セラミドリッチクリーム!40代女性!冬の乾燥肌対策に!ヒト型セラミド


働き盛りの40代女性の悩み!冬の乾燥肌対策に!ヒト型セラミド配合のクリームを選択してみてはいかが?


冬が近づいてくると40代のあなたのお肌にとって困るのが乾燥肌ではないでしょうか?

乾燥肌の予防や改善のためには、保湿クリームでバリア機能を正常化させお肌の保湿力をたかめることです。

つまり、お肌の保湿対策とは

・ 「水分を保持する」

・ 「水分の蒸発を防ぐ」

の2点につきます。

そこで「水分を保持する」ことが得意なヒト型セラミドを配合した保湿クリームを使用するのも良い方法と考えます。

詳しくは公式サイト→【しろ彩 セラミドリッチクリーム】

冬場にお肌がカサカサに乾燥するのはなぜ?

冬の外気の影響による

外気が乾燥すればそれに伴いお肌が乾燥しやすくなります。

春や夏に比べると冬は湿度が下がり、乾燥肌の外部の原因となってしまいます。

角層は、バリア機能でお肌の水分蒸散を守っていますが、冬期などで外気が乾燥すると皮脂の量の減少、低温によるターンオーバーの遅れなどでバリア機能が低下し、お肌の乾燥の原因になるのです。

急激な温度や湿度の変化

冬の暖房の効いた職場やご自宅と外の温度差による急激な変化なども乾燥肌の原因になります。

なぜなら、温度差がストレスとなって自律神経が乱れることで、体調やお肌のコンディションにも悪影響を与えるからです。

とくに、部屋の温度を上げるとご存知だと思いますが、湿度が低下し、肌から水分が逃げて乾燥しやすくなります。

もちろん、職場などでは加湿器を設置している場合もあるでしょう。それでも、お肌にとって最適と言われる60%を維持するのは難しいです。

また、ご自宅の場合だと加湿器でも湿度をあげるのが困難です。

ご自宅の場合に湿度をあげるには、濡れたバスタオルを干すというのが良い方法です。実際に、干した後は湿度がかなりあがります。

ただ、欠点として、バスタオルが乾いてくると一気に湿度がさがってしまうことです。

いずれにしても、冬場の乾燥対策は大変なことです。

加齢に伴う女性ホルモンの減少

生活習慣やスキンケアの方法を変えていないのに、エイジングケア世代になってからなぜかお肌の乾燥を感じるようになるのは、女性ホルモンの減少が原因の可能性があります。

特に、更年期であり、50歳前後に閉経を迎えた後は、女性ホルモン量は激減します。

すると、コラーゲンの生成量も大きく減ってしまいます。

そのため、表皮だけでなく真皮も弾力性を失って、お肌全体が薄くなってしまいます。

これが、さらに乾燥肌の原因になってきます。

保湿力を高めるためにはどうすればよい?

色々とケアしているものの、

・ なかなか良くならないし、

・ アイテムによってはべたつくだけだったりして、

どうすればお肌が潤うのか方法がわからないと思っていませんか?

乾燥肌用のスキンケアには、使用感がべとつくものも多いですよね?

潤うこととべとつくことは別次元の話だと思うので、使用感はサラッとしていてぷるぷる潤うみたいな感じが理想です。

そんなあなたの乾燥肌で悩みの方に相応しいスキンケアは?

冬の保湿で大切なアイテムは、保湿クリームです。

かつての保湿クリームの役割は、油溶性成分が中心で「水分の蒸発を防ぐ」ことが中心でしたが、最近のエイジングケア保湿クリームには、セラミドクリームなど水分の保持もできるようになっています。

しかも、セラミド配合といっても単なるセラミドではなく、ヒト型セラミドが配合されていて、クリームタイプになっているスキンケアアイテムがオススメなんです。

乾燥肌に良いヒト型セラミドって何?

ご存知だと思いますが、セラミドは有名な保湿成分です。

しかし、セラミドと一言で言ってもたくさんの種類があり迷ってしまいます。

そんな場合にオススメなのが、ヒトの肌に存在しているセラミドとほぼ同等の構造を持つヒト型セラミドなんです。

とくに、あなたが敏感肌であれば、低刺激というメリットもありますし、お肌との親和性も良く、高い保湿効果を発揮してくれます。

スキンケアとしてセラミドを選ぶ際に留意したいのは、セラミドは脂溶性なので、水分が主成分の化粧水よりも、保湿クリームで取り入れることがよい方法となります。

繰り返しますが、セラミド化粧水よりもセラミドクリームやセラミド美容液を選びましょう。

そこで今回紹介するのが、ヒト型セラミドを配合している「セラミドリッチクリーム」です。

セラミドリッチクリームとは

セラミドリッチクリームは、セラミドが特許技術のラメラ構造100%で作られています。

セラミドとは、肌のバリアである角質層の細胞と細胞の間を埋めている水分と油分が「ラメラ構造」の細胞間脂質という油分の50%を占める重要な美容成分です。

分化りやすく言うとラメラ構造の油分を細胞間脂質と言うのですが、その約50%はセラミドできています。

このラメラ構造とは

表皮の角質層にある角質細胞間脂質は、ラメラ構造という水分と油分が交互に重なる緻密な構造で成り立っています。

ラメラ構造は、セラミドを中心とする親水基を持つちょっと変わった油分の特徴によるものです。

そして、このラメラ構造が、お肌のバリア機能の一端を担っています。

特徴としては、下記のように3つの大きな特徴があります。やはり、天然ヒト型セラミドによる良さが、特徴にも現れていますね!

・ 角質層の水分保持力を高めるので乾燥肌や敏感肌を解消してくれます。

・ 加齢によるセラミド不足も天然ヒト型セラミドで補うことができます。

・ セラミドリッチクリームのセラミドで角質層が潤いで満たされれば紫外線など外部刺激を跳ね返してくれるので、肌トラブルがおきにくくなります。

セラミドは水分を保持する保水機能の役割を担っている為、セラミドが弱体化すると、乾燥・敏感肌などといった肌トラブルに悩まされることになるので、セラミドの補給が肌トラブル改善・予防に非常に大切なんです。

セラミドリッチクリームの重要な配合成分について説明しておきますね。

マリンプラセンタ成分を配合

セラミドリッチクリームに配合されているマリンプラセンタは国産の天然鮭使用の海洋性プラセンタです。

きめ細かい整った美しい素肌に良いとされています。

ホルモンバランスを整えるグリシンが豊富に含まれているほか、9種類の必須アミノ酸が全部含まれている成分です。

美しい肌には欠かせないアミノ酸からコラーゲン・ビタミン・ヒアルロン酸など肌の潤い成分も含まれているので、マリンプラセンタは美肌を目指す人に向いていますね。

ヒレハリソウエキス

セラミドリッチクリームのヒレハリソウエキスは荒れた肌を健康な状態にしてくれます。

自然由来のアラントインが豊富に含まれるハーブになっています。

高い保湿作用・抗炎症作用・収れん作用の働きがあります。

そんなセラミドリッチクリームですが、気になるのは、利用者の感想だと思います。

そこで、セラミドリッチクリームの主な口コミを調べてみました。

セラミドリッチクリームの主な口コミ

下記の口コミから分かるようにセラミドリッチクリームに満足されているようですね。

少量でも伸びがよく保湿も優れているという口コミも多数ありました。

・ しろ彩を使用して頬の乾燥が良くなってきました!伸びがよくしっかり保湿なので少量でも大丈夫です。乾燥小じわや赤み、毛穴にも良くて嬉しいです♪

・ 塗った後ずっと潤っています。肌が潤うので、ほうれい線も目立たない感じがします目周りは乾燥しにくいため、赤みは出ていません。

・ 潤いが続くのでお昼に塗りなおす必要がないです。

乾燥肌に良いヒト型セラミド配合のセラミドリッチクリームのまとめ

乾燥肌に悩まされているあなたのために、ヒト型セラミドを配合しているセラミドリッチクリームについて紹介しました。

冬場や夏の乾燥対策には、人肌と相性の良いヒト型セラミドが配合されていることが大切です。

しかも、乾燥肌にはクリームタイプが良いということもおわかりいただけたでしょうか!

とくに、冬になると空気も乾燥してきますし、暖房も室内を乾燥させる大きな要因です。

加湿器なども併せて室内の湿度対策を行うことも重要です。

 

そして、セラミドリッチクリームを使用することで、

乾燥にに負けないハリのある若々しい肌で、明るく前向きに過ごせるようになりますよ!

詳しくは公式サイト→【しろ彩 セラミドリッチクリーム】

コメント

  1. […] […]