが、ナールスゲンには、あなたの肌老化を守るグルタチオンを増やす働きがあります。

お肌の弾力をキープするエイジングサインを予防する「ネオダーミル」配合

ネオダーミルとは、ハリ・弾力因子をサポートし、コラーゲン、エラスチンの産性を促進する働きのある成分です。

レチノールを改良したビタミンA誘導体「レチノイン酸トコフェリル」配合

レチノイン酸トコフェリルは、レチノールとビタミンE誘導体(トコフェロール)のメリットを併せ持ったエイジングケア成分です。

レチノイン酸トコフェリルは、あなたのお肌のターンオーバーを促進し、コラーゲンを増やすことでお肌のハリをキープします。

浸透性が高い2種のビタミンC誘導体「APPS」&「VCエチル」配合

APPS(アプレシエ)は、従来の水溶性ビタミンC誘導体を改良して浸透力を高め、刺激性を小さくしたビタミンC誘導体です。

水にも油にもなじみやすい特徴があります。

VCエチル(ビタミンCエチル)は、酵素反応が不要なビタミンC誘導体で、即効性、持続性、安定性をあわせ持つ新しい水溶性ビタミンC誘導体です。

お肌の水分を保つ保湿成分「プロテオグリカン」配合

プロテオグリカンとは、お肌の水分を保ち続けることが立証された注目の成分です。

その保水力は、1グラムで6リットルもの水分を含むといわれているヒアルロン酸を超え、弾力性にも優れています。

しかも、コラーゲンにはたくさんのプロテオグリカンが絡んでいるので、プロテオグリカンとコラーゲンで相乗効果が期待できます

お肌のバリア機能を守る6種の「ヒト型セラミド」配合

人のお肌にあるセラミドに近い構造をもつヒト型セラミドであるセラミドNG、セラミドNP、セラミドNS、セラミドEOS、セラミドEOP、セラミドAPの6種を配合しています。

お肌のバリア機能を守り、乾燥肌を予防します。

酸化を防ぐ抗酸化成分「金」&レスベラトロール配合

金は金属触媒として働くことによって紫外線などによる活性酸素のダメージを防ぎ、活性酸素を不活化させるはたらきがあります。

また、その抗酸化力は半永久的に持続します。

レスベラトロールはポリフェノールの一種で、美容成分として高い注目を集めています。

強い抗酸化力を持ち、細胞の酸化を防ぐと共に、寿命を延ばすとされる長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化します。

スポンサードリンク




「紫外線!ひと夏で3年老ける!40代女性の悩み」のまとめ

いかがでしたか。

夏の紫外線が40代のあなたの肌に与える影響の大きさにビックリしたかもしれません。

でも、大事なことは、いかに、あなたの肌の夏のダメージを回復することだと思います。

そのためには、夏から、あなたの肌老化の対策を行うことなんです。

汗の刺激や紫外線、夏の不眠などによる夏の肌ダメージが肌の「老け」を悪化してしまいます。

そのためには、最初にも述べましたが、食生活の改善や生活習慣の見直しも必要です。

もちろん、最後は、エイジングケアスキンケアとなります。

様々なスキンケアがでています。

あなたに相応しいのは、「ナールス ネオ」が良いと思います。

今の暑い夏の時期からエイジングケアをはじめて、秋になってもハリのあるシミのない若々しい肌に!

 

 

コメント