乳液の良さ!軽めに保湿したい&お肌を柔軟にしたい時に最適?


乳液の良さ!軽めに保湿したい&お肌を柔軟にしたい時に最適?


あなたは、真冬の保湿、どうしてますか?

ベタつくのがイヤだからと、化粧水だけでケアを済ませていませんか?

それじゃ肌は乾く一方なんですよ(後で詳しく説明しています)!

乾燥シーズン最盛期の今こそ、乳液とクリームの大切さを見直して、うる肌を死守しましょ!

乳液と保湿クリームは、肌状態や好み、顔の部位に合わせて選んでOK。

乳液が保湿に良いわけとは?

保湿クリームに比べると油分が少なめで、ベタベタしにくいのが乳液。

・ オイリー気味のお肌にも快適に使え

・ メイク前保湿にも使用できる便利さ

つまり、乳液って!軽めに保湿したい&肌を柔軟にしたい時に適している!!

具体的には、比較的ライトな使用感の乳液は、

・ ベタつきを残さずに保湿したい時に最適。

・ お肌の柔軟性を高めてくれるので、ゴワつく時にも◎。

実際、乳液とは何でできているの?

乳液は、水と水溶性の保湿成分、油溶性の保湿成分であるエモリエントがバランスよく配合されているスキンケア。

※ エモリエントとは?

「エモリエント」とは、皮膚からの水分蒸散を抑えてうるおいを保ち、皮膚を柔らかくすることをいいます。

 

乳液は、多くの場合、油性成分が微細なミセル(界面活性剤が集合したもの)の中に取り込まれ、不透明な液体状のテクスチャーをしています。

ところで、保湿クリームは何でできているの?

保湿クリームは、水と水溶性の保湿成分、油溶性の保湿成分であるエモリエントがバランスよく配合されているスキンケア化粧品の1つです。

ただし、一般的に乳液と比べてエモリエントの配合濃度が高いので、クリーム状のテクスチャーをしています。

乳液と保湿クリームにどんな違いがあるの?

乳液と保湿クリームは、ともに水、水溶性の保湿成分、油溶性の保湿成分であるエモリエントがバランスよく配合されているスキンケア化粧品の1つです。

乳液と保湿クリームの役割は、基本的には同じです。

乳液と保湿クリームの違いは、油溶性成分と水溶性成分の配合比率の若干の違いで、保湿クリームのほうが油性成分が多く、べたつき感があるかもしれません。

とはいうものの。

原則として保湿クリームと乳液を同時に使う必要はありません。

ただ、効果的に使い分けることも可能です。

つまり、年齢や肌質、お肌の状態で保湿クリームと乳液の使い分けを行うとより保湿効果が高いかも。。

具体的には、Tゾーンは乳液、Uゾーンは保湿クリームを使うこともその1つです。

さらに、季節ごとに使い分けるの一つの良い考え方となります。

春や夏は乳液を使い、秋や冬は保湿クリームを使うというふうなこともよい考え方だと思います。

スポンサードリンク




 

化粧水が保湿対策としては、NGな理由をしっていましたか?

化粧水という名前をみてお気づきでしょうか?

そうなんです。

成分の大半が水で構成されています。

もちろん、保湿成分も配合されているものも多くあります。

しかし、化粧水は水分が大半を占めているので、化粧水をお肌につけすぎるとお肌の保水力を上回る水分となってしまいます。

化粧水によって、お肌のバリヤ機能が失われる

化粧水をつけすぎることで、お肌への水分が吸収できなくなり、お肌の皮膚がはがれてきます。

そうなると、当然のことですが、お肌のバリヤ機能が失われ、逆に、お肌にダメージを与え、保湿力を失わせることに。。

つまり、化粧水で保水を考えるのは間違い!

さらに、化粧水には、水分を大量に含んでいるために、余分な水分が蒸発し、このことによっても、お肌が乾燥してしまいます。

化粧水をつけた後にやるべきこととは?

化粧水をつけた後は、水分が蒸発しやすい状態です。

そのため、この水分の蒸発を蓋するために、油性成分が必要となってきます。

つまり、油性成分が配合されている乳液や保湿クリームで蓋をすることが重要なんです。

お肌の皮膚の水分は、ラメラ構造という油性成分で水分を閉じ込めています。

※ ラメラ構造とは?

皮膚の表面に存在し、油相と水相の繰り返しから成ってバリア機能を発揮し、皮膚が持つ保湿機構の本体です。

ラメラ構造は、セラミドの様な油と水両方の性質を持った脂質分子が規則正しく配列して作られています。

このラメラ構造の油性成分があることで、油成分を含む乳液や保湿クリームは、お肌になじみやすいんですね!

だから、この点でも、お肌の保湿には、乳液や保湿クリームが最適といえるわけです。

乳液の良さとは?

乳液には、朝のスキンケアでの使用を意識したものがたくさんあります。

紫外線対策のための日焼け止めの効果やメイク下地の機能を持った化粧品などがオススメ。

こってりしたクリームを使うと、ファンデーションのノリが悪くなる場合があるので、さらっとした乳液を朝に使うのが良いかもしれません。

つまり、朝は機能性のある乳液を使うのは良い方法だと思います。

もちろん、朝は忙しい時間でもあります。

時短につなげる点でも朝の乳液はオススメです。

保湿のための水分量、油性成分量の大小

化粧水、乳液、保湿クリームと保湿に欠かせないスキンケアですが、具体的に、それぞれの水分量や油性成分量はどんな感じになっているとおもいますか?

実際には、下記のようになっています。

なので、お肌の保湿対策を考えるうえで参考にしながら行うと良いでしょう。

水溶性成分の比率は

化粧水 > 美容液 > 乳液 > 保湿クリーム

油溶性成分の比率は

化粧水 < 美容液 < 乳液 < 保湿クリーム

乳液の良さのまとめ

普段、なにげなく使っているスキンケア。

お肌の保湿対策が重要だということは、理解していても、使用するスキンケアアイテムが間違っていると

逆に、乾燥肌になることもあります。

それぞれのスキンケアアイテムを正しく理解して、お肌の保湿対策をおこないましょう。

もちろん、乳液だけにこだわるのではなく、あなたのお肌の状態や季節、お部屋の環境も意識しながら、適切な保湿対策をとることが大事です。

いつも、同じ肌質でもありませんし、あなたのお肌をとりまく環境も毎日同じとは限りません。

だから、スキンケアアイテムは、複数用意しておくこともかんがえてみてください。

お肌を保湿することで、いついつまでも、若やいだお肌でいられますように!

スポンサードリンク




コメント