デリケートゾーンのお肌に大切なこと!清潔&保湿ってホント?


デリケートゾーンのお肌に大切なこと!清潔&保湿ってホント?


デリケートゾーンのお肌の悩みは、なかなか、他の人と相談できずに、悩んでいる女性が多いとか?

あなたもそのひとりかもしれません。

何はともあれ、デリケートゾーンのお肌のトラブルを回避するためには、デリケートゾーの清潔・保湿が大切!

更年期に突入すると、デリケートゾーンにもかゆみやおりもの、臭いといったトラブルが発生しやすくなります。

その理由は、実は、あなたの女性ホルモンの減少なんです。

そこで、あなたが自身でできるデリケートゾーンのケア方法を紹介していきますね!

更年期、デリケートゾーンにはどんなトラブルが?

更年期世代になると、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が低下します。

エストロゲンといえば、女性ホルモンの二大ホルモンの一つですが、このエストロゲンは、あなたのような女性の様々なトラブルを防衛してくれています。

具体的には、

エストロゲンは、コラーゲンや水分量を増やす働きがあり、若々しさを保つサポートをしています。

しかし、その働きが低下することによって肌が乾燥したり、たるんだりといったエイジングサインが出てくるのです。

また、同じように、女性ホルモンの低下によって膣の粘膜が薄くなるそうです。

しかも、そのことにより

・ デリケートゾーンの潤いや弾力性の喪失

・ デリケートゾーンの自浄作用などが衰え

これらが引き金になって、

・ デリケートゾーンのかゆみやおりもの

・ ニオイ

などのトラブルが増えてくるのだとか。

デリケートゾーンにも更年期の影響が顕著に!

デリケートゾーンのトラブルを回避するための対策とは?

年齢とともに繊細になっていく、そんなデリケートゾーンのトラブルをどうケアしたらいいのか?

デリケートゾーンのお肌の皮膚は顔に比較すると非常に薄いと言われています。

なので、顔以上のケアが必須なんですよ!

つまり、顔と同じように「洗浄」と「保湿」が一番大切なこと。

「洗浄」と「保湿」が基本のキ

「洗浄」と「保湿」が基本のキですから、デリケートゾーンのお肌の皮膚の不要な汚れは落とし、潤いを与えてキープするということ。

そして、エイジング対策として、マッサージやホワイトニングといったケアもプラスするとより効果的。

とくに、マッサージは、デリケートゾーンのお肌のヒダヒダを優しく行うことが良いです。

また、デリケートゾーンのお肌の皮膚は薄いため、摩擦に弱く、黒ずみの悩みの引き金にもなります。

このため、デリケートゾーンのお肌の黒ずみを除去してくれるスキンケアもオススメです。

具体的には、デリケートゾーンのお肌の黒ずみを取り除く湘南美容外科クリニックと共同開発したデリケートゾーンのお肌の黒ずみケアアイテムは安心かも湘南美容外科共同開発!ホスピピュアVIO!デリケートゾーンの黒ずみケア!口コミ効果チェック!

デリケートゾーンのお肌の洗浄に一般のボディーソープはNG!

デリケートゾーンは経皮吸収が高い部位でもあります。

また、ほかの肌よりも㏗値が低く、弱酸性で乾燥しやすくて敏感

ですから、可能な限り安全が確認されているもの、㏗が調整されたものを使いたいですね。

顔やボディで使っているアイテムを流用するはNG。

デリケートゾーンのお肌専用に開発されているものをおすすめします。

まずは、デリケートゾーンのお肌の潤いを守りながら清潔に保ちましょう。

一般のボディソープでごしごし、はもってのほか。デリケートゾーンのお肌の黒ずみの原因となる可能性があります。

また、泡でやさしく洗っていても、㏗値が高いものを使っているとアルカリ性に傾いてしまい、よい働きをしてくれる大切な常在菌を洗い流してしまうかも。

それがデリケートゾーンのお肌のトラブルの原因にもなりかねません。デリケートゾーンに最適な洗浄アイテムを探しましょう。

デリケートゾーンの環境は、弱酸性です。

繰り返しますが、一般のボディーソープは、アルカリ性だったり、強酸性だったりするので、デリケートゾーンのソープとしては、相応しくないのです。

といういうより、デリケートゾーンの環境を悪化させてしまいます。

なので、

具体的にはデリケートゾーンのお肌専用ボディーソープ→イビサソープ&デオドラント!日中&夜もフルカバー臭いケア!最安値は楽天、アマゾン?

などがオススメとなります。

デリケートゾーンのお肌は、鏡でチェックを習慣化

デリケートゾーンは、体調や季節、お部屋の環境などによって、日々、変化しています。

あなたの大切な部位です。日々、チェックすることを習慣化しましょう。

このことによって、いちはやく、デリケートゾーンのトラブルをみつけることも可能になります。

とにかく、デリケートゾーンの不要な汚れを落としたら、即座に保湿とマッサージを行いましょう。

もちろん、鏡でチェックすることも忘れずに!

デリケートゾーン専用の保湿クリームもあります。

できれば、デリケートゾーンの皮膚は薄いので、お風呂場内で保湿することが一番です。

なぜなら、皮膚が薄いため、すぐに、デリケートゾーンの皮膚は乾燥してしまいます。

通常、お風呂上りは、5分以内に保湿と言われています。

しかし、デリケートゾーンの皮膚はそれでは遅すぎるのです!

保湿アイテムはクリーム、ジェル、ミルクなどさまざまなテクスチャーで発売されています。

スポンサードリンク




最近発売された「アイム ラフロリラ デリケートボディクリーム」は、乳酸菌とセラミドのダブル潤い効果が期待できる1本。

「アイム ラフロリア」は、天然の香水とも言われる、華やかで優美なイヴピアッツェローズの香りをまとい、潤す、デリケートゾーンケアシリーズ。

『デリケートボディクリーム』は、お肌が自ら潤う力を引き出しながら、透明感のあるふっくらとしたお肌へと導いてくれるようです。

女性ホルモンをケアするザクロ果実エキスやダイズイソフラボンなども配合しているので、デリケートゾーンの乾燥、かゆみ、ニオイなどのトラブルを改善してくれます。

繰り返しますが、なかなかきちんと見ることのない部位だけに、現在の状態を知り、お手入れの様子や変化に気づきやすくなることでトラブルを発見しやすくなります。

今やデリケートゾーンもケアするのがエチケット!

欧米では、子供のころからデリケートゾーンのケアについて教えているそうです。

日本では、なかなか、そこまで実現できていないのが実情ですが、徐々に、デリケートゾーンに対するエチケットの意識も出てきているように思います。

保湿&美白ケアやお出かけ中のエチケットケア

 

 

更年期になり、カサついて黒ずんでくるデリケートゾーン。

ごしごし洗いや下着の締め付けなど日常生活のダメージの蓄積でもあります。

専用の美白美容液で毎日ケアしてみては?

具体的には、湘南美容外科クリニックと共同開発のデリケートゾーンの黒ずみケアアイテムはいかがでしょうか→湘南美容外科共同開発!ホスピピュアVIO!デリケートゾーンの黒ずみケア!口コミ効果チェック

旅行先や外出中での臭いエチケットケア

デリケートゾーンの臭いも気になるところ。

とくに、急なデートで慌てないためにも、普段から、携帯用のデリケートゾーン用のスキンケアアイテムを携行することも忘れずに!

オススメは→デオシーク!30代女性!急なデートにも!デリケートゾーンは専用アイテムでケア

デリケートゾーンのお肌に大切なことのまとめ

いかがでしたか。

欧米では、デリケートゾーンのケアが常識となっている中で、まだまだ、日本は、後進国。

だからといって、デリケートゾーンのケアをしなくても良いというわけではありません。

とにかく、普段、目にすることが少ないデリケートゾーンですが、いまからは、日常的に、デリケートゾーンを観察すること習慣化していきましょう。

女性の人生が長くなってきた昨今だからこそ、デリケートゾーンも軽視せずに適切なお手入れをしていきたいですね。

コメント