50代女性!正しい毛穴ケアで毛穴レス肌を叶える方法とは?


50代女性!正しい毛穴ケアで毛穴レス肌を叶える方法とは?


50代を超えるとともに毛穴の開きや黒ずみが気になり、多くの女性が悩んでいると思います。

実際に、50代の黒ずみ毛穴は、ベースメイクではなかなか隠しきれないのが悩みの原因かもしれません。

それでは、50代の黒ずみ毛穴ケアはどうすればよい?

黒ずみ毛穴は、こすらない角質ケアで肌のリズムを整えることで、赤ちゃんみたいな、キレイ肌をキープ!

黒ずみ毛穴は、こすらない角質ケアで肌のリズムを整えること

毛穴レスな肌になりた~い!と願っていてもなかなか、上手くいかないのが黒ずみ毛穴です!

その理由は

大人になると毛穴が目立つ原因はさまざま

例えば、20代のころは、皮脂分泌が活発になることで毛穴が目立っています。

間違ったお手入れを続けていると、逆効果となることも……。

あなたの毛穴に合ったケアを把握して、毛穴知らずのつるんとした肌を手に入れましょう。

毛穴の黒ずみの原因は、皮脂と古い角質がお肌に留まって、角栓をつくって、毛穴の角栓が酸化して生じます。

言い換えると、古くなった角質が剥がれ落ちずに毛穴にとどまってしまい、古くなった角質が毛穴に溜まり、皮脂とともに酸化すると角栓となります。

そして、この角栓が剥がれ落ちずに酸化することで、毛穴が黒ずんでしまうのです。

これとは別に、肌の摩擦で毛穴自体が黒ずむ「メラニン生成」によることもあります。

つまり、あなたのお肌をこすらずに肌のターンオーバーを後押しするスキンケアを行い、ベースアイテムは油分控えめにすることが大切なんです。

言い換えると。毛穴の黒ずみの引き金となる角質を正常なターンオーバーで生まれ変わるようにすると良いということです。更に、油分が多いと毛穴つまりを起こしやすくなるので、同様に、毛穴の黒ずみにつながります。

とくに、顔の中でも、いわゆるTゾーンは皮脂が多く分泌され、そこにメイクの油分で毛穴を塞いでしまうので黒ずみができやすくなってしまいます。

毛穴の黒ずみに有効な対策

ビタミンC誘導体配合化粧水で美白ケアを

紫外線などのダメージでできたメラニンが、毛穴の入り口付近に留まって、毛穴が黒く見える状態です。

この場合は、ビタミンC誘導体配合化粧水を正しく使うことが毛穴の黒ずみの改善の近道です。

美白効果や過剰な皮脂を抑える効果があるビタミンC。

しかし、ビタミンCは、そのままでは安定性が低く化粧品成分としては、弱点があります。それを補うために誘導体にしたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンC本来の力を化粧品で発揮させるために、少し加工したものです。

ビタミンC誘導体には、エイジングケアや美白効果などさまざまなよい効果がある一方、刺激もあるので万能ではありません。

角栓の酸化による黒ずみにも、メラニンによる毛穴の黒ずみにもアプローチできます。

気になる部分に化粧水を含ませたコットンで3分ほどパックするのがおすすめ。

落としやすい日焼け止めを使う

紫外線を浴びると角質が厚くなりやすく、毛穴詰まりを招くので日焼け止めも必要なケア。

ただし、過剰に皮脂テカリを抑える日焼け止めは落としにくく、毛穴詰まりの原因になるので避けましょう。

つるつるの毛穴レス肌を目指すなら、日焼け対策を万全に!

毛穴ケアをしっかりやるのもいいけど、私は日中の紫外線対策をみっちりやるほうが効果があると思っています。

日焼けすると毛穴も開くし、角質も気になってくるから。お気に入りの日焼け止めをいつも味方につけるほうが大事かも。。

ただ、気を付けたいのは、季節によって使い分けることも大切です。

日焼け止めには、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類あります。

基本的には、日常生活では紫外線散乱剤を使い、夏のスポーツやレジャーなどでは、紫外線吸収剤でPAやSPFの高いタイプを使うことをおすすめします。

50代以降の方や乾燥肌、敏感肌など肌が弱い方は、お肌への負担の少ない紫外線散乱剤がおすすめ→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険!

油分の多いファンデーションは避けること

先ほども述べましたが、角栓が詰まりやすい黒ずみ毛穴にとって油分の多いベースアイテムは禁物。

毛穴に油が溜まってザラつきも招きます。日焼け止めや下地を塗ったあとは、色つきのプレストパウダーで整えましょう。

 

毛穴ケアは、夜のケアもとっても大事。特別な日は、前の晩から仕込んでぬかりなく準備して迎えて!

前の晩に毛穴掃除

毛穴に汚れが蓄積しているとベースメイクに影響があるので、キレイにしておきましょう!

朝も毛穴ケア

専用のコスメでしっかりケア。毛穴の凹凸を目立たなくし、皮脂が分泌されてもサラサラに。

毛穴が目立ちやすい部分は、額、鼻、小鼻まわり、アゴ先。毛穴の凹凸をたたき込むように指先で優しくすべらせて。

ファンデーションは薄く塗るのがコツ!

ファンデーションは余分な皮脂を吸収し、お肌を快適に、清潔に保つはたらきがあります。

皮脂によるテカリやベタベタをそのままにしておくと、酸化によってお肌に刺激や炎症などのダメージを与えてしまいます。

その結果、嫌な肌悩みである角栓が目立ったり、いちご鼻など毛穴の黒ずみをもたらすことがあります。

塗り終えたらキレイなスポンジで崩れやすい小鼻をおさえ、余分なファンデーションをオフするとキレイが長持ち。

最後に!クレンジングは、毛穴ケアの基本中の基本!

イキイキと輝く元気な肌を育むには、まずはクレンジングと洗顔で肌の土台を整えてあげることが重要です。

落とすことをおろそかにすると、汚れや古い角質が蓄積され、50代の肌は厚く硬くなる一方。

ていねいに落とすケアを積み重ねていけば、肌はどんどんやわらかくなり、そのあとの化粧水や美容液、クリームの浸透力もぐんと高まります。

ただし、落としすぎるのも50代女性の方に多く見られます。

その結果、皮膚が敏感肌に傾き、乾燥や肌トラブルを招くので避けて。

クレンジングの選び方とは?

クリームやミルクタイプなどリッチなもので汚れを浮かせて

50代のクレンジングは落としすぎに注意。オイルタイプは必要な潤いまで奪ってしまう可能性があるので、やわらかく洗い上げるクリームやミルクタイプにチェンジ!

クリームタイプ

油分と水分のバランスがとれたタイプ。

ただし、濃いポイントメイクは落ちにくい。

拭き取り、洗い流しどちらのタイプもありますが、洗い流すタイプは、毛穴ケアのクレンジングとしてオススメの1つ。拭き取るタイプは肌への摩擦などに注意が必要。

もちろん、いずれの場合も使用時のこすり過ぎにも注意が必要。

ミルクタイプ

洗浄力も刺激も弱いタイプなので濃いメイクは落としにくい。

クリームタイプと同様に洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。

毛穴ケアのクレンジングとして問題ありませんが、拭き取るタイプは肌への摩擦などに注意が必要ですし、使用時のこすり過ぎにも注意が必要となります。

実際のクレンジングのケア方法は?

そこで、クレンジングで問題となるケアについて触れておきますね!

メイクをゆっくり浮かせて! 肌がやわらかく感じるのが正解

潤いを守りながら汚れを落とすクリームやミルクタイプ。

手のひらで引き上げるようにメイクが浮いてくるまでなじませて。

このようにすることで、洗い上がりの肌にもっちり感が生まれるはず。

 

若見えができる正しい毛穴ケアで毛穴レス肌をゲットしましょう!

コメント