ホワイピュア!40代女性のシミケア!秋冬の乾燥に飲んで効く医薬品!


ホワイピュア!40代女性のシミケア!秋冬の乾燥に飲んで効く医薬品!


暑い夏が過ぎてくると秋の日差しとともに浮き出てくるシミがきになってきます。

40代ともなるとお肌の手入れに余念がなく、夏の強烈な日差しを防ぐために紫外線対策をしていることだと思います。

しかし、すべての肌にできるシミをカバーすることができないのが実情ではないでしょうか?

そんなあなたの見えるところや見えないところにもできてしまったシミまでもケアがお手軽に長続きできる秘訣と言えば、飲んで効く医薬品ではないでしょうか?

スキンケアだとついつい面倒になってしまいますが、飲むだけで済むというのは、長続きの秘訣かも知れません。。

そんな飲むシミケアは第三類医薬品にもなっている「ホワイピュア」です。

詳しくは公式サイト→ホワイピュア(しみ・そばかすに効く医薬品)

シミケアと言えば、あなたは何を期待しますか?

隠しても隠し切れないシミをなんとかしたい!

くすんだ肌を明るくしたい!

加齢とともに大きくなるシミをなんとかしたい!

そんなあなたのためにシミケアの基本中の基本をお話しますね。

シミケアの基本って何?

シミケアの基本は、何はさておいても、できてしまったシミを除去していくことです。

そのためには、お肌の生まれ変わり、すなわち、ターンオーバーをくりかえしながら、シミを除去していくしかありません。

つまり、スキンケアでシミを誤魔化すことはできないんです。

シミは基本的に、紫外線によるダメージが蓄積してできるんですが、若いころは、このターンオーバーで元の綺麗な肌に戻ってくれます。

しかし、加齢とともに、ターンオーバーが正常でなくなるなどの原因で、シミがお肌に残り目立つようになってきます。

シミを解決する早道はターンオーバー周期を安定させること

ターンオーバーの周期を安定かさせることこそシミケアの基本なんです。

なぜかというと、

紫外線のダメージが大きかったり、長期間浴びることで、メラニンの生成が過剰になってしまいます。

その結果、メラニン色素が、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまうことがあるのです。

これがシミのできるプロセスです。

だから、ターンオーバーが促進していようと、遅かろうと、紫外線のダメージが大きければシミはできてしまいます。

ターンオーバーを促進することも大切なんですが、周期が安定していないと産まればかりの新しい細胞が成長する前に、ターンオーバーによって肌細胞が完全な状態になる前に剥がれ落ち、シミのある細胞を除去することができないことになってしまうからです。

ターンオーバーが正常なお肌って!

ターンオーバーが正常なお肌では、同時にバリア機能も整っている場合が多いのです。

そして、そんなお肌は潤いが十分で健やかです。

さらに、

キメが整っていてお肌に透明感がある
お肌のハリがある
お肌にツヤがある
ことが多いのです。

一定のサイクルでターンオーバーが行われることが、美肌への第一歩。

ターンオーバーは遅すぎても早すぎても肌トラブルのもととなるため、正常に保たれることが大切です。

また、ターンオーバーは、年齢が上がるにしたがって遅くなりますが、それを無理に促進させるのはよいことではありません。

ターンオーバーは、年齢に応じた正常な速度であることが大切!

ターンオーバーの周期を乱す要因には何がある?

ターンオーバーの周期を乱す要因として主なものを列挙してみました。

もちろん、加齢も主な要因となりますが、ここではあえてはずしてあります。

・ お肌の乾燥
・ 紫外線
・ 酸化
・ 糖化
・ 誤った洗顔やクレンジング、スキンケア
・ ストレスなどによる自律神経の乱れ
 睡眠不足
・ バランスの悪い食生活
・ ホルモンバランスの低下

これらからわかるように、現代社会の要因とも言われている生活習慣や食生活の見直しが重要だということがお分かりいただけると思います。

もちろん、これらの問題は、なかなか、すぐに解決できる問題ではありませんが、少しでも改善していくことが大切です。

このようにターンオーバーを正常化させつつ、

ターンオーバーを促進させることを考えることになります。

ターンオーバーを促進するためには?

シミケアというとターンオーバーを促進してくれるというLーシステインという成分が有名です。

Lーシステインは食べ物にも含まていたりするので、Lーシステインが含まれる食物をとるのもオススメです。

具体的には、小麦胚芽(はいが)、ブロッコリー、ニンニクなどに含まれいます。

しかし、これらの食物にはLーシステインは少ししか含まれていないので、必要量を食べ物で摂ることが難しいのが現状です。

ただ、大豆、鶏肉、ホウレン草、カツオ、イワシなどを補うことで、体内のL-システインの合成量を増やすことができます。

 

なので、日頃からこれらを合わせて摂取することに留意すると良いと思います。

ところで、お肌を白くしたいからと、お手軽なビタミンCとLシステインのビタミン剤を飲む人もいるかと思います。

しかし、そんな多くの女性のかたでも、ビタミンEを飲む人は少ないのが実情のようです。。

なぜかというと多くの女性にありがちな血行不良やホルモンバランスの乱れが肌悩みの原因となっているんですね!

このようなトラブルを改善するために、ビタミンEもしっかり摂って欲しいものです。

シミやソバカス・くすみとりたいなら、まずはビタミンC、Eがオススメ。

さて、先ほどご紹介しました飲んでシミに効く医薬品「ホワイピュア」には具体的にどんな働きのある成分が配合されているでしょうか。

具体的に、お話していきます。

シミに効く有効成分とは

今お話しましたが、シミケアの基本は、Lーシステインとビタミンです。

これらには、大きく二つの働きがあるんです。

・ シミの排出を促す働き

・ シミの原因を抑制する働き

シミの排出を促す働きのある成分:Lーシステイン配合

L-システインには、3つの働きがあります。

① L-システインには、お肌のターンオーバー(※)を促進する働きもあり、できてしまったメラニン色素を排出する効果も期待できます。

このメラニン色素の排出を繰り返すことであなたのお肌をシミのない元の肌へと還元してくれるというわけなんですね!

※ お肌のターンオーバーとは

お肌のターンオーバーとは、下記の3ステップを約6週間かけて起きるといわれています。

生成段階:表皮の一番奥にある基底層から新しい皮膚細胞がつくられ、

成長段階:それが上へ上へと押し上げられて、肌の表面に出てきます。

排出段階:やがて、それが垢や古い角質として剥がれ落ちて、新しい細胞と入れ替わっていきます。

② 生成されたメラニン色素を黒色から無色へと還元する働き

③ ビタミンCとともにメラニン色素の生成を抑制

この3つの働きで、シミやそばかすを除去し、美白への効果を発揮してくれます。

シミの原因を抑制する働きをするビタミンC,E,B2,B6配合

シミの原因となるメラニンは、皮膚の表皮の一番下の基底層の下にある基底膜にあるメラノサイトという細胞によって、アミノ酸の一種であるチロシンという物質からつくられます。

メラノサイトの中にある「チロシナーゼ」という酵素の産生が高い度合に進み、酸化させる働きが促進されます。

この結果、あなたのお肌が黒ずみシミへと変化していきます。

ビタミンCの抗酸化作用によるメラニン色素生成を抑制

ビタミンCは抗酸化作用があることでも知られていますが、この抗酸化作用の働きでメラニン色素の生成を抑制してくれます。

また、LーシステインとビタミンCが協力することで、チロシナーゼの働きを阻害することで、黒色メラニンの過剰な生成を抑制します。

さらに、ビタミンEをサポートする働きがあります。

ビタミンEによる抗酸化作用でメラニン沈着抑制やターンオーバーの促進

ビタミンEには抗酸化作用があり、ビタミンCと同様にメラニン色素沈着の抑制の働きがあります。

ビタミンEの血流改善効果によって、お肌のターンオーバーも活性化することで、肌荒れの改善にもつながります。

さらには、肌のハリや肌のツヤがでると言った効果も期待されています。

ビタミンB2による抗酸化作用や新陳代謝の促進

ビタミンB2は、ビタミンCと同様に抗酸化作用の働きがあります。

とくに、脂質や糖質、タンパク質が分解されエネルギーにかわる際にサポートする栄養素となります。

また、成長促進にも欠かせないため、「発育ビタミン」ともよばれます。

この他、皮膚などの細胞の再生や、細胞を傷つけ老化の進行の一要因とされる過酸化脂質を分解、消去する働きもあります。

ビタミンB6による皮膚の代謝の促進

ビタミンB6は、酵素の働きを助ける成分として多くのアミノ酸の代謝を助けています。

皮膚の抵抗力の増進をはじめとして、免疫機能の正常な働きの維持、赤血球のヘモグロビンの合成、神経伝達物質の合成などの生理作用もあり、脂質の代謝にも関与しています。

ビタミンE、B2、B6とL-システインでターンオーバーの促進

ビタミンE、B2、B6は、L-システインとの相乗効果で、皮膚の生まれ変わりの周期であるターンオーバーを促進し、出来たシミを排出します。

飲んでシミに効く医薬品「ホワイピュア」には、これらの5種類(Lーシステイン、ビタミンC,B2,B6,E)の成分のみしか配合されていません。

飲んでシミに効く医薬品「ホワイピュア」のまとめ

繰り返しますが、「ホワイピュア」は、40代のあなたの全身にできたシミを体の内部から下記の二つの働きによって、徐々に、シミを薄くし、元のあなたの肌へと戻していきます。

・ シミの排出を促す働きをするLーシステイン成分

・ シミの原因を抑制する働きをするビタミンC、B2、B6,E成分

しかし、医薬品といえども一気にシミを解決できるわけではありません。

先ほども述べましたが、ターンオーバーをくりかえしながら、徐々にあなたのお肌のシミを除去していきます。

それでも、あなたのお肌のシミが除去できないとなれば、ターンオーバーの周期が乱れているかもしれません。

つまり、ターンオーバーの周期を安定かさせつつ、「ホワイピュア」を服用することがたいせつなんです。どんなに優れた医薬品でもターンオーバーの周期が乱れていては、あなたのお肌のシミを除去することはできません。

いたずらにターンオーバーを促進するのではなく、ターンオーバーの周期を安定させることにも力をいれて、あなたのお肌のシミを除去していき、シミやくすみのない明るい肌を目指しましょう。

詳しくは公式サイト→ホワイピュア(しみ・そばかすに効く医薬品)

コメント

  1. こんにちは。ランキングからきました。

    シミを消してくれる医薬品って、すごいですね。
    まだ試したことがないのですが、興味がわいてきました。

    クリームなどはいくら塗っても効果を感じられなかったので
    試してみたいと思いました。