40代女性!デリケートゾーンの悩み!VIO脱毛はしてもいいの?


40代女性!デリケートゾーンの悩み!VIO脱毛はしてもいいの?


40代の女性にとって、デリケートゾーンの悩みといえば、すぐに思いつくこととは?

いくつかあると思います。

具体的には

・ デリケートゾーンのムレ

・ デリケートゾーンの痒み

・ デリケートゾーンのニオイ

・ VIOの毛の処理

などが考えられますが、いずれもデリケートゾーンということで、上手く対処できていない40代のかたが大半だと思います。

それぞれのデリケートゾーンの悩みに原因はありますが、それらの原因を少なくできるのが、まだまだ、普及していないVIO脱毛かもしれません。

とくに、40代以降の女性だとかなり抵抗があるかもしれません!

それぞれのデリケートゾーンの悩みについて少し詳しくみていきます。

デリケートゾーンの蒸れにはどうしたら良いの?

デリケートゾーンの蒸れは、当たり前のことですが、通気性が関係しています。

下着の繊維によっては、蒸れを起こしやすいので、通気性、吸湿性の良い綿素材を選ぶことが大切なんです。

とくに、レギンスやストッキング、締め付け過ぎる下着など密着性の高いものは蒸れの引き金につながるので、デリケートゾーンのムレが、気になるという方は使用しないほうが良いと思います。

もちろん、ムレた場合には、軽く、たたくような感じで汗などをすぐにとるのも良い方法です。

注意したいのは、こするような方法は、かえって、デリケートゾーンのお肌を痛め、黒ずむこともあるので注意してください。

生理の時の蒸れへの対策は?

生理中の蒸れの対策は、雑菌の繁殖を防ぐために生理ナプキンをこまめに変えることが重要です。

ナプキンの種類も最近は豊富にあるため、自分に合ったナプキンを見つけるようにしたいものですね。

もちろん、布ナプキンを使用するのも良い方法だと思います。

タンポンの使用では、繊維でかぶれてしまうことがあるため、一定時間での取り替えを心がけるようにしましょう。

接触性皮膚炎や刺激性皮膚炎の原因とは?

これは、先ほどものべたように、お肌をこすることで引き起こされると考えられます。

代表的にものには下記のようなものが考えられます。

・ 生理ナプキン

・ 下着の化学繊維や染料

・ 通気性が悪い矯正下着や密着性の高い下着

・ 入浴時にデリケートゾーンを洗いすぎること

・ トイレのビデでデリケートゾーンを擦りすぎること

一般的に、女性のおりものは膣内を弱酸性の常在菌で環境を整える働きがあり、雑菌の繁殖を防いでいるんです。

ところが、このおりものを落とすために、デリケートゾーンを洗いすぎると、せっかく、雑菌の繁殖を防ぐ環境を壊してしまう結果となってしまいます。

特にアルカリ性となる石鹸などの成分が残っていたりすると弱酸性の環境が崩れ、細菌などの感染のリスクが高まことにもつながります。

このため、このようなデリケートゾーンを洗うといった日常的な生活習慣でも痒みの原因になるため、注意する必要があります。

性感染症の原因による痒み

性感染症の中でも多いのはカンジダ症です。

カンジタ症は、通常、性交渉で感染しますが、性交渉がなくても感染するケースがあります。

特に免疫力の低下した際や、抗生剤の服用などで常在菌のバランスが崩れるとかかりやすくなるので注意が必要です。

それ以外では、下記のような症状が考えられます。

いずれの場合も、病院の受診が必要です。

できるだけはやく、受診するようにしましょう。

・ クラミジア
・ トリコモナス
・ 性器ヘルペス
・ 毛じらみ
・ 股部白癬(インキンタムシ)

デリケートゾーンが臭いにはどうすればよいの?

デリケートゾーンにはニオイの原因の一つとなるアポクリン汗腺がります。

このアポクリン汗腺は、デリケートゾーンや肛門周辺、乳首周辺、ワキ、耳などにしかありません。

しかも、体温調節する汗線(エクリン汗腺と呼ばれています)とは異なります。

アポクリン汗腺の汗自体は無臭です。

しかし、この汗にはタンパク質が多く含まれていて乳白色をしています。

この無臭の汗が、皮膚の表面に出ると、皮脂や分泌物や垢と混ざり合います。

その後、皮膚に存在する皮膚常在菌により分解、酸化されるために、臭いの原因物質が作られていきます。

さらに、おりものなどの分泌物があり、湿気が多く蒸れやすいデリケートゾーンは臭いが気になりやすい部位となっています。

一般的に、このデリケートゾーンのニオイをスソワキガと呼び、卵の腐ったニオイとか魚の生臭さ、玉ねぎなどのニオイと言われるほど、強烈なニオイだそうです。

対策としては、皮膚常在菌を増加させないことです。

そのためには、デリケートゾーンを清潔にしておくことが大切です。

もちろん、デリケートゾーンのニオイを防ぐためのデリケートゾーン専用ケアアイテムもあるので、これを使用するのもオススメです。

具体的には、デオシークというケアアイテムがあります。

詳しい記事を書いています。参考にどうぞ→デリケートゾーン(陰部)の臭いの悩み解消に良いケアアイテムとは?

VIOの脱毛はしたほうが良いの?

最近は、テレビなどの広告でよく見るVIO脱毛です。

しかし、VIO脱毛って何?って思ってしまいますよね。

とくに、40代以降の方には、??かもしれません。

しかし、欧米では、VIO脱毛は普通に行われれいるとのことです。

実際に、VIO脱毛には、次のようなメリットもあると思います。

・ 雑菌の繁殖を抑える効果がある

つまり、雑菌が増殖しないことで、先ほど述べたアポクリン汗腺の汗によるニオイを軽減することにつながります。

・ デリケートゾーンの蒸れを抑える

とくに、生理中は毛に経血が付着し、毛があると蒸れやすく、清潔に保つことが難しいので医療脱毛をする方も多く、おすすめだとか。。

「40代女性!デリケートゾーンの悩み」のまとめ

いかがでしたか。

デリケートゾーンの悩みは、なかなか、年齢にかかわらず、相談しにくいものです。

だからといって、悶々と悩んでいても解決することはありません。

とくに、デリケートゾーンの痒みなどは、病気の可能性もあります。早めの受診が必要です。

それ以外の場合には、基本的にはデリケートゾーンを清潔にすることが大事です。

しかし、先ほども述べましたが、膣内環境は弱酸性の状態が良いのです。

また、デリケートゾーンを綺麗にしたいからといってゴシゴシと洗うのも逆効果でかえって、デリケートゾーンの黒ずみの引き金になることもあります。

そこで、ある程度、デリケートゾーンの環境を整える意味では、「VIO脱毛」をしておくことが良いかもしれません。

「VIO脱毛」というとエステとかカミソリなどを使用を考えると思います。

しかし、エステにいくのは、恥ずかしいやカミソリなどを使用するとデリケートゾーンを傷つける原因にもなります。

一番簡単で安心して脱毛処理ができるのが、自宅でもできるという光脱毛器を使用することかもしれません!

そこで、安心・安全に使うことができるのが、全身脱毛サロンを、全国56店舗、海外にも2店舗展開している「脱毛ラボ」が、開発しているという脱毛ラボホームエディション」という脱毛器です。

良かったら一度あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

詳しくは公式サイト→VIO脱毛なら!脱毛エステ考案の脱毛器!脱毛ラボホームエディション

コメント