楽天自転車保険!わが子と家族の高齢者などの自転車事故に備え、加入必須の理由は!


 

楽天自転車保険でわが子がおこした自転車事故への対策と家族がおこした自転車事故への対策に必須だと思います。

特に、子供は、周りを気にせずにスピードを出しがちです。

万が一高齢者にぶつかった場合には、高齢者ということも大事故に繋がる可能性もあります!

勿論、我が子や家族が自転車事故にあったときの対策としても自転車保険は重要です。


 

あなたは、ここ最近、自転車での事故が、急増していると報道で聞いたことがあると思います。

先日も、テレビで女子大生がスマホを見ていて、高齢者のぶつかり相手の方がなくなった事故の裁判の判決結果の報道がありました。

このように、スマホを見ながらの自転車事故も増えていると報道されていました。

勿論、スマホ以外でも、歩道を高速で走っていて事故を引き起こしたということも多いです。

詳しくは報道されていませんが、基本的には、あまり、前を見て自転車を運転していないために事故につながっているようです。

勿論、あなたも含めてあなたの家族が自転車事故を起こさないのが、一番良いと思います。

しかし、自動車事故ほどではないにしても、自転車事故が増えているのは事実です。

あなたやあなたの家族が自転車事故の加害者になっても被害者になっても保証があるとある程度は安心できますよね!

そんなあなたやあなたの家族を守ってくれる自転車保険があります。

それは、楽天自転車保険です。

⬇ ⬇詳しくは、下記の公式サイトで確認してください

 

事故を起こさないことが、肝心ですが、それでも事故はおきてしまいます。

あなたも無関係では、ありませんよ。

あなたが、自転車を運転する限り、あなたが事故をおこしたり、あなたの家族、特に、子供が自転車の事故の加害者になることもあります。

1. 我が子が事故をおこしても、親に責任がふりかかってくる!

自転車による加害者の事故があなたの子供でも、訴えられることがあります。

万が一、事故により、相手が重症であったり、死亡したりするような事故を子供が引き起こすとその責任は、子供の親、すなわちあなたにのしかかってきます。

具体的な事例でも、1億円以上の支払いを命じられたこともあるようです。

このような場合には、当然、支払うことがほぼ不可能になり、自己破産するしかないです。

実際に、この事例の場合には、やはり、自己破産したようです。

でも、よく考えると、自分たちが自己破産したとしても相手側が納得するわけではありません。

結局、親子で一生、相手側に償っていく必要があります。

スポンサードリンク




2. 私の実際の危ない自転車での経験

わたしが、住んでいる横浜は、坂道が多く、かつ、急であるのがほとんどです。

時々ですが、

1) わたしが、自宅に帰るために坂道を歩いて登っていくと

小学高学年の子供が、自転車で猛スピードで降りてくることもしばしばです。

本当に、ぶつかったら、大けがをするのではないかと何度も思いました。

子供用の自転車といっても、大きさが多少、小さいだけで、スピードは、少なくとも急坂なので30Km以上は出ているのではないかと思いました。

しかも、道路の幅も狭く、曲がりくねっていて、突然、自転車が来るというような状況でした。

小学生は、まだ、子供ですから、事故をおこすかどうかの判断ができていないと思いましたね。

だから、子供にいくら、スピードをださないようにと注意していても、難しいと思います。

多分、この坂道は子供の通学路になっているので、親も注意しているのではないかと思います。

だけど、親は、子供がこれほどスピードを出しているのを知らない可能性が高いです。

それでも、事故をおこすよりは、本当に、幾度も幾度も注意するしかないと思います。

2) わたしが、通る道の交差点付近

信号待ちをしている人たちが、いっぱいいるにもかかわらず、もうスピードで自転車をこいでいる中年の女性もいて、本当に、ぶつかりそうになったこともあります。

だから、スピードを出すのは、子供だけではなく、女性も多いです。

この交差点は、若い人が自転車に乗っているのは、少なく、中年の女性が多いのが特徴です。

かなり、遠くから、猛スピードで交差点に入ってきます。

どうみても、その女性は、事故を起こすなんて考えていないと思いました。

男性もたまには、スピードを出している人もいますが、それほど多くはないです。

このようにスピードをだすひとたちは、事故のことをまったく、考えていないと思います。

さすがに、スマホをみながら自転車を運転している人はみかけたことがありません。

特に、この交差点は、娘の保育園の送迎で使用しているので、本当に怖いです。

3) 報道で、重大事故を起こした女子高校生の場合

相手が死亡してしまったということもありました。

この報道は、最近の女子大生の報道とは別です。

この時には、やはり、男性が自転車事故で最悪の事態になったと報じていました。

いずれの場合にも、被害者が高齢で、頭を強く打って最悪の事態にということです。

やはり、高齢ということもあり、とっさの対応もしにくく、倒れて頭を打ってしまうのではないかと思います。

勿論、若い人でも事故に巻き込まれた事例もあるようです。

自転車の事故件数は少ないと思いますが、自動車ほどではないと軽い気持ちで乗っていると想像以上の事故に繋がる可能性があります。

たかが、自転車でと思いますが、スピードをだしていなくても、年寄などの場合には、ぶつかって、倒れ、打ちどころが悪い場合などに最悪の事態が発生するということを頭に入れて運転しましょう!

スポンサードリンク




3. 家族の自転車事故への対策

今まで述べてきたように、自転車は、危険な乗り物と理解すべきです。

勿論、車も危険ですが、自転車は、歩道も走りますし、交差点の信号無しもあります。

事故の危険率は、非常に高くなっています。

絶対、あなたは、大丈夫と思っていてもあなたの家族が事故を起こしてしまったら、大変なことになってしまいます。

自転車の事故にあわないことや加害者にならないことは、非常に重要です。

しかし、車の事故ほどではないにせよ、事故に巻き込まれたり、加害者になる可能性があります。

特に、交差点での事故には、注意が必要です。

やはり、事例をみると交差点での事故が多いように思います。

自転車なので、簡単に、最短な道を渡ろうとします。

実際に、私なども、以前は、信号無視をしたり、斜めに渡ったりなどもしていました。

最近は、基本的には、スピードもださないようにしていますし、特に、人混みの多い交差点では、歩いたり、スピードを極端に落としたりして、事故を起こさないように気をつけています。

しかし、油断していると注意が散漫になることもあります。

やはり、四六時中、緊張状態で自転車をのるのは、難しいと思っています。

最近は、私の娘も6歳になり、子供自転車に乗っているので、そろそろ娘にも注意するように言い続ける必要があると思っています。

まだ、本当に、小さいサイズの子供自転車なのとスピードをださないことや一人で自転車で、まだ、出かけることがないので、今の所は心配ないと思っています。

だけど、小学生になると自転車も大きくなるので、気をつけるように言い聞かせていかないかなって思っています。

なので、あなたも、あなたの子供がおこす事故に注意が必要なってきますよ。

小学高学年からかなりのスピードを出すようになります。

これは、私のマンションに住む子供の年齢をみているとわかりました。

実際、何度も繰り返しますが、この私が通行している狭い坂道は、バイクなども通りますが、どうみても、バイクよりスピードを出しています。

むしろ、バイクのほうが慎重に運転していますね。

それほど、子供の場合は、スピードに対して危険視していないと思います。

4. 今一度、家族で自転車の事故について話あってみるのもよいかも

あなたの子供には、絶対に、スピードを出さないこと、歩道をはしるときは、人がいたら、スピードをおとすことなど、くどいほど注意したほうがよいでしょう。

特に、坂道が多くて、狭い道路の場合には、子供の自転車の乗っている姿を点検するのも必要かもしれません。

基本的に、小学高学年になると一人で自転車で出かけることも増えてくると思います。

そんな場合が増えてきて場合には、しつこいほど注意したほうが良いと思います。

勿論、あなた自身も同様なことを守る必要があります。

・ 一番問題なのは、高校生以上になっている場合ですよね!

中々、注意しても聞き入れてくれなかったりして困ることになるかもしれません。

最近の報道をみると高校生や大学生の自転車事故が多いですね。

高校生までは、同居していることが多いと思いますので、ある程度、注意することができます。

しかし、大学生となると親元から離れていること多いと思います。

なので、注意する機会もない可能性が高いですね。といって、自己責任でというわけにもいかないです。

しかも、自転車保険は、同居の家族までしか補償していない可能性が高いと思います。

この辺は、徐々に保険の内容も変わってくるので、詳しく自転車保険を調べてみるのが良いと思います。

もし、同居の家族限定だった場合には、同居していない子供たちのためには、

別居している子供にも自転車保険に入ることがいいと思います。

後は、自宅に帰ってきた時に、自転車事故の恐ろしさを伝えることでしょうかね。

・ とにかく、高校生以上の場合には、スマホを自転車に乗っている間にも操作していることが多く、スマホにきをとられて事故をおこしているようです。

今回報道されている女子大生の場合もスマホにきをとられての事故でしてた。

歩きスマホも問題になっていますが、自転車もほぼ変わらない状況のようです。

事故をおこしてしまったら、とりかえしがつかなくなります!

事故がおきてしまってからでは、遅すぎます!

早め早めの対策を行なっていきましょう。

とにかく、できることは、なんでも行うことが大切です。

5. しかし、事故はおきるもの!そのための対策とは!

最近では、自転車の事故が増加というか深刻な事故で訴えられてという事象が増加してきているので、各保険メーカーが自転車に関する保険を発売しています。

特に、三井住友生命は、一番早く、自転車保険のサービスを開始しているようです。

自転車保険の特徴は、保険者本人が事故にあった場合には、保証してくれるようになっています。

特に、同居の家族が事故の加害者の場合にも保険を支払ってくれます。

相手側に対しては、あなたを含め、同居の家族が起こした事故に対して最高3億円以内を支払ってくれるようになっている保険まであります。

詳しくは三井住友生命のホームページを参照してください。

それ以外にも楽天も自転車保険を扱っています。

併せて検討してみてください!

実際の事故の保証金額は、保険金額に比例しているようです。

保険金額が安いようであれば、補償金額も安くなるので、この補償金額を含めて検討するのが良いと思います。

実際の判例では、1億円以上の賠償支払いの判決がでているのもあります。

そこまでもいかなくても、数千万円という判決は多くでているようです。

いずれにしても、一般的には、こんな高額な金額は支払うことは困難です。

なので、この辺を踏まえて自転車保険を決めるのが良いのではないでしょうか?

最近では、自動車の任意保険でも自転車保険の対象にできるものもあるようですので、自動車の任意保険の切り替えの際に検討するのも良いと思います。

ただ、保険金額が安いので、補償金額も低い可能性があります。

しかし、自転車保険に入ることが大事です。

 

事故を起こさないことが、肝心ですが、それでも事故はおきてしまいます。
このようなためにも、自転車保険に加入を勧めます。ぜひ、検討しましょう!

⬇ ⬇さて、前述した楽天の自転車保険については、下記の公式サイトを参照してください。

 

 

保険
気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価

コメント