デリケートゾーンの悩みと対策!ケアの基本はソープ選びから始めること?


デリケートゾーンの悩みと対策!ケアの基本はソープ選びから始めること?


あなたのような多くの女性が悩まされている、デリケートゾーンの不快感。

ニオイやかゆみなど、デリケートゾーンのトラブルに密かに悩んでいるというあなたのような女性は多いんです。

「だれかに相談したいけど……」と思いつつも、あなたひとりで抱え込んでしまうのが、デリケートゾーンの悩みではないでしょうか!

様々な要因が考えらるので、放置してしまうのはよくありません。

そこで、具体的な対処法と、おすすめアイテムについてお話しますね。

 

デリケートゾーンの悩みと対処法

・ニオイが気になって

・かゆみが気になる

・生理の後は痛くて大変

対処方法?

・デリケートゾーンのお肌のケアの基本はソープ選びから!
・お風呂の後はただちにデリケートゾーンのお肌の保湿

デリケートゾーンのケアの基本はソープ選びから!

デリケートゾーンのトラブルを防ぐ基本とは、デリケートゾーンを常に清潔を保ってあげること。

風呂で綺麗にすることは大切だと思いますが、綺麗を意識しすぎて、かゆみやニオイが気になるからといって、洗いすぎてしまうのも厳禁!

 

特に一般的な石鹸でデリケートゾーンを洗いすぎることで、デリケートゾーンの自浄作用を弱め、あらたなトラブルを引き起こす要因にもなりかねません。

デリケートゾーンを清潔な状態にキープするには、デリケートゾーン専用のソープを選ぶことがオススメなんです。

なぜ?デリケートゾーン専用のソープがオススメなの?

デリケートゾーン専用のソープは、デリケートゾーンの皮膚常在菌を殺菌することが少なく、自浄作用に影響を与えません。

また、優しく洗い上げられるように低刺激でお肌に優しい成分で作られています。特に、デリケートゾーンの皮膚は刺激に弱く、敏感です。

デリケートゾーンの専用のソープには、消臭効果などもあるものが多いので、まずはあなたのお肌に合ったデリケートゾーン専用ソープを選ぶところから始めてみてください。

オススメなのは、「フフキュアやさしい石鹸」

「フフキュアやさしい石鹸」とは?

・ デリケートゾーンのお肌のうるおいを守りつつ、デリケートな部分をやさしく綺麗に洗いあげる固形石鹸です。

・ 洗浄により、くすみの要因となる古い角質を洗い流し、肌あれを防いでなめらかに整えて、お肌をひきしめ、清潔感とすこやかさを保ってくれる特徴があります。

・ デリケートゾーンを洗いすぎると清潔な環境を維持してくれる皮脂・潤いまで洗い流しがちになりますが、

この石鹸は、刺激や摩擦に弱いデリケートゾーンを考え抜いて厳選した潤いキメハリ成分を配合していますよ!

 

具体的には、4つの美容成分を配合

デリケートゾーンに潤いをもたらす:ビワ葉エキス

静岡県伊豆市土肥でしか栽培されていない希少種「白ビワの葉」から抽出されたもので、あなたのデリケートゾーの乾燥や肌荒れを防ぐ働きがあります。

デリケートゾーンのお肌を整える成分:モモ種子エキス

基礎化粧品や頭髪化粧品にも多く使用されています。デリケートゾーンの乾燥や肌荒れを防いでお肌を整える働きがあります。

デリケートゾーンを清潔にする成分:クロチク茎エキス

静岡県掛川産の淡竹から抽出。デリケートゾーンの皮膚にうるおいを与え、水分を補い保ちながら、お肌を清潔に保つ働きがあります。

デリケートゾーンを健康なお肌にする成分:乳酸菌KT-11

赤ちゃんから発見された注目の乳酸菌。すこやかな肌をサポートします。

 

詳しくは公式サイト→デリケートな部分をやさしくすっきり洗い上げる【フフキュアやさしい石鹸】

お風呂の後はすぐに保湿ケア

お風呂でお肌を清潔にしたら、保湿をするのがボディケアの基本というのはご存知だと思います。

デリケートゾーンももちろん、同じです。なので、お風呂上りには必ず保湿ケアを忘れずに。

普段は「お風呂からでたらバスタオルでサッと拭いて終わり」という方も多いかもしれません。

実は、そのような方法だとデリケートゾーンが乾燥してしまい、かゆみや痛みを引き起こす可能性もあります。

まず、デリケートゾーン用の保湿クリームなどを用意しておき、バスタオルで使用する前に、デリケートゾーンの保湿を優先することが大事なんです。

そのわけは、デリケートゾーンは皮膚や粘膜が薄く繊細なので、すぐに乾燥してしまいます。だから、まずは、真っ先にデリケートゾーンを保湿して、デリケートゾーンのお肌の乾燥を防ぐことです!

 

そんなあなたのデリケートゾーンのオススメナの保湿クリームは、

デリケートな部分に潤いを与える【フフキュアモイスチャークリーム】

フフキュアモイスチャークリームの良い点

・刺激や摩擦に弱いデリケートゾーンを考え抜いて厳選した潤いキメハリ成分を配合

・デリケートゾーンの肌荒れにも使うことができます。

・油分と水分のバランスがよく、お肌へのなじみの良い、べたつかない弱酸性のクリームです。

・無香料でニオイがしないのも使いやすいです。

・敏感なデリケートゾーンに優しい、パラベンフリー、アルコールフリー、石油由来界面活性剤フリー、合成香料フリー、合成着色料フリー

・日本の国内で生産されているので、安心使用することができます。

・プッシュ式の容器(使いやすい・容器が汚れにくい・衛生的)

詳しくは公式サイト→ デリケートな部分に潤いを与える【フフキュアモイスチャークリーム】

 

デリケートゾーンのかゆみが気になる?

特に多くの女性が悩まされているのが、デリケートゾーンのかゆみ。汗やムレを感じやすい時や生理中など、とくに、かゆみが気になる時ってありますよね。

 

かゆみを感じやすい時は、お肌の状態と下着の生地などが合っていないかもしれません。

そんな時は、よりお肌に優しい、綿100%のものを選ぶなど、下着の選び方も大事になってきます。

 

また、生理の時のかゆみはこまめにナプキンを変えるだけでも効果があります。

ナプキンを当てているので通常よりムレやすいので、なるべく清潔にしておくように心がけましょう。

生理の後は痛い!

「生理の時にかゆみではなく痛がゆい」というあなたのような女性も多いのではないでしょうか?

我慢できないほど痛いと感じる時は、ナプキンなど生理用品が、あなたのお肌に合っていない可能性も!

そのためには、下記の対策をとることも必要です!

・ コットン100%の生理用品

・ 敏感肌用の生理用品

・ 布ナプキンや月経カップ

などの、あなたのお肌にかかる負担の少ない生理用品に変えることで、痛みを軽減できる可能性も高く、試すのも一手かも。

デリケートゾーンのニオイが心配!

かゆみや痛みと並んで悩まされている多くの女性に多いのが、デリケートゾーンのニオイ。

実際には洋服を着ることやデリケートゾーンは顔から離れている関係で、ご自身では分かりにくく、

「私、もしかしたら臭っている……」と

不安になってしまう、という女性はあなただけではないんです。

デリケートゾーンから酸っぱいニオイがする場合

デリケートゾーンから酸っぱいニオイがする場合は、とくに問題なく、心配ないとのこと!

酸っぱいニオイは「健康な時のおりもののニオイ」なので、気にしなくても良いようです。

酸っぱいニオイに加え、生臭いニオイがする場合

酸っぱいニオイに加え、生臭いニオイがする場合は、

デリケートゾーンのケアが必要になるかもしれません。

 

それは、デリケートゾーンに雑菌や垢が溜まることによるニオイかも??

しかし、デリケートゾーンを丁寧にケアすることでニオイも自然と無くなります。

ワキガのようなニオイが気になる!という場合

玉ねぎのニオイや卵の腐ったようなニオイは、もしかしたら、ワキガかもしれません!

デリケートゾーンのニオイは、ワキガではなく「スソワキガ」と呼ばれています。ニオイの強さはワキガよりも強烈と言われています。

ワキガやスソワキガは、バストやデリケートゾーン、肛門周辺、耳、ワキのみで生じます。

なので、フェロモンの名残?ではないかといわれることも!

このスソワキガは、デリケートゾーンにあるアポクリン汗腺による汗(アポクリン汗腺の汗はたんぱく質が大半を占めていて、色は乳白色でニオイはありません)に皮膚常在菌がエサとなる皮脂やたんぱく質を分解したときに発生するニオイです。

ちなみに、体温調節する汗はエクリン汗腺からでる汗で、全身に存在しています。無色無臭で99%が水で、残りの1%が塩分やミネラルです。

 

ワキガやスソワキガは、遺伝することもあります。

ご両親がワキガ体質であれば、50%から75%の確率で遺伝する可能性が高いと言われています。

スソワキガ専用の石鹸やクリームを使用することで、これらのニオイをケアすることができます。

急なデートも安心!ケアパウダースプレーでニオイが気になるときにワンプッシュ!

デリケートゾーンのニオイやムレなどが気になるあなたに、

管理医療機器膣洗浄器インクリアの姉妹品!

アウトクリアシリーズのケアパウダースプレー

・ 気になるデリケートゾーンのニオイにサットワンプッシュ、

レディフローラルの香りもとても使いやすいとのこと!

・ もちろん、急なデートでも焦る必要もなく、ササット、ワンプッシュでデリケートゾーンのニオイを除去してくれるんです。

詳しくは公式サイト→毎日のデリケートゾーンケアに

デリケートゾーンのかゆみやにおいなどは病気の可能性も?

「デリケートゾーンのかゆみやにおいなどが気になって仕方がない!」という場合は、病気の可能性もゼロではありません。

特にかゆみと合わせて、

・ おりものの色がいつもと違う

・ ニオイが生臭いなどの異常がある

などの場合、どうしても、気になるのなら、早めに、婦人科を受診するのが良いでしょう。

生理用品による肌のヒリヒリする痛みの場合は

ナプキンによる肌のヒリヒリする痛み=肌荒れがひどいと感じる時も、婦人科を受診しましょう。

特に、病気ではないと思いますが、皮膚が炎症しているかもしれません。

まとめ

なかなか、他の人に相談できないデリケートゾーンのトラブル!

日々、デリケートゾーンのニオイやかゆみがきになって仕方がないと悩んでいるあなた!

デリケートゾーンのニオイやかゆみは、デリケートゾーン専用のケアアイテムを毎日使用することで、解決することができます。

まずはあなたのデリケートゾーンのお肌にあうケアアイテムを探すところからはじめてみてはいかがでしょうか?

コメント