睡眠時間のゴールデンタイムに誤解?40代女性の肌が正常に生まれ変われない訳!


睡眠時間のゴールデンタイムに誤解?40代女性の肌が正常に生まれ変われない訳!


40代のあなたのお肌にできたシミを薄くするには、ターンオーバーが欠かせないというのは、よくご存知だと思います。

ところで、ターンオーバーが効率よく行われる時間帯が午後10時から午前2時のゴールデンタイムと呼ばれているのも知っていることでしょう。

しかし、最近では、このゴールデンタイムが必ずしも、午後10時から午前2時ではないということがあるとのことです。

つまり、ゴールデンタイムというのは、細胞が成長するための成長ホルモンが放出される最適な時間帯を表しています。

しかし、あなたは、このゴールデンタイムに十分な睡眠がとれているという条件がついていることまでは、ご存知ないでしょう!

最近よく耳にするようになった睡眠負債という言葉ですが、この睡眠負債があなたのお肌のターンオーバーにも影響を与えています。

睡眠負債って何?

あなたのお肌を内側から輝かせるのが、ターンオーバーによるお肌の生まれ変わりです。

ターンオーバーが正常にかつ、一定に行わわれていれば、常に、あなたのお肌は、元の正常な肌に戻ってきます。

しかし、そのために、実は欠かせないのが、良質の眠り。

睡眠は大事、ということはなんとなく知っていたけれど、ここへきて「睡眠負債」という言葉が注目されるなど、睡眠への意識が高まってきています。

睡眠とは、「日中、良いパフォーマンスを発揮するのに必要なもの」ということを理解しましょう。

言い方を変えると「よく眠れたか」ではなく、「日中の行動に問題が起こらないだけの睡眠がとれているか」が重要ということです。

スポンサードリンク




睡眠時間を削ると心と体がキケンな状態に!

最近、世間でにわかに取りざたされている「睡眠負債」という言葉。

これってどういうこと?

睡眠負債とは、睡眠不足が続いた状態を指す言葉です。

理想の睡眠時間は個人や年齢によって異なるので一概には言えませんが、80%以上の日本人が約7時間は必要とされています。

残念ながら、多くの女性を含め、その時間を確保できていないんです。

ご存知のように、今の日本人は、50年前と比べて就寝時間が1時間後ろ倒しになっています。

その一方で、就業時間は昔と変わらず。その結果、睡眠時間が常に1時間足りていないことに陥っています。

当然ながら、こうして不足した睡眠時間は取り戻すことができず、どんどん蓄積されていきます。

しかし、この睡眠不足の状態が、長く続くと免疫力低下や集中力の減退など心身共に重大なダメージが出てしまいます。

この睡眠不足を補う方法としては20分以内の昼寝が有効といわれています。そうはいっても、企業に勤めていると簡単ではないと思います。

ただ、一部の先進的な企業では、自由に睡眠をとれるような仕組みを作っているところもあるようですが、現実的には、非常に少ないというのが実情です。

ところで、細胞の成長が促進される(成長ホルモンが放出される)という時間帯をゴールデンタイムと呼んでいるのをご存知だと思います。

スポンサードリンク




 

成長ホルモンが出るゴールデンタイムの真実

午後10時から午前2時の間までに寝ると、成長ホルモンが出て美容にも健康にもいいという話を耳にしたことがあると思います。

そして、この時間帯をゴールデンタイムなどと呼ばれています。

しかし、実際には、特定の時刻に成長ホルモンが分泌されることはないというからビックリです。

つまり、成長ホルモンは、時間帯で分泌されるのではなく、就寝後、最初に現れるノンレム睡眠と呼ばれる深い睡眠の時に分泌されるということが本当のゴールデンタイムだそうです。

具体的にいうと、

・ 深夜2時に寝ても、眠り始めに深いノンレム睡眠に入れれば、成長ホルモンは出ます。

・ 22時前に寝ても眠りが浅ければ、成長ホルモンはあまり分泌されません。

つまり、大切なのは何時に寝るかではなく、「成長ホルモンが放出されるのは、最初に深いノンレム睡眠に入れるか」ということだそうです。

さて、そんなあなたのお肌のターンオーバーに影響を与える睡眠ですが、寝むる時間帯よりノンレム睡眠が重要ということがおわかりいただけたでしょうか!

しかし、そうはいっても、眠ることは日常生活の活動のために必要なことです。

そんな中で、次のようなことを耳にしたことはありませんか?

寝ないと太る?

先ほども述べましたが、日本人の睡眠時間が50年前に比べると短くなっています。

そのため、起きている時間が長い分、カロリーを消費して痩せられるのではって思いますよね!

ところが、現実はそれほど甘くはないようです。

「コロンビア大学が行った調査によると、平均睡眠時間が7時間の人と比べて、それ以下の人のほうが、肥満になる確率が高くなるとされています」

その理由は意外な二つのことが関係している!

・ 睡眠が足りていないと、食欲をコントロールするホルモンが乱れる

そのため、お腹が満たされていても、もっと食べたいという気持ちがわき、食欲が増すことにつながるようです。

・ 睡眠時間が短いのは、体からみると非常事態に!

これ以上何かあってはいけないと、体力を温存する方向に体が働くため、脂肪を溜め込み、太る結果に!

いかに、睡眠時間が大切であることが分かったかと思います。

スポンサードリンク




 

そんな睡眠時間ですが、

良い睡眠が決まるのは、寝入りばな1~2時間

先ほども述べましたが、成長ホルモンが分泌されるのは、最初の深いノンレム睡眠の時です。

この深いノンレム睡眠は、良い睡眠とも関わってきます。

ここまでのべてきたことからおわかりいただけると思いますが、良い睡眠とは、深いノンレム睡眠をとることなのです。

この深いノンレム睡眠が現れるのは、寝入りばな1~2時間後と言われています。

睡眠状態には、2種の形態がある

睡眠の状態には、下記の二つの形態があり、あなたが眠っている間、この2種類の形態を交互に繰り返しています。

・ ノンレム睡眠

脳も体も休んでいるがノンレム睡眠です。

・ レム睡眠

体は動かないけど脳は活発に動いている睡眠です。

あなたが、眠っている間、これが一つのサイクルとして繰り返されます。

しかし、時間が経つごとに、覚醒へ向けて眠りは徐々に浅くなっていきます。

つまり、寝入りばなの最初の1~2時間を逃すと、その後、深いノンレム睡眠に入ることができず、睡眠の質が悪くなってしまいます。

そんなノンレム睡眠とレム睡眠は、1回の睡眠で4~5回繰り返すのが理想的と言われています。

それには、やはり睡眠時間を7時間とるなど、ある程度の時間が必要となってきます。

「40代女性の肌が正常に生まれ変われない訳に睡眠が影響」のまとめ

いかがでしょうか。

睡眠時間が40代のあなたのお肌に重要な役割を果たしていることをおわかりいただけた思います。

あなたが、よく耳にしていた成長ホルモンが放出されるゴールデンタイム!

ターンオーバーのかなめとなるお肌の生まれ変わりが行われるゴールデンタイムが、睡眠の深さに影響しているとは驚きです。

あなたが、ゴールデンタイムを忠実に守っていたにもかかわらず、お肌が綺麗にならなかったのは、睡眠の質ということです。

しかも、十分な睡眠時間をとることもあなたの体形を保つために大切であるということも理解していただけたでしょうか!

これからは、あなたの睡眠の質の向上を目指すことで今まで以上に美しい肌と体形を手に入れましょう。

睡眠
気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]