ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険!


2019年10月31日に記事を更新しました。


ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険!


夏の日焼け対策は十分行っていると思います。

しかし、日焼け対策に重要なのは、秋ということを知っていましたか?

一般に、秋に注目されがちなのは、乾燥を感じて始める「保湿ケア」や、夏の日焼け肌を脱するための「美白ケア」。

冬に向けた保湿と美白はもちろん大切ですが、実は「紫外線対策」で守りを固めることが秋冬の美肌に大きく影響するのです。

そのためにこそ、秋に日焼け対策を行うことが重要なんです。

秋の日焼け対策には、お肌にも優しいと評判の「ナールス ヴェール」がオススメです。

詳しくはこちらナールス ヴェール(30mL)【ナールス】 

何故?秋のお肌が危険なのでしょうか?

あなたのお肌に潜むメラニンは、夏よりも秋のほうが危険!

何故なら、「日焼け止めはもういいかな?」と、秋の訪れとともに紫外線対策を止めてしまう人も多いからです!

ところが、これが、あなたのスキンケアを誤解させてしまうんです。

紫外線が落ち着いてきて、美白・シミケアに力を入れ始める秋だからこそ、まずはしっかりあなたのお肌を紫外線からガードする必要があるのです。

実は、目には見えませんが、夏の強い紫外線を浴びた肌に蓄積され続けたメラニン量は、秋(9~11月)にピークを迎え、シミができやすい状態のまま。

なので、色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐためには紫外線対策を続けることが大切です。

ターンオーバーによるメラニンが体外に排出されるまでの約1.5か月の間は、悪化させたくないシミやニキビ跡を徹底的に紫外線対策をし続けることです。

夏よりも顔全体に当たるのが秋の日差し!

ご存知だと思いますが、太陽の位置が高い夏と比べて、秋から冬にかけて太陽の位置はどんどん低くなっていきます。

夏のあいだは頭上から当たっていた日差しですが、秋には顔全体で紫外線を受けるといわれています。

しかも、気温の低下とともに紫外線対策を必要なしと思いがちですが、実は秋こそ全身に気を配る必要があるのです。

夏と比べてUVカット数値が控えめの日焼け止めクリームにチェンジしたとしても、気になるシミの部分は徹底的に守ることを心がけましょう。

気持ちの良い秋晴れが続くこれからの行楽シーズン、気を抜かずに紫外線対策をきちんとして未来のお肌にシミを残さないことです。

夏の疲れが出る秋の“ゆらぎ肌”こそ、UVケアが必須!

強い紫外線やエアコンによる冷えなど、夏のダメージが現れてくる秋のお肌。

ターンオーバーが一巡するのは約28日後なので、季節の変わり目には“ゆらぎ肌”になりがちです。

ただ誤解してはいけないのは、ターンオーバーが28日というのは20歳のころです。

一般的にターンオーバーの周期は実年齢の1.5から2倍と言われています。

健康な肌と比較して、“ゆらぎ肌”は些細な刺激で炎症を起こしたり、色素沈着しやすくなります。

敏感になっている部分こそ、保湿に加えてUVケアで紫外線刺激をブロック。

紫外線の他にも炎症部分には、髪の毛やメイクなどが直接触れる、物理的な刺激にも注意して、さらなる負担を避けることが大切です。

日差しが和らいだように感じられる秋晴れの日こそ、これ以上濃くしたくないシミや、敏感になっている部分を徹底に守ることが、あなたのお肌にシミを作らないことにつながります。

忘れずに紫外線対策をおこないましょう

「保湿ケア」と「美白ケア」だけではなく、秋だからこそ、特に気になる部分には徹底した「UVケア」をきちんと続けて、夏の疲れを完全にリセットし、秋冬の美肌を目指しましょう。

秋冬に注意したい紫外線UV-A波!真皮層のシワの原因に!

秋冬は、夏の強い日差しも一段落し、日焼け止め対策が不要と思うかもしれません。

しかし、危険なのは、秋冬の紫外線UV-A波なんですよ!

紫外線UV-A波は、年中降り注ぎ、雲やガラスも通過する厄介な紫外線!

そのうえ、紫外線UV-A波は、あなたのお肌の真皮層まで通過するんです。

真皮層には、線維芽細胞というコラーゲンやエラスチンを生成する組織あり、紫外線UV-A波は、この線維芽細胞にダメージを与え続けます。

この結果、年齢を重ねるごとに深いシワを形成することになります。

この真皮層のシワを改善するのは、非常に厄介で、現在、シワを改善するスキンケアは、角質層の水分が失われることでできる乾燥小ジワだけです。

真皮層のシワを改善するスキンケアは、ようやく、ポーラが開発した「リンクルショット」しかありません→薬用リンクルショット!日本初!40代以降の真皮層のシワ改善コスメ

だからこそ、秋冬の紫外線対策は必須となります。

そんなあなたのための秋のお肌の紫外線対策としてオススメなのが、敏感肌の方も使えるというナールス ヴェールです!

ナールス ヴェールって何なの?

紫外線対策といえば、「美白」や「美白化粧品」を思い浮かべるかもしれませんが、実はそうではありません。

紫外線対策の基本は、さまざまな手段で紫外線からお肌を防御することです。

つまり、紫外線を浴びすぎないように予防することが大切なのです。

その手段とは、帽子や日傘、衣類による紫外線対策、サングラスによる紫外線対策、日焼け止め(サンスクリーン製剤)による紫外線対策があります。

ナールス ヴェールは紫外線散乱剤

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

通常良く見かけるのは、紫外線吸収剤の日焼け止めです。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは、皮膚の表面で紫外線を化学的に熱に変えることで、紫外線のエネルギーを弱める日焼け止めです。

メリットとしては、紫外線防御力が高いことです。

また、無色透明なので白浮きすることがなく、使い心地がよいこともメリットです。

一方、肌への負担が大きいことや刺激を感じることがデメリットです。また、こまめに塗り直す必要があるので、手間がかかることもデメリットの1つです。

最近の海外のハワイなどの有名ビーチでは使用禁止や罰則も

紫外線散乱剤の成分がサンゴ礁を痛めるという理由で、紫外線散乱剤の使用を禁止する傾向が強くなってきています。

うっかり、所持していると逮捕されることも考えられます。

海外旅行に行くときには、現地の日焼け止めの使用可能状況を確認することが必須かも!

紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤とは、肌の表面で紫外線を跳ね返すことで、UVAとUVB両方の紫外線ダメージを防ぐ日焼け止めです。

メリットとしては、肌への負担が少ないことと成分が構造的に壊れにくいので、効果が長持ちすることです。

一方、デメリットとしては、べたつきや白浮きしやすいなど、使用感の悪さが挙げられます。

完全とは言えませんが、海外のビーチでの使用も問題ない可能性が高いです。

もちろん、確認することを忘れずに!

ナールス ヴェールとは

ナールス ヴェールは、乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌でも使える、女性のための優しいタイプのUV化粧下地です。

紫外線散乱剤のみの配合にも関わらず、SPF40、PA+++という高いUVカット力を実現しています。

なので、秋冬の紫外線対策としてもジャストフィットする日焼け止めといえます。

もちろん、シミの大敵となる保湿成分、スクワランやグリセリンなどの保湿成分配合でうるおいをキープ!

さらに、紫外線散乱剤のデメリットである「白浮き」もないので、非常に使いやすいです。

詳しくはこちらナールス ヴェール(30mL)【ナールス】 

ナールス ヴェール全成分表示

シクロペンタシロキサン、水、ジメチコン、酸化チタン、BG、酸化亜鉛、PEG-9ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(*)、水酸化AI、ハイドロゲンジメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、グリセリン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、酸化ジルコニウム、ジステアルジモニウムヘクトライト、グルタミン酸Na、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、フェノキシエタノール、酸化鉄

(*)ナールスゲン

参照元:ナールス ヴェールの公式サイト

アレルギー体質のかたは成分を詳しくチェックしてください。

ナールスゲンとは

ナールスゲンとは、下記のように肌老化やお肌の保湿に役に立つ成分です。

・ ナールスゲンは、表皮のグルタチオンを増やすことで抗酸化作用を発揮します。

・ ナールスゲンは、ビタミンC誘導体との相乗効果によってそれぞれ単独で使うよりもコラーゲン発現量を増やします。

・ ナールスゲンは、表皮で水分を保持することで保湿力を発揮します。

日焼け止めを正しく使いましょう

意外と知っているようで、しらない日焼け止めの使い方!

日焼け止めは、適量を正しく使うことが大切です。

必要量を使わなければ、十分な効果は期待できません。使用説明書に記載されている規定量をしっかり使いましょう。

また、状況にもよりますが2~3時間に1回くらい塗り直すことも大事なんです。

顔はもちろんですが、うなじや、耳たぶ、胸、首、手の甲などのパーツにもきちんと塗りましょう。

首のしわや手のしわ、手のしみなども防ぐことができます。

「ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険」のまとめ

いかがでしたか。

紫外線対策が秋こそ重要であることをわかって頂けましたでしょうか。

もちろん、シミ以外に、肌老化に影響するといわれる、年中降り注ぐ紫外線もあります。

こちらは、シワの要因になります。

紫外線によるシミやシワの対策として、年中、紫外線対策をとることが重要です。

その中でも、夏から秋にかけての紫外線によるシミ対策には、日焼け止めが必須です。

ついつい、秋になり、気候が穏やかになるとわすれがちなのが紫外線対策です。

晩秋から冬にかけてシミが目立ってきます。

そんな嫌なシミを作らないためにも確実に紫外線対策をすることをオススメします。

先ほども述べましたが、あなたのお肌に優しいといわれる「ナールス ヴェール」は、1年中使用することができるので便利です。

このナールス ヴェールでいつまでもシミやシワのない美しい肌をキープすることができます。

詳しくはこちらナールス ヴェール(30mL)【ナールス】 

コメント

  1. […] 秋以降の季節にオススメなのはお肌に優しい紫外線散乱剤!ナールス ヴェールです→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  2. […] 年中使用できるお肌に優しい日焼け止めナールス ヴェールを使ってみては!→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  3. […] 秋にも使用できるお肌に優しく保湿もできる日焼け止めナールスヴェールがオススメ→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  4. […] 50代以降の方や乾燥肌、敏感肌など肌が弱い方は、お肌への負担の少ない紫外線散乱剤がおすすめ→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  5. […] 年中使用する必要があるのでお肌に優しい日焼け止めがいいでしょう。具体的には、ナールスヴェールというお肌に優しい紫外線散乱剤がオススメ→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  6. […] 秋冬の日焼け止めはPA+ぐらいでも良いでしょう!また、年中使用するのでお肌に優しい紫外線散乱剤がオススメです→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  7. […] 秋冬の日焼け止め対策にはお肌に優しい紫外線散乱剤を使うと良いでしょう→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  8. […] オススメなのはあなたのお肌に優しい日焼け止め「ナールスヴェール」→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  9. […] 年中使用でき、お肌に優しい日焼け止めが良いでしょう!秋冬の紫外線対策にはナールスヴェールがオススメ→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  10. […] 夏の強い海水浴などの日差しには向きませんが、年中使用でき、お肌に優しいオススメの日焼け止めは「ナールスヴェール」です→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]

  11. […] 秋冬の紫外線対策には、お肌に優しいナールスヴェールがオススメですよ→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険! […]