VARWANEOソーラーラジオ 手回し 懐中電灯 AM/FM SOSアラート付き USB充電


VARWANEOソーラーラジオ 手回し 懐中電灯 AM/FM SOSアラート付き USB充電


台風や地震などの自然災害のために、1台はそろえておきたいのが、「VARWANEOソーラーラジオ 手回し 懐中電灯 AM/FM SOSアラート付き USB充電」です。

今年は、もう、ほぼ、台風が日本に上陸することはないようですが、地震については、いつおきるかわかりません。

とくに、自然災害時に同時におきる停電は非常に困ることになります。

なんといっても、情報を入手する方法が皆無となってしまいます。

そんな緊急事態にそなえておくべきものの一つとしてVARWANEOソーラーラジオが良いのではないかと考えます。

ソーラーパネル式や手回し式充電ができ、ラジオ放送の受信ができるのが良いと思い、ネットで調べてみました。

条件的には、ラジオ放送の受信感度が良いこと(実際に、試すことができないので、口コミを参考にしています。)

充電は、ソーラーパネルや手回しが最低限必須条件としました。

その結果、充電容量もある程度あり、ラジオ放送の感度も口コミでよいとのことであった、VARWANEOソーラーラジオに決めました。

詳しくは→送料無料 防災ラジオ 緊急ラジオ ソーラーラジオ VARWANEO ソーラーラジオ 手回しラジオ 多機能 懐中電灯 AM/FM携帯ラジオ SOSアラート付き USB充電 ソーラー 充電 手回し 大容量2000mAH付き 多機能 防水 地震 震災 津波 台風などの緊急に対応

VARWANEOソーラーラジオを注文

VARWANEOソーラーラジオを注文しました。

届いたのが下記の段ボールに入った商品です。

商品の入った段ボールが届きました

もちろん、中国製なので、表面には英語で表示されています。

段ボールはしっかりとした感じで、問題ないと思います。

VARWANEOソーラーラジオが入った段ボール

段ボールを開けたところ

中身は、梱包材でしっかりつつまれ、傷などもなく安心しました。

段ボールを開いたところ

商品の中身と説明書など

段ボール中には、

・ 商品本体

・ USBケーブル:タイプA

最近のスマホは、タイプCが多くなってきています。

忘れずに、タイプCのケーブルを持参しましょう。

・ 商品の説明書

・ お礼の手紙

商品本体など一式

VARWANEOソーラーラジオ本体

VARWANEOソーラーラジオ本体です。

ラジオ放送のチャンネルのAM表示の真下に充電量がランプで表示されます。

なので、どれぐらいの充電量かがわかるようになっています。

ラジオ放送を聞いてみましたが、屋内でも鮮明に聞こえました。

もちろん、避難所ではどれぐらい鮮明かはわかりませんが、屋内で綺麗に聞こえるので、停電になっても安心!

今回は、良い商品にであったかと考えています。中国製なので、不安はありましたが、一応、OKかな。。

手回し充電部分

下図のハンドル部分を取り出して、回せば、充電が開始されます。

とくに、ハンドルが回しにくいということもなく、簡単に回せました。

ソーラーパネル充電部

まだ、ソーラーパネル部分は、保護フィルムを張ったままで、試していません。

できるだけ早く、試してみたいと思います。

ソーラーパネル充電は、重要なので、本当に充電可能かどうかは安心材料の一つとなるので、確認は必須!!

VARWANEO ソーラーラジオの特徴についてみていきましょう!

さて、実際に注文したVARWANEOソーラーラジオですが、具体的には、どんな機能があるのかを簡単に説明していきますね。

安定したラジオ機能

AM / FMラジオに対応しています。

信号受信:AM 520-1605Khz / FM 76-108MHz。

実際に、確認してみたところ、室内でも鮮明に聞くことができました。

ダイヤル式ですが、調整は、難しことはないです。

以前購入した同様のタイプのラジオは、避難所では、ほとんど聞くことができず、役に立たなかったので、今回のタイプは、重宝しそうな気がします。

もちろん、まだ、避難所で使用したことがないので実際にはわかりませんが、おそらく、十分な機能を備えていると考えています。

 

また、ボリューム調整機能もついているので、避難所でも、周りのかたへ配慮ができ良いかと思います。

以前、避難所に避難したときには、高音量でラジオを聞いていた人がいて、非常に迷惑に感じました。

避難所でラジオが必要な理由!

避難所は、学校とかが多いと思います。なので、テレビやラジオなどは用意されていません。

このため、状況が全く分からないというのが、経験からわかりました。

情報を知るためには、ラジオは必須です。

懐中電灯は避難には必須オプション

イザ、避難するといっても、日中は、躊躇して避難所に向かうことができません。

最近は、明るいうちに避難しましょう。と言われていて、避難所に向かうかたも増えてきたと思います。

しかし、はじめて、避難所に向かうという場合は、経験してみるとわかりますが、なかなか、踏ん切りがつかないです。

次第に、暗くなり始めたころに、やっぱり、避難所に行こうという感じです。

なので、懐中電灯は必須となります。

もちろん、百均ショップで売っていますが、たいていは、乾電池が必要です。

乾電池も避難所に向かう場合には、必須ですが、やはり、懐中電灯は充電式がベター!

ライトの仕様: 1W / 80 LM懐中電灯。緊急時に暗闇から守るのに十分な光量。

ライトは約15時間使用可能。

スポンサードリンク




大容量バッテリー

充電容量は大きいほうが良いのは当たり前です。

最近のスマホは、5000mAHぐらいあるので、このVARWANEO ソーラーラジオのバッテリー容量は、2000mAHなので、多少、少ないかと感じました。

ただ、避難所に向かうためには、色々なものを持参する必要があり、あまり、大きなラジオは、大変なんです。

なので、このぐらいのスマホぐらいがベターだと感じています。

モバイルバッテリーとしても使用可能。

複数の充電方法があるので、安心感が!

手動充電

VARWANEO ソーラーラジオの背面にあるハンドルを回すと充電できます。 130 rpmの速度でハンドルを回すと、LEDライトを約15〜20分間、ラジオを約5分間使用できます。

実際に、ハンドルを回してみると軽く簡単に回せます。

なので、それほど大変な作業ではないかと感じました。

避難所にいると何もすることがなく、暇なので、手動で充電することは問題ないかと思います。多少、ハンドルを回していると音がするので、周りを気にするなら、人のいない場所に移動して行うのもいいでしょうか?

とくに、じっとしているより、動き回ったほうが、気分的にもよいと思うので。。

ソーラー充電

ソーラーパネルを日光の方向に向けると、自動的に充電されます。

もちろん、ソーラーパネル方式なので、日光が必要ですし、時間もかかります。

ただ、フル充電するには、非常に良いと思います。

避難所生活が長引いた場合には、重宝するのではないかと感じました。

とくに、停電などが起きていた場合には、このソーラーパネルによる充電ができるのはありがたいことですね!

USBケーブルによる充電

停電も起きていない場合で、電源コンセントがあれば、USBポートから充電できます。

SOS音声アラーム

土砂災害などで、家が押しつぶされるなどの場合に、助けを呼ぶのは非常に困難です。

そんな場合に、役に立つのがこの「SOS音声アラーム」です。

もちろん、近くにVARWANEO ソーラーラジオがないと使用できないので、なるべく、ご自身で手の届く範囲においておくのが良いと思います。

とくに、就寝中は、すぐそばにあると安心です。

大音量のSOSアラーム音声を発することができます。

VARWANEOソーラーラジオのまとめ

何と言っても、自然災害時には必須となる情報元を手に入れることができるのが、「VARWANEOソーラーラジオ」です。

もちろん、使わないことを願っていますが、自然災害はいつおきても不思議ではないと思います。

なので、このようなタイプのラジオは、一台以上は上備しておきたいものです。

詳しくは→送料無料 防災ラジオ 緊急ラジオ ソーラーラジオ VARWANEO ソーラーラジオ 手回しラジオ 多機能 懐中電灯 AM/FM携帯ラジオ SOSアラート付き USB充電 ソーラー 充電 手回し 大容量2000mAH付き 多機能 防水 地震 震災 津波 台風などの緊急に対応

もちろん、これだけでは、非常時に備えられるわけではありません。

非常食、飲料水など自然災害対策用品も併せて用意しておくべきでしょう。

とくに、忘れがちなのが薬や常備薬です。

もちろん、コロナ対策も必要!

 

スポンサードリンク




コメント