NOANDE(ノアンデ)とデオシーククリーム!ワキガ(わきが臭)対策商品を比較してわかった違いや選び方のコツは?

 


 

ワキガや脇から溢れ出る汗のツーンとした臭いが

とれると人気のNOANDE(ノアンデ)デオシーククリームを比較してみました。
比べてみてわかったNOANDE(ノアンデ)とデオシーククリームの違いや選び方のコツについてです。


 

スポーツや満員電車の通勤でワキガや脇から出る汗の臭いがでていないかと悩んだりしますね。

若くても暑くなると全身から吹き出す汗の臭いで悩まされている人のために、メーカーからデオドラントアイテムが売っています。

しかし、実際に試してみるとあまり効かないかなと思っている人もいるのではないでしょうか。

一般的のデオドラントアイテムの多くは、対症療法として汗を抑える成分が配合されていますが、それだけでは根本的にワキガや汗臭さなどの臭いを抑えることができません。

結果的に汗がひどくなったり、汗に伴う臭いが気になり始めるなど、悩みがなかなか解消されずに困っている人が多いのではないかと思います。

そこで今、大きな注目を集めているのが、

NOANDE(ノアンデ)

デオシーククリーム

上記の2つのワキガ対策クリームの存在です。

では、2種類のワキガ対策クリームについて詳しくご紹介していきたいと思います。

1. NOANDE(ノアンデ)のメリットとデメリットは?

NOANDE(ノアンデ)は、累計販売数が40万個を突破し、商品が新たに3度目のリニューアルによりより以上に良い実感を感じることができると注目を集めています。

まずNOANDE(ノアンデ)のメリットの見てみると、ワキガと汗の臭いを取り除くために考え抜かれた3つのこだわりです。

1) NOANDE(ノアンデ)の1つ目のこだわり

デオドランドの常識を変えるほどの革新的な技術の確立=ワキガ菌を100%殺菌と有効成分の肌への浸透力の凄さです。

NOANDE(ノアンデ)は、ワキガ臭の原因となっているアポクリン汗腺からでる汗のバランスを整えること、

その汗に含まれるたんぱく質などを好む雑菌の繁殖を抑えることを

有効成分を2倍配合と2倍の浸透力で同時に実現しています。

2) NOANDE(ノアンデ)の2つ目のこだわり

女性のうれしい敏感、乾燥肌に優しさを追求していることです。

デリケートな思春期の女性の肌でも安心して使用できるように無添加処方になっています。

臭いだけでなく、肌への優しさにも徹底的にこだわっています。

そこで、NOANDE(ノアンデ)は、プラセンタや西洋梨エキスなど肌に優しい12種類の天然由来成分を厳選して配合しています。

3) NOANDE(ノアンデ)の3つ目のこだわり

汗に負けない圧倒的な持続力!

NOANDE(ノアンデ)には、汗によって、有効成分がながされないように、優れた吸着力を保持していて、肌に密着するようになっています。

なので、1日中、ワキガなどの臭いを気にすることなく、通勤やスポーツを楽しむことができます。

続いてNOANDE(ノアンデ)のデメリットですが、NOANDE(ノアンデ)はドラッグストア(薬局)で購入することができない商品になります。但し、楽天、アマゾン、ヤフーショッピングでも販売されています。

NOANDE(ノアンデ)は、購入を検討されている方は公式サイトから購入するようにしてください。詳細は後で述べます。

詳しくは→これ凄い→ わきが対策の決定版「NOANDE・ノアンデ」

2. デオシーククリームのメリットとデメリットは何?

続いてご紹介するのが、ベストニオイケア商品に輝いたと報じられているデオシーククリームです。

では、デオシーククリームのメリットとデメリットについてもお話ししたいと思います。

1) デオシーククリームのメリット

デオシーククリームの働きを実感するまでに3ステップという方法をとっています。

① 臭いの原因となる汗をブロック

汗の出口を防ぐというパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分を配合しています。

このパラフェノールスルホン酸亜鉛は、刺激も少なめで、肌の弱い人でも安心して使用できるとのことです。

このパラフェノールスルホン酸亜鉛の働きは、汗の中にあるたんぱく質と結合することで、汗の出口を防いでいます。

なので、汗をダラダラかくこともなくなり、臭いの発生源を断つことができます。

他にも、汗を抑えるために、植物由来成分ユキノシタや柿渋など5種類配合しています。

② 臭いの原因となる雑菌を徹底殺菌

臭いの原因となる雑菌を徹底殺菌するためにイソプロピルメチルフェノールという成分を配合しています。

このイソプロピルメチルフェノールも肌に優しくて、殺菌作用があります。

特に、ワキガの原因となるコリネバクテリウム属を殺菌することができるためワキガのための有効成分として必須になっています。

また、黄色ブドウ球菌にも殺菌作用として働きます。なので、ワキガ以外の臭い対策にもなります。

このため、デオシーククリームの殺菌率は、99.999%と謡っています。

更に、この殺菌の働きを助けるために植物由来成分をドクダミなど3種配合しています。

③ 臭いを防ぐ力

臭いを防ぐために柿タンニン(ポリフェノール)という成分を配合しています。

この柿タンニンは、人が発生させる臭いの97%も無臭化させるとも言われています。

更に、臭いを抑える手だすけをする成分として海藻やシルクなど5種配合しています。

④ 保湿力を高めて臭いを防ぐ

そして、デオシーククリームの特徴的な臭いを防ぐ方法は、乾燥からくる臭いへの対応です。

このために植物由来成分として、シャクヤクエキス、アマチャエキスなど3種配合しています。

2) デオシーククリームのデメリット

こちらも残念ながら、店舗などのドラッグストアや楽天などでも一切販売していないとのこと。

詳しくは公式サイト→デオシーククリーム女性用

3. 全成分を徹底比較チェック!特徴と副作用の可能性は?

続いて、2つの商品「NOANDE(ノアンデ)」と「デオシーククリーム」の全成分についてご紹介していきたいと思います。

「NOANDE(ノアンデ) 全成分」

フェノールスルホン酸亜鉛イソプロピルメチルフェノール
柿タンニン、プラセンタエキス-1、茶エキス-1、シャクヤクエキス、ヒメフウロエキス、スターフルーツ葉エキス、ヨクイニンエキス、ワレモコウエキス、アロエエキス-1、ローズマリーエキス、マロニエエキス、アルニカエキス、ハマメリスエキス、セイヨウキズタエキス、オトギリソウエキス、ブドウ葉エキス、グリチルリチン酸2K、メントール、クエン酸Na、炭酸水素Na、炭酸Na、エタノール、BG、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、塩化Na、フェノキシエタノール

参照元:NOANDE(ノアンデ)公式サイト

「デオシーククリーム 全成分」

パラフェノールスルホン酸亜鉛イソプロピルメチルフェノール
架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、メチルポリシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、精製水、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、エタノール、フェノキシエタノール、1,3‐ブチレングリコール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液(40%)、カキタンニン、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、セージエキス、シャクヤクエキス、ドクダミエキス、アマチャエキス、ユキノシタエキス、海藻エキス(5)、加水分解シルク液、l-メントール

参照元:デオシーククリームの公式サイト

2つの商品の全成分を見ていただくとわかりますが、同じ成分が配合されているものがありますよね。
例えば、先ほど汗を抑える特徴的な成分としてご紹介したパラフェノールスルホン酸は、NOANDE(ノアンデ)、デオシーククリームともに配合されています。

殺菌作用として働くイソプロピルメチルフェノールも両方の商品に配合されています。

そして副作用に関してですが、これは2つの商品NOANDE(ノアンデ)、デオシーククリームに共通して言えることですが、配合されている成分にアレルギーがある場合には、使用することができません。

特に該当するアレルギーがない場合には、NOANDE(ノアンデ)、デオシーククリームも問題なく使用することができるでしょう。

4. 悩み別や世代などでの人気の違いはある?

続いて、悩み別や世代から見る人気の違いについてお話ししていきたいと思います。

まず、NOANDE(ノアンデ)は、10代からワキガに悩んでいる方も多いように思います。

勿論、人気も高い商品ですので、幅広い年代層に使用されています。

デオシーククリームを購入されている方の世代を口コミをもとに検証してみたところ、20代から40代にかけての女性を多く見かけました。

5. それぞれ男女とも使用できる?何歳から使用して良い?

NOANDE(ノアンデ)、デオシーククリームも、2つの商品はどちらも男性、女性ともに使用することができます。

そして対象年齢ですが、NOANDE(ノアンデ)は思春期からOKとなっています。

デオシーククリームは天然成分を使用し、お子様からご高齢の方まで使用できるように低刺激の成分を配合しているとのこと

また、原料や工場の製造過程・品質管理からお客様へのお届けまで、一貫して厳しい管理を行っていて概ね問題ないようです。

6. 妊娠中・授乳中でも飲める成分なの?

NOANDE(ノアンデ)は医師との相談が必要とのこと。

デオシーククリームは、妊娠中も授乳中も使用できるとのこと。

但し、この時期はお肌が敏感になっています。

心配なようであればかかりつけのお医者様にご相談の上、ご使用を検討くださいとのこと。
※デオシーククリームはバストにもご使用いただけますが、授乳中のバストへの使用はお控えくださいとのことです。

7. 価格や返金保証から見た違いは?

続いて、価格や返金保証から見た違いについても見ていきます。

1) NOANDE(ノアンデ)

① 販売価格

こちらは、楽天やアマゾン、ヤフーショッピングでも販売されていますが、最安値は、公式サイトの定期コースになります。

NOANDE(ノアンデ)公式サイトの価格について

通常価格 :9,800円(税抜、送料無料)
定期コース:4,960円(税抜、送料無料)回数の縛りなし

② 返金保証を受けたい場合

次のような手続きを行ってください。
・ NOANDE(ノアンデ)の窓口に電話し、返金保証を受けたいことを伝えます。
・ 以下のものを専用窓口に発送します。※発送時の送料は自己負担です。
・ 使用中の商品(使用済でも可)
・ 納品書(商品と同梱)
・ 認証コード(電話した際に教えてもらえます)と、返金の振込先情報(自分の口座)を書いたメモ

2) デオシーククリーム

① 販売価格

先にも述べていますが、デオシーククリームは、公式サイトのみの販売です。

定期購入の場合の価格:4,380円(税込、送料無料)、デオドランドサプリメントが付属

② 返金保証

・ 永久返金保証はデオドラントクリームのみが対象
・ 返金対象は初回の1本分
・ 返金時は必ずメーカーに電話(0120-696-300)すること
・ 「商品(クリーム容器1本)」「永久返金保証書」「初回分のお買上げ明細書」の3点が必要

8. 選び方のコツは?

NOANDE(ノアンデ)、デオシーククリームも考え方や二大有効成分が配合されています。

なので、両商品ともワキガ対策に向いていると思います。

リニューアル後から、除菌率の高さが話題に、汗を抑える力も高く、ワキガ菌100%除菌と謳っていることが人気の高さにもつながっているので、完全にワキガを抑えたい人は、NOANDE(ノアンデ)を選択するのが私は良いと思います。

コスパを優先的に考える人は、デオシーククリームが良いと思います。

9. ノアンデとデオシーククリームの選び方のまとめ

ワキガがとても気になってしまう原因として生活習慣の乱れもあると思います。

もちろん全ての方がこれに当てはまるわけではありませんが、日ごろから全く運動しなかったり、脂質の多い食生活を中心に続けていると、体内バランスが乱れてきて臭いが強く出る可能性もあります。

改めて自分の生活を見つめ直して、日ごろから生活習慣の改善を心がけることが大切です。

さて、最後に再び、どちらを選ぶかの簡単な方法は、

完全にワキガを抑えたい人は、NOANDE(ノアンデ)を選択すると良いでしょう。

詳しくは→これ凄い→ わきが対策の決定版「NOANDE・ノアンデ」

やはり、どうしてもコスパが気になるという人はデオシーククリームを選択すると良いでしょう。

詳しくは公式サイト→デオシーククリーム女性用

 

コメント

  1. […] ノアンデとデオシーククリームについて比較しています!参考にどうぞ→ノアンデとデオシーククリームを比較して分かったこととは! […]