浮き出る血管(ハンドベイン)対策!外科手術以外の方法の噂は本当?

2019年11月23日に記事を更新しました。


浮き出る血管(ハンドベイン)対策!外科手術以外の方法の噂は本当?


あなたは、父親や祖母の手の甲を見たことがありますか?

大抵、父親だと50代すぎころあるいはそれ以前から、血管が浮き出ているのに気が付いていませんでしたか?

特に、父親が痩せているとこの手の甲の血管が凄く目立つっていると思います。

また、祖母がいらっしゃる場合にも、ある程度、年齢がいっているとやはり、あなたの父親と同様な手の甲の血管が受機出ている場合が多くなります。

勿論、あなたの祖母が或る程度、太っている場合には、それほど、手の甲の血管が浮き出ているなんてことはないかもしれませんね。

ただ、あなたの父親や祖母などで手の甲の血管が浮き出るのをみたことがなくても、他の人の手の甲に血管が浮き出ているのは見たことがあると思います。

このような血管が浮き出ている状態のことをハンドベインと呼んでいるそうです。

勿論、ハンドベインと名前がつけられていますが、病気というわけではないそうです

さて、このハンドベインとはなんなのかについて、詳しく説明していきますね。

ハンドベイン(浮き出る血管)とは

ハンドベイン(浮き出る血管)とは、下図にしめすように、手の甲の血管が浮き出た症状をいいます。

 

あっ、これだと、見たことがあるって思いませんか?

もし、これが、あなたの手の甲だとしたらどうしますか?

絶対に、なんとかしたいとおもいますよね。

ところが、この病気ではない症状を良くするためには、今までは、外科的な方法しかなかったんですよ。

外科的な治療法を説明する前に、何故、このような血管が浮き出るのかという原因について説明しますね。

ハンドベイン(浮き出る血管)になる原因とは?

ハンドベイン(浮き出る血管)になる原因には、主に3種の原因があると言われています。

・ 肌の老化による手の甲の皮下脂肪の減少:コラーゲンやエラスチンの減少が主な原因

・ 紫外線による皮膚の老化

・ 血管老化による弾力不足で血管の皮膚が厚くなる

それでは、それぞれの原因について詳しく説明していきますね。

肌の老化による手の甲の皮下脂肪の減少

肌の老化による手の甲の皮下脂肪の減少は、何故おきるのでしょうか?

年齢とともに肌の弾力の元である、肌の真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、肌の細胞を生成する力も徐々に失われることになり、手の甲の表皮が薄くなってしまいます。

当然の事ですが、手の甲の肌が薄くなれば、そこに流れている血管が目立つのは仕方のないことです。

そして、特に女性の場合は女性ホルモンの影響が重なります。

女性ホルモンは真皮のコラーゲンの生成を促進させる働きがありますが、しかし、下図に示すように20~30代をピークにして、40代(下図のピンクが急激に減少している位置が40代です)で激減すると言われています。

⇓参照元⇓

このため、コラーゲンの分泌量も減少していきますし、当然の事ですが、肌の新陳代謝も行われにくくなります。

そして手の甲の肌の皮膚にある皮脂腺の力も弱くなってきます。このことにより、本来は皮脂によって肌を柔らかくしていたことが、この皮脂の生成もできにくくなってしまい、手の甲にたるみガ失われてしまいます。

本来であれば、女性の手はふっくらとしているのですが、結果として、皮膚が薄くなってしまうので、血管の太さが目立つようになってしまいます。

具体的には、若くても、下図のような老け手にみえるようになってしまいます。

当然の事ですが、こんな手の甲は願い下げですよね~!

手の甲への紫外線や炎症などの肌ダメージ

1) 紫外線による影響

手の甲は、前述したように2番目に紫外線が多く当たる場所です。

このため、この紫外線を長年、受け続けていると、手の甲の肌のシミ、シワ、たるみの原因となります。

更に、手の甲の肌の新陳対処が上手く行われなくなる要因ともなってきます。

手の甲や顔と比較して、もっとも紫外線の当たらない部分であるお尻などは、殆ど年齢による差が見られないとのことです。

これほど、紫外線の肌への影響は大きいことが分かりますよね。

従って、手の甲は2番目に紫外線を受けやすいので手の甲の肌は、徐々に老化の道をたどっていきます。

そして、手の甲の表皮も薄くなってきて、血管が浮き出てしまいます。

2) 手の甲の炎症

手の甲の乾燥などによる炎症は手の甲の皮膚の肌を老化へと導いてしまいます。

当然の事ですが、炎症をが起きている肌は、他の炎症がおきていない場所に比べるとハリが無くなってくるのが分かります。

ちょっとした炎症で、放置しておいても問題ないと思って、そのままの状態とままにしておくだけでも、手の甲の肌の老化が進んでいることに気が付くべきです。

この手の甲の何気ない炎症でも手の甲の肌の老化の原因となるので、やはり、手の甲の血管が浮き出てきてしまいます。

血管の老化によるもの

血管自体も老化していきます。

通常は、血管の老化は年齢とともに進行していくのですが、食生活のかたより、例えば、肉ばかりの偏った食事とか夜寝る時間が遅いなど生活習慣の乱れにより、手の甲の静脈の血管の弾力がなくなってしまいます。

勿論、年齢とともに徐々に血管の壁が厚くなってきて、血管自体の弾力がなくなってきます。

そして、厚みをました手の甲の血管は当然のことですが血管が太くなります。

なので、手の甲の血管が浮き出ることになります。

このようなハンドベイン(浮き出る血管)の対策には、なにがあるのでしょうか

以上述べた原因による手の甲のハンドベインになった場合の秘策には、何があると思いますか?

基本的には、外科的な手術が一般的だそうです。

主な処方としては、下記の対処があるようです。

① 体外照射タイプレーザー(経皮的レーザー)
② 硬化療法(プレーン、フォーム)
③ 血管内レーザー治療
④ ヒアルロン酸注入療法

いずれも病院等の医療機関での対処になります。

勿論、ハンドベイン(浮き出る血管)は病気ではありませんので、当然、保険はきかないと思ってください。

美容外科の範疇とおもいますね。

しかし、安心してください。

最近、このハンドベイン(浮き出る血管)の原因だけに特化した手の甲専用の商品ができているようです。

今は、非常に人気の高い商品となっていて、生産がおいつかないぐらいの人気だそうです。

しかし、メーカー側でもできるだけ早く、購入者にとどけるべくフル生産しているとのことです。

なので、もし、興味があるなら、今すぐに申し込んでほしいとのことです

ついつい、うっかり、商品名を言うのを忘れてしまいました。

その商品は、東証一部上場企業の北の達人コーポレーションが開発しているハンドピュレナという商品です。

勿論、東証一部上場の会社なので、安心して使用することができますよ!

詳しくは公式サイト→老け手用ハンドケアクリーム『ハンドピュレナ』

3. ハンドピュレナのハンドベインに対応した対策とは

上記のべた手の甲の血管が浮き出る原因の3つに特化した処方で対処しています。

肌の老化による手の甲の皮下脂肪の減少への対策

手の甲の皮下脂肪の減少には【3Dボリュームセラー】【スイゼンジノリ多糖体】【クロレラエキス】成分配合することで、ふっくらとした手の甲になるようしたてあげています。

1) 3Dボリュームセラー成分を配合することによる手の甲の皮下脂肪の減少への対策

ハンドピュレナに配合されている、弾力成分の一つ3Dボリュームセラー

成分名は「ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン」という非常に長い名称ですね。とても覚えきれません。

しかし、この成分には、しわ対や肌の老化に良い働きができると言われていて、特に、手の甲に良いとされています。

つまり、手の甲の肌の内側に働きかけることにより、加齢によって痩せてしまった手の甲を柔軟性のある柔肌に変えることができる可能性があると言われています。

「ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン」には、新規にできる脂肪細胞のができるのを助けたたり、脂肪細胞の数を増やす働きがあるとといわれています。

更に、脂肪細胞から油分が抜けてしまうのを防ぐはたらきもあり、手の甲の肌の膨らみを現状のままとすることもできるとのことです。

2) 水前寺海苔から抽出したエキスによる高い保湿力を活かした対策

スイゼンジノリ多糖体とは、スイゼンジノリ(水前寺海苔)という藻から抽出された保湿成分の名称です。

水前寺海苔は、九州の一部だけにしか生えていないと言われている希少な植物で、ミネラルをたっぷりと含んでいるそうです。

この水前寺海苔は、非常に澄み切った湧き水でしか生息できないという植物だそうです。

なので、非常に希少な藻と言われています。

さらに、保水力のすごさですね!

実際に保水力はヒアルロン酸の10倍ともいわれています。

しかも、この保水したままの潤いを長時間保持するといも言われている保湿成分です。

スイゼンジノリ多糖体は、分子量1600万にも達する高分子成分のため、角質層の内部には入り込むこともなく、手の甲の肌に幾重にも重なった自然の保護膜を作り上げていきます。

なので、手の甲の肌を保護する働きをします。

この水前寺海苔エキスの保湿力が、手の甲の皮下脂肪減少を防ぐ対策になります。

更に、スイゼンジノリ多糖体は、塩分と結合することによって、粘り気が倍加すると言われいて、手の甲の肌に密着する力も倍加するようです。

当然の事ですが、手の甲に汗による塩分がよりよく、粘り気を維持することになり、長時間、手の甲の肌を保護してくれます。

参照元:当ブログのハンドピュレナ!手の甲の老けて対策

手の甲への紫外線や炎症などの肌ダメージを良くするための対策

1) 紫外線による影響に対する効果の高い対策

水前寺海苔エキス配合による紫外線による肌の老化を防ぐ対策

スイゼンジノリ多糖体の一つの特徴として

紫外線など外的刺激にたいして、プロテクトベールを作ることによって、紫外線などによる肌の老化を防ぐことができます。この性質を生かして、肌のひかり(紫外線)による老化を防ぐことが、肌老化の対策になります

参照元:当ブログのハンドピュレナ!手の甲の老けて対策

2) 手の甲への炎症などの肌のダメージに対する秘策

マンダリンオレンジ果皮エキスで、肌に受けた様々なダメージに対して手の甲の肌を美しく維持する働きがあります!

マンダリンオレンジ果皮エキスは、抗酸化性といった性質、働きを持っており、角質部分のキメ、ツヤを向上するのに良いとされていて、一般的に皮膚のダメージを修復するといった目的で使用される成分と言われています。

このマンダリンオレンジの性質を生かしたのが、肌ダメージに対する対策になります。

 

3.3 血管の老化に対する対策

【ナツメヤシ種子エキス】と【クダモノトケイソウエキス】で、老齢化に伴って、徐々に血管の弾力が失われることによって血管が太くなることを防いでくれます。

・ ナツメヤシ種子エキス成分の特徴

ナツメヤシ種子エキスは、血流の流れ悪化することによって、生じてくる血管の膨張に有効的な成分で、血液の流れをよくする働きがあります。

特に、手の甲の血管が目立つ原因である血管の拡張を防ぐために威力を発揮します

この性質を生かして、血管の老化による血管の拡張を防ぐ対策になります。

・ クダモノトケイソウエキス成分の特徴

クダモノトケイソウエキスは、熱帯で育つパッションフルーツの果実から抽出されるエキスです。

このエキスの成分には、ビタミンとミネラルがバランス良く含まれています。

リンパ管様構造の形成を促進する働きや皮膚微小リンパ管内皮細胞を増殖させる働きがあり、リンパ液の流れを良くするとのことです

リンパ液の流れが良くなることで、体内に溜まった老廃物や余分な水分をスムーズに排出できるようになります。

老廃物など不要なものを外に排出する力が向上するので血行の流れを良くし、リンパ機能の低下によると言われている手の甲の肌の老化を防いだりや肌トラブルによる手の甲の肌の老化の手助けを行う対策になります。

詳しくは公式サイト→老け手用ハンドケアクリーム『ハンドピュレナ』

参照元:当ブログのハンドピュレナ!手の甲の老けて対策

3.4 ハンドピュレナの全成分

念のため、ハンドピュレナの全成分を書き出しておきますね。

水、BG、グリセリン、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、ナツメヤシ種子エキス、スイゼンジノリ多糖体、クロレラエキス、ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸、クダモノトケイソウ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、アスコルビン酸、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、ヒドロキシプロリン、アルギニン、ベタイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ベルガモット果実油、レモン果皮油、ラベンダー油、カニナバラ果実油、酢酸トコフェロール、トコフェロール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、キサンタンガム、セルロース、カルボマー、ジメチコン、シリカ、乳糖、水添レシチン、ステアロイルグルタミン酸Na、デカステアリン酸ポリグリセリル-10、PEG60水添ヒマシ油、ウンデシレン酸グリセリル、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄

参照元:ハンドピュレナ公式サイト

アレルギー体質の方は、成分を詳しくチェックしてください。

ハンドピュレナはどこで一番お得に購入できるの?

ハンドピュレナは、楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなど大手のネット通販では、販売していません。

また、近くにある大手のドラッグストア、マツキヨやHAC、クリエイトでは販売されていませんでした。

なので、ハンドピュレナを購入するには、ハンドピュレナの公式サイトのみとなります。

具体的には、

・ ハンドピュレナのお試しコース

通常価格3300円のところ10%OFFの2970円で購入できます。

なお基本コース、年間コースはお試しコースよりも割引率が高いですが、お試しコースには他のコースには無いメリットがあります。

初回のみで解約することができる

ハンドピュレのお試しコースは毎月自動的に商品が届けられる定期コースです。

しかしながら割引のある定期コースにありがちな購入回数の縛りがありません。

だから初回のみで解約することも可能で、解約も専用フォームからwebで簡単にできるので、実質的には通常価格で購入するのと変わりません。

お試しコースでハンドピュレナを購入した場合には全額返金保証があります。

ハンドピュレナの全額返金保証は万が一ハンドピュレナを使ってみて商品に満足ができない場合にはハンドピュレナを返品することができる制度です。

・ お試しコース以外にも二つのコースが用意されている

いずれの場合も全額返金保証制度がついていないので、まずは、パッチテストをかねて、お試し定期コースを申し込んだ方が一番最安値でお得に購入することができます。

その後で、特に問題ないようであれば、他の割引率の高いコースへと移行するのが良い方法になります。

・ ハンドピュレナの公式サイトでは単品での購入も可能

もちろん1本ずつ通常価格(3300円)で購入することもできます。

公式サイトでハンドピュレナを購入した場合には通常購入でも全額返金保証がついています。

しかしながらハンドピュレナを初めて購入する場合には、初回のみで解約が可能で、割引、全額返金保証もあるお試しコースのほうがお得です。

参照元:当ブログ内の記事になります

浮き出る血管(ハンドベイン)のまとめ

以上のべてきたように、手の甲の血管が浮き出るようになった場合には、外科的な処置をとらずに、ハンドベイン(浮き出る血管)の原因に特化して開発されたハンドピュレナを使用するのが良いのではないかと思います。

勿論、肌のターンオーバーとも密接に関係していることもあり、最低でも3か月は見ておく必要がありますが、外科的な対処が不要なので、安心して使用することができます。

ハンドピュレナの成分も基本的に植物由来成分で構成されているので、アレルギー体質の方は、注意が必要ですが、アレルギー体質の以外の方は安心して使用することができます。

但し、ハンドピュレナはての甲の肌対策に特化して開発された商品なので、手の甲以外は使用できないので注意が必要です

 

手の甲の血管が浮き出るタ場合には、ハンドピュレナを使用して、美しい手をゲットしましょう。

詳しくは公式サイト→老け手用ハンドケアクリーム『ハンドピュレナ』

コメント

  1. […] 詳しくは→ハンドベインとは何? […]