ヴィエルホワイトとイビサクリーム!デリケートゾーン(あそこ、乳首)の黒ずみ対策クリームを比較してわかった違いや選び方のコツは?


 

ヴィエルホワイトとイビサクリームとは、

ワンランク上の美白成分、トラネキサム酸を配合しているデリケートゾーンの黒ずみに対応している人気商品です。

このデリケケートゾーン(陰部や乳首)の黒ずみの違いについて比較してみました。

その結果、どちらを選べばよいかのコツもわかりました。

詳しく説明していきますね。


 

デリケートゾーン部分の皮膚は薄く弱いため、黒ずみになりやすい部分です。

ビキニラインやデリケートゾーン、脚の付け根などの黒ずみに悩んでいる女性が多いと言われています。

しかし、デリケートゾーンの悩みをなんとかしたいという思いとは別に、他人には相談しずらい場所だけに黒ずみの対策ができていない女性が大半です。

そこで、このようなデリケートゾーンの悩みに対応できる商品について比較をしていきます。

中でも、今、大きな注目を集めているのが、

・ ヴィエルホワイト

・ イビサクリーム

上記の2つのデリケートゾーンの黒ずみ対策クリームの存在です。

では、2種類のデリケートゾーンの黒ずみ対策クリームについて詳しくご紹介していきたいと思います。

1. ヴィエルホワイトのメリットとデメリットは?

1.1 ヴィエルホワイトのメリット

リポソーム化した美白ケア成分で浸透力UP!

ヴィエルホワイトはカンゾウエキスを最近話題のリポソーム化(超低分子化)して、導入剤の役割を果たし、その他の美白ケア成分をデリケートゾーンの肌に浸透させています。この技術を使うことで、デリケートゾーンの黒ずみの美白化を実現しています。

1) 美白成分を3種配合

・トラネキサム酸(主剤)
・アルピニアカツマダイ種子エキス
・党参抽出物加水分解液

トラネキサム酸とは

デリケートゾーンのシミを防ぐために、メラノサイトという細胞が、下着などのコスレでダメージを受けたデリケートゾーンの肌に、メラニンを作れという情報を送ります。

トラネキサム酸は、その情報をブロックしてメラニンをつくらせないようにし、シミやそばかすを防ぐ働きをします。

2) グリチルリチン酸2K:黒ずみの原因となる炎症を防御

黒ずみの原因は肌への刺激によって引き起こされるメラニン色素の沈着によるものです。

この下着の擦れやムダ毛の処理で引き起こされる炎症を防いぐ役割を果たすのがグリチルリチン酸ジカリウム2Kです。

3) 保湿成分と透明感、エイジングケア、肌の保護のために

・トリプルヒアルロン酸(保湿成分)
・エクトイニン
・アマチャヅルエキス(アクアポリン活性成分)

保湿効果と、角質内の水分の“通り”をよくする成分で、肌の潤いを長時間にわたって保ち、しっとりとした肌に整えてくれます。

加えて、天然由来成分、シルバーパイン果実エキスやリポソーム化カンゾウ葉エキスなど11種類を配合しているので、ツルツル・スベスベの肌になってきます!

1.2 ヴィエルホワイトのデメリット

ヴィエルホワイトの定期コースで購入の場合には5回縛りがあることです。

詳しくは⇒ヴィエルホワイト!こすれに弱い極うす肌のアソコの黒ずみに!

2. イビサクリームのメリットとデメリットは?

2.1 イビサクリームのメリット

デリケートゾーンの黒ずみ対策として開発され累計販売本数13万本という人気の美白クリームです。 このクリームには、ヴィエルホワイトと同様にトラネキサム酸という成分が含まれており、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

つまり、この成分によってデリケートゾーンの肌の黒ずみを薄くするというわけです。その結果、あなたのデリケートゾーンの黒ずみが徐々に美しいピンク色になっていきます。

1) 美白化成分

今述べたように、イビサクリームにはトラネキサム酸を配合されています。

トラネキサム酸とは、美白効果を持つことでも知られており、シミ対策用の化粧品などによく使われていることから、美白=トラネキサム酸というイメージがあります。

更に、4種の天然由来成分、大豆エキスやオウゴンエキスなどを配合し、美白化を後押しています。

2) 黒ずみの原因となる炎症を防御

ヴィエルホワイトと同様にグリチルリチン酸ジカリウム2Kが配合されています。

Vラインなどムダ毛の処理の後に荒れる肌てしまったり、ぽっちりニキビができて悩みを抱えている人もいると思います。

黒ずみの原因はデリケートゾーンの肌への刺激、それによって引き起こされるメラニン色素の沈着です。

下着の擦れやムダ毛の処理で引き起こされる炎症を防御するのがグリチルリチン酸ジカリウム2Kです。

3) ダメージケア

8種の潤い成分、乳酸ナトリウムやヒアルロン酸ナトリウムなどであなたのデリケートゾーンに潤いを与えることで、ダメージケアを実現しています。

2.2 イビサクリームのデメリット

返金保証の期間が28日と短いことですね!

詳しくは⇒イビサクリーム!デリケートゾーン(お股)の黒ずみを美白にできるのはホント?

3. 全成分を徹底的にチェック!特徴と副作用の可能性は

3.1 ヴィエルホワイト

1) ヴィエルホワイトの全成分

トラネキサム酸グリチルリチン酸2K、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、アルギニン、POE硬化ヒマシ油、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE,ステアロイルフィトスフィンゴシン、ジラウロイルグルタミン酸、リシンナトリウム液,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、エクイトン、油溶性甘草エキス、水溶性コラーゲン-4、加水解コラーゲン末、アーティーチョークエキス、アセチルチロシン、牡丹エキス、葛根エキス、プルーン酵素分解物、テンニンカ果実エキス、3-Oエチルアスコルピン酸、シルバーパイン果実エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アマチャヅルエキス、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カンゾウ葉エキス、党参抽出物加水分解液アルピニアアカツマダイ種子エキス、カモミラエキス-1、フェノキシエタノール、香料、法定色素、精製水

参照元:ヴィエルホワイトの公式サイト

2) ヴィエルホワイトの特徴と副作用の可能性は?

ヴィエルホワイトに配合されている美白成分のトラネキサム酸や、グリチルリチン酸2Kは、多くの化粧品で使われていて安全性が確認されていています。

その他の配合成分として

美白サポート成分(3種)、保湿・潤い成分(3種)、エイジングケア成分(3種)、透明感成分(天然2種)、保護・バリア成分(3種)が配合されています。

肌に刺激や負担となるものは、配合されていないので副作用の心配もなく安心して使用できます。

ただし、アレルギー体質の方は、成分を詳しくチェックしてください。

詳しくは⇒デリケートゾーン黒ずみケア美容液【ヴィエルホワイト】

3.2 イビサクリーム

1) イビサクリームの全成分

有効成分:トラネキサム酸グリチルリチン酸ジカリウム2K
その他の成分:ヒアルロン酸ナトリウム(2) シロキクラゲ多糖体 ローズ水 乳酸ナトリウム液 オウゴンエキスシクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール サクラ葉抽出液 カモミラエキス(1) ダイズエキス メチルフェニルポリシロキサン 1,3−ブチレングリコール  ポリアクリル酸アミド 1,2−ペンタンジオール 軽質流動イソパラフィン グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル グリセリン脂肪酸エステル グリセリン 1,2−ヘキサンジオール ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)エデト酸二ナトリウム フェノキシエタノール 精製水

参照元:イビサクリームの公式サイト

2) イビサクリームの特徴と副作用は?

美白成分としてトラネキサム酸、炎症を鎮めるグリチルリチン酸2K、メラニン生成を抑える植物成分4種、厳選された8種の潤い成分など、デリケートゾーンの黒ずみを徐々に薄く白くしてくれます。

トラネキサム酸は、黒ずみを薄く、そして美白してくれる漂白効果が期待でき、グリチルリチン酸2Kは、肌が炎症を起こして色素沈着を起こすことを防いでくれます。

植物成分4種は、メラニン生成を抑える効果が高いものが厳選されていますし、8種の潤い成分も、厳選された保湿効果が高まるものばかりです。

これらの成分により、あなたのデリケートゾーンが美白へと変化していきます。

最近は、美白になるというので、人気の高いイビサクリームです。

あなたの気になる保湿用の成分も高配合

イビサクリームの保湿成分は凄い!

肌の保湿を保つことは黒ずみだけでなく、肌のシワ・シミ・臭いなど非常な重要です。

イビサクリームには8種類の保湿成分を配合していて、デリケートゾーンなど肌に潤いをもたらしてくれます。

基本的には、イビサクリームに配合されている成分は、植物由来成分であったり、既に多くの化粧品などにも配合されている安心なものばかりです。

なので、副作用の心配はありません。

ただし、アレルギー体質の方は、成分を詳しくチェックしてください。

詳しくは⇒デリケートゾーンの黒ずみ対策ジェル!【イビサクリーム】

4. 悩み別や世代での人気の違いはある?

4.1 ヴィエルホワイト

具体的な口コミをみると20代から50代が多いです。

また、ヴィエルホワイトには、エイジングケア成分が含まれていることから、比較的年齢が高めの方も使用しているようです。

4.2 イビサクリーム

口コミなどをみると比較的若い世代に人気があるようです。主に20代から40代の方の利用が多いようです。

5. 妊娠中、授乳中でも問題ない成分なの?

1) ヴィエルホワイト

記載なしで不明です。

2) イビサクリーム

妊娠中の場合は専門医にご相談の上、使用を検討してくださいとのことです。

6. デリケートゾーンの黒ずみ対策に優れているのは、どちら?

どちらにもメインの美白成分としてトラネキサム酸が配合されていますので、基本的には、同じです。

7. 価格や返金保証から見た違いは?

両商品とも5回まで使用した場合は、ヴィエルホワイトのほうがお得ですが、5回未満だとイビサクリームのほうがお得になります。

また、返金保証は、ヴィエルホワイトが120日に対してイビサクリームは、28日となっていて、ヴィエルホワイトのほうが良いでしょう。

1) ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイト公式サイトの通常価格:9,960円(税抜、送料500円)

ヴィエルホワイト公式サイトの定期コース:初回980円(税抜、送料無料)、2回目以降:4,770円(税抜、送料無料)

ヴィエルホワイト公式サイトの定期コースには、5回縛りがあります。このため、5回合計の金額は:20,060円(税抜、送料無料)となります。

更に、クレジットで定期コースの場合:初回980円(税抜、送料無料)、2回目以降:4,570円(税抜、送料無料)と定期コースで購入のばあいの5%引きになるようです。同様にクレジット購入の場合の5回合計金額は:19,060円(税抜、送料無料)となります。

2) イビサクリーム

イビサクリーム公式サイトで定期コースで購入:4,970円(税抜、送料無料)

イビサクリーム公式サイトで定期コースでクレジットでの購入:4,470円(税抜、送料無料)

※「集中ケアコース」約31日間隔で商品をお届けする自動配送プランで、2回目以降も継続して4,970円(税抜、送料無料)で提供となります。

また、商品に満足してもらいために最低2回(2ヶ月)以上のご継続が必要になっています。

8. ヴィエルホワイトかイビサクリーム選び方のコツは?

・ 香料やアルコール、鉱物油などは肌の刺激リスクとなる成分

特にデリケートゾーンは皮膚は薄くダメージを受けやすい為、これらの添加物成分が肌を刺激し、悪化するリスクも考えられます。その為、余計な添加物は配合されてない商品がおすすめです。

この点では、ヴィエルホワイトもイビサクリームも問題ないです。

・ クリームタイプ

保湿力が高く長時間、肌を摩擦や刺激から守ることができます。

美容液やジェルに比べ、アルコールなどの配合がないのもクリームタイプの利点です。

こちらは、イビサクリームのほうが良いでしょう。

9. まとめ

どちらにもメインの美白成分としてトラネキサム酸、そして肌の調子を整えてくれるグリチルリチン酸2Kが配合されていますが、他の成分についてはそれぞれに違いがあります。

ヴィェルホワイトのほうは、トラネキサム酸の他に集中美白成分が2種、保湿成分3種、保護バリア成分3種、エイジングケア成分3種、透明感をもたらす天然成分2種が配合されています。

天然成分をリポゾーム化(超低分子化)し、肌の奥まで美白成分を浸透させて黒ずみを良くしていくのが特徴です。

こちらは、毛穴や肌のかさつきにも使えるので、保湿にかなりの自信を持っている商品と言えます。

イビサクリームのほうは、美白成分のトラネキサム酸と肌を整えるグリチルリチン酸2Kの他に、メラニン生成をストップさせる天然由来の成分4種、厳選された8種類の保湿成分が配合されています。

肌を整えて理想的な肌のサイクルに整えてくれる美白クリームです。

さらに、デリケートゾーンの肌への優しさを考えて、合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコールなどは無添加のクリームとなっていますので、敏感肌の人でも安心して使えます。

ヴィエルホワイトのほうも同様に着色料・紫外線吸収剤・動物性原料・シリコン・パラベンは無添加で刺激の少ない成分となっていますが、合成色素(タール色素)と香料が若干含まれています。

超敏感肌の方や色素や香料が苦手だという人はイビサクリームを選択すると良いでしょう。

公式サイト⇒デリケートゾーンの黒ずみ対策ジェル!【イビサクリーム】

普通肌や香料に特にこだわらない人は、ヴィェルホワイトを選択すると良いでしょう。

公式サイト⇒デリケートゾーン黒ずみケア美容液【ヴィエルホワイト】

 

コメント