ドライブレコーダー コムテック HDR360G 360°カメラ!事故自衛対策に!あおり運転抑止ステッカーが効果的?

 

 


 

ドライブレコーダー コムテック HDR360G 360°カメラ!煽り運転などの事故からの自衛対策に!あおり運転抑止ステッカーが効果的で非常に役立つと言われています!


 

最近は、かなり当たり前になっているドライブレコーダー。

色んな場面で役立つことが、テレビなどで放映されています。

そんな放映を見て、車にドラブレコーダーを設置したいと思っている方は多いと思います。

しかし、実際に、どんなタイプのドラブレコーダーが良いのか分からないと思うのが実情ではないでしょうか。

ドラブレコーダーには、ピンからキリまであるようです。

それに伴って、値段も非常に手ごろなものから高価なものであります。

最近では、前後左右が撮影されるドラブレコーダーに注目が集まってきているようです。

理由としては、後方は、煽り運転、左右は、横からの追突対策、そして、信号無視対策などのようです。

私も、色々、どれが良いか探してみました。特に、このドラブレコーダーの進歩は早いので、選ぶのにも困ってしまいます。

ところが、偶然、私も欲しいなと思っていた、相応しいドラブレコーダーをネットで見つけました。

それは、最近発売されたドライブレコーダー コムテック HDR360G 360°カメラです。

これ一台で、360度撮影できるという非常に便利なドライブレコーダーというので、非常に気になってしまいました。

この気になるドライブレコーダーを今すぐチェックしたい方はこちらをクリック→【新商品】ドライブレコーダー コムテック HDR360G 360°カメラ 前後左右 日本製 3年保証 ノイズ対策済 常時 衝撃録画 GPS搭載 駐車監視対応 2.4インチ液晶

次に、ドライブレコーダー コムテック HDR360G 360°カメラについて説明していきます。

1. 最初に、ドライブレコーダーとは

ドラブレコーダーとは、車を運転中に車の前後左右の方向の映像を撮影するものです。

撮影された映像は、普通、記録媒体 microSDHCに保存されるのが大半です。

撮影時間は、記録媒体の容量に依存しますが、12時間から24時間ぐらいです。

ドラブレコーダーの種類には、大きく分けて次のようなものがあります。

・ 前部方向のみ撮影する

・ 前部、後方の撮影をする

・ 360度の方向を撮影する

次に、それぞれのドライブレコーダーの特徴について説明していきます。

2. 前部方向のみ撮影するドライブレコーダー

車の進行方向のみを撮影します。

なので、前方での事故だけの対策に向いています。

煽り運転には役立ちません。

値段も安いです。

3. 前部、後方の撮影をするドライブレコーダー

最近は、ニュースでも取り上げることの多い煽り運転のためか、この後ろの方向を撮影できるのが人気の商品になっています。

勿論、項番2の前方のみのドラブレコーダーを後方につけるという方法もありますが、実際に撮影された映像をチェックするために二つの撮影情報を見る必要があり、検証が大変面倒です。

その点、こちらのドライブレコーダーは、一つの画面で前方、後方をチェックできるので使い勝手良いと評判になっています。

多くのドラバーがこの前方、後方を撮影できるドライブレコーダーを選択しているようです。

更に、もう一つ重要な点があります。

それは、画質の良さです。

意外に廉価版のドラブレコーダーを選択すると結局使い物にならないと後悔することになります。

なので、ある程度高額なドライブレコーダーを選択すると良いです。

そうは言っても、高額な値段でも、質の悪い物もありますので、ある程度名の知れたメーカー製のドラブレコーダーを選ぶのが良いです。

4. 360度の方向を撮影するドラブレコーダー

最近では、360度撮影できるドライブレコーダーも登場してきました。

これは、横からの衝突に非常に役立つとのことです。

5. ドラブレコーダーの選定基準

① LED信号対応

最近の信号機はLED化されています。

なので、LED化された信号機に対応したドライブレコーダーを選択します。

② 駐車中の撮影

ドライブレコーダーは走行中での撮影がメインになりますが、最近は、駐車場で駐車中の撮影もできるようになってきています。

駐車中に落書きなどのいたずらに対応できて便利です。

ドラブレコーダーの種類によってはオプションになっていることも多いです。

しかし、この駐車中も対応(オプション込みで)しているドライブレコーダーを選択します。

③ 撮影時間

標準では、12時間撮影できるSDカードが付属していることが多いです。

SDカード自体は安いので、あまり、時間にとかSDカードが付属にはこだわらなくても良いです。

但し、撮影時間に影響する容量の制限には注意してください。

だいたい、32GBまでのSDカードに対応しているドラブレコーダーが多いです。

勿論、64GBとかのSDカードも販売されているので、買いたくなるかもしれませんが、メーカーで標準でサポートしていない場合には、自己責任になるので注意してください。

④ 撮影方向

一番大事なことになります。

最低でも、前方と後方が撮影できるドライブレコーダーを選択しましょう。

最近では、360度撮影できるドライブレコーダーも登場してきました。

⑤ ドライブレコーダー設置ステッカー

ドライブレコーダーを設置してありますよっていうのが分るステッカーです。

このステッカーは意外と効果があるようです。

煽り運転で、このステッカーに気づくと煽り運転をやめたりすることもあるようです。

なので、このステッカーは重要です。

この360度撮影ドライブレコーダーは、横からの衝突に非常に役立つとのことです。

なので、これから購入する場合には、360度撮影できるドライブレコーダーを選択したほうが良いです。

ただ、後方の撮影には、まだ、夜などの暗いときにナンバープレートが撮影しにくいという欠点があるようです。

勿論、明るい時間帯は問題点はありません。

この点では、項番3の前方、後方に対応したドラブレコーダーに劣っているようです。

6. ドライブレコーダーの選択のまとめ

さて、ドラブレコーダーの種類とドライブレコーダーを選択基準について説明してきました。

今後とも、ドライブレコーダーの機能は進歩が早いと思っています。

しかし、躊躇している間にも事故に遭遇する危険があります。

なので、今、もっとも、効果的なドライブレコーダーを選択するのが、ある程度の期間が使用できると思います。

勿論、時期が早いという人もいるかもしれません。そんなあなたは、前方、後方の両方向を撮影できるドラブレコーダーを選択しても良いかもしれません。

しかし、私が、今選ぶなら、あらゆる方向の局面に対応できる360度撮影のドラブレコーダーを選びます

やはり、横からの衝突には、怖いものがあります。

勿論、事故にあわないことが一番大事なことですが、車社会ですから、事故に遭遇する確率は、低くてもゼロではありません。

安心・安全のために360度撮影対応のドラブレコーダーを設置したいと思います。

⇓ ⇓コムテックの360度撮影対応ドラブレコーダーはこちらをクリック

【新商品】ドライブレコーダー コムテック HDR360G 360°カメラ 前後左右 日本製 3年保証 ノイズ対策済 常時 衝撃録画 GPS搭載 駐車監視対応 2.4インチ液晶

仕様:参照元 コムテックの公式サイト

GPS+360°カメラ搭載
高性能ドライブレコーダー

・安心の日本製 製品3年保証
・360°前後左右全方位を記録 NEW
・垂直視野角も240°の広視野角 NEW
※垂直方向の視野角も180°以上。従来の360°ドライブレコーダーでは映りにくかった信号機もしっかり記録。
・駐車監視機能(オプション:HDROP-14が必要)
※駐車中も360度記録 NEW
※最大12時間録画可能:記録媒体 microSDHC(16GB同梱)、記録媒体容量 8GB~32GB
駐車中(エンジンOFF後)も常時録画!衝撃を検出し、前後の映像を記録します。
※HDROP-14は車両から直接電源も取れる為、付属のシガープラグコード、オプションHDROP-15(直接配線コード)などの配線は必要ありません。
・GPS機能搭載
※速度情報、位置情報の記録、表示。時刻自動補正。
・地デジやナビへの影響を抑えたノイズ対策済!
・夜でも明るく撮影
・2.4インチ液晶搭載!
※撮った映像をその場で確認できます。
・常時録画/衝撃録画/スイッチ録画/音声録音
・本体再生/テレビ再生(オプション:VC-100が必要)/パソコン再生(専用ビューワソフトはコムテック公式サイトから無料でダウンロードできます。)
・LED信号機対応
・12V/24V車対応
・ドライブレコーダー ステッカー HDROP-06 1枚同梱

コメント