60代の真皮層が原因の深いシワに効くスキンケアがあるってホント?


60代の真皮層が原因の深いシワに効くスキンケアがあるってホント?


お肌のシワ対策というと保湿が重要だと思っていますよね!

半分は正解で半分は不正解です。

なぜなら、保湿対策でしわが改善できるのは「乾燥小じわ」だけなんです。

それ以外が原因のシワは、とくに、60代から目立つシワなどは、基本的に、医療行為による方法しかなかったのです。

なぜ、乾燥小じわだけしかスキンケアで対処できないの?

シワ対策と言えば、保湿というぐらい多くの女性がご存知だと思います。

ところが、ここに盲点というか知らない事実が隠されているんです。

乾燥小じわはどこの部位にできるか知っていますか?

そうなんです。

乾燥小じわは下図に示す角質層の水分が減少することで、シワができてきます。

そこで、この水分を補うために保湿が重要といわれています。

基本的に、シワ対策のスキンケアアイテムは、この角質層までしか成分を浸透させることができません。

ところが、シワができる部位がもう一つあるんです。

それは真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが失われることによってできるシワです。

真皮層に届くスキンケアアイテムはあるの?

その前に、なぜ、真皮層にシワができるのかについてお話したいと思います。

それは、紫外線です。

紫外線ならご存知だと思いますが、紫外線には2種類あります。

その中でも厄介なのがUV-A波と呼ばれる紫外線で、このUV-A波による紫外線は、年中降り注ぎ、曇りでもガラスでも通過してしまいます。

そして、UV-A波による紫外線の20%が真皮層まで届き、真皮層にある線維芽細胞にダメージを与え続けます。

線維芽細胞は真皮層のコラーゲンやエラスチンを生成する働きがあるのですが、線維芽細胞がダメージをうけるとコラーゲンやエラスチンを生成することができなくなります。

この結果、真皮層にシワが生じることになります。

ところが、従来のスキンケアアイテムは、真皮層まで浸透させることができませんでした。

つまり、真皮層のシワを改善することができなかったのです。

ところが、ポーラが長年の研究をついやして、ついに、真皮層まで浸透させることができる成分を発見したのです。

このことにより、世界で初めて真皮層のシワを改善することができることに!!

とにかく、このポーラの成分は凄いの一言に尽きると思います。

なぜなら、今までは、医療行為によるか諦めるしかなかったわけです。

この真皮層のシワは、50代以降から目立ち始め、60代になると本格的

な深いシワとなり、見た目年齢が想像以上に老けて見えることになります。

真皮層のシワ対策は難しい?

20代のころから紫外線対策を完璧に行うことに尽きます。

そうすれば、この真皮層のシワは生じることはありません。

でも、20代というと若さの象徴にもなる紫外線による日焼けしたお肌。

最近は、紫外線を浴びないことが常識になっていますが、秋冬のUV-A波による紫外線対策はできていない可能性が高いです。

60代になって気づいても遅い!

それでも、40代で真皮層のシワが目立ち始めるので、真皮層のシワを改善することはできませんが、進行をおくらせることは可能です。

それは、UV-A波による紫外線対策を施すこと!

40代から始めることで、真皮層にある線維芽細胞にダメージを減少させることができるからです。

60代では、難しいですが、40代、50代では、まだ、間に合います。

ただ、間違ってはいけないのは、UV-A波による紫外線対策で、1年中対策を忘れないことになります。

どんな日焼け止めがよいのですか?

秋冬の日焼け止めはPA+ぐらいでも良いでしょう!また、年中使用するのでお肌に優しい紫外線散乱剤がオススメです→ナールス ヴェール!肌に潜むメラニン!夏よりも秋が危険!

 

真皮層に届くシワ対策のスキンケアアイテムって何?

先ほどからお話しているようについに、ポーラが長年の研究のすえにみいだしのが真皮層のシワ改善スキンケアです。

このシワケアイテムは医薬部外品となって、厚労省によって効能がみとめられれいます。

真皮層のシワを改善するケアアイテムは「リンクルショット」というスキンケアです。

何度も繰り返しますが、乾燥小じわと異なり、真皮層のシワは、深いシワとなります。

乾燥小じわは、お肌の保湿をたかめることでよくすることができますが、真皮層のシワは、本格的な?シワなので、非常に目立ちます。

加齢によるシワと誤解されるかもしれませんが、あくまでも、コラーゲンやエラスチンの減少によるシワです。

だからこそ、この真皮層のシワを良くするスキンケアアイテムが待たれていました!

ようやく、ポーラによって登場したというわけです。

これさえあれば、60代になってもシワをスキンケアアイテムでよくすることがかのうになります。

まさに、女性のシワの救世主といっても過言ではないかもしれません。

さて、これほど期待度の高い真皮層のシワを改善するスキンケアアイテムは「リンクルショット」というシワケアイテムです。

詳しくは公式サイト→【POLA】リンクルショット

「60代の真皮層が原因の深いシワに効くスキンケア」のまとめ

いかがでしたでしょうか?

60代からでも始められるシワケアイテム「リンクルショット」!

乾燥小じわに対応するケアアイテムはたくさんあります。

しかし、真皮層のシワを改善するスキンケアアイテムはこの「リンクルショット」しかありません。

このリンクルショットで60代に見えないシワのない若やいだお肌をゲットできると良いですね!

 

コメント