バストケア 美肌スキンケア

セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームの違い比較!選び方のコツは?

投稿日:


 

セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームの違いについてバストケアの良さやコスパなど色んな角度から比較しています。更に、選び方のコツについても分かりやすく解説!


 

あなたが日ごろから悩んでいるバストのサイズについて、

バストケアができると人気の高い、

セルノートレスタリアージュ グラミーバストクリーム

下記の視点で比較してみました。あなたに相応しいバストケアの参考になればと思います。

・ バストサイズに変化をもたらす配合成分による比較

・ バストを美しくしてくれる配合成分の比較

・ コスパの良さの比較

などを中心に、他にも気になる視点で比較していますので、じゅっくりごらんください。

目次

1. セルノートのメリットとデメリット

1.1 セルノートのメリット

① バストアップノウハウDVD付き

セルノートの公式サイトから購入するとマッサージの方法などバストケア用DVDが付いてくるので、より効果的にセルノートを活用できます。

② 品質が保証されている

メーカー正規品を購入すると当然品質は保証されています。

③ アフタサポートが素晴らしい

セルノートを公式サイトで購入した場合に、少しでも疑問がある場合、メールで問い合わせると迅速に回答してくれるので安心して使用することができるようですよ。

1.2 セルノートのデメリット

・ プエラリア・ミリフィカ配合

セルノートの公式サイトでは

「直接体内に取り込むものではなくクリームなのでプエラリア・ミリフィカで健康被害に繋がることはありません」

と記載されています。

セルノートに関するブログ記事→セルノート!ガリガリのバストケアに良いとの噂はホント?口コミチェック!

2. レスタリアージュ グラミーバストクリームのメリットとデメリット

2.1 レスタリアージュ グラミーバストクリームのメリット

「レスタリアージュ グラミーバストクリーム」の大きなメリットは、安全性が高いというところだと思います。

プエラリア未配合で、天然由来成分のみが配合されているのに加えて、パラベン・アルコール・シリコンフリーという徹底していることもメリットですね!

そして、多くのバストの悩みに効果的であるということ。また、その効果を実感している人が多いこと。

・ バストの大きさ・形・色の悩みに効果的

・ デコルテ痩せに効果的

・ リフトアップ・バランスアップ効果が期待できる

・ バストの乾燥対策にも効果的

・ プエラリア未配合で安全性が高い

2.2 レスタリアージュ グラミーバストクリームのデメリット

・ 効果には個人差がある:これは仕方のないことですよね!

・ 即効性はなく、根気よく毎日ケアを続ける必要がある。これも、肌を良くするケアアイテムでは普通のことになります。

・ クリームの香りが苦手に感じる場合がある

レスタリアージュ グラミーバストクリームに関するブログ記事→レスタリアージュ グラミーバストクリームの最安値は?貧乳、ペチャパイの悩み解消!

3. 全成分を徹底的にチェック!特徴と副作用の可能性は

3.1 セルノート

1) 全成分

水、BG、グリセリン、ベンチレングリコール、水添ポリイソプテン、ハナスゲ根エキス、スクワラン、プエラリアミリフィカ根エキス、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、水溶性プロテオグリカン、ビルベリー葉エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス
アセチルヘキサペプチド-38、ダイズ種子エキス、ディオスコレアピロサ根エキス、ザクロ果実エキス、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリン)コポリマー、イソヘキサデカン、ポリソルベート80、オレイン酸ソルビタン、エタノール、フェノキシエタノール

注意事項:セルノートに含まれる全ての成分はパッチテスト済なので、アレルギーによる副作用リスクが極力抑えられています。パッチテストとは、皮膚アレルギー試験のことです。

参照元:セルノートの公式サイト

アレルギー体質の方は、成分を詳しくチェックすることをお勧めします!

2) セルノートの特徴と副作用は

① バストの脂肪量を増加させるというボルフィリン配合

ユリ科のハナスゲの根から抽出されたサルササポゲニンを原料としたフランス発のバストケア成分です。

臨床試験にて胸の脂肪量が8.4%UPすると立証されたそうです

ボルフィリンの持つ効果として、「脂肪増殖」があります。このボルフィリンを塗布することにより、脂肪細胞が増殖して、脂肪の量を増やすことができると考えられているのとのことです。

実はこのボルフィリンには、すでに明確な試験結果が存在しています。このボルフィリンを、「胸に塗布する」というかたちで行った研究です。

これは、18才~35才の女性30名を対象とした実験です。

その結果、サイズがAカップがBカップ弱ぐらいになるとの結果がでたようです。

ボルフィリンはアジアに生息している「ハナスゲ」と呼ばれる植物の根を由来としているので、安全性が高いです!

② ボルフィリンに勝るアディフィリン配合

アディフィリンとは、植物由来のアミノ酸を結合させた最新のバストケア成分です。

2か月間使用した時、ボルフィリンの1.5倍程度もの増加量が見られた、というデータもあるようです。

また、ボルフィリンの場合はある程度時間をかけて浸透していくのに対して、アディフィリンの場合はかなり短い時間で効果が出る、とも言われています。

③  美容に良いとされる成分を配合で美しいバストに

セルノートには、美容に良いとされる成分、胸のたるみを良くしてくれるアロエベラ葉エキスや保湿力の高い加水分解コラーゲンを配合することで、美しいハリのあるバストへと導いてくれます。

3.2 レスタリアージュ グラミーバストクリーム

1) 全成分

水・DPG・セタノール・グリセリン・パルミチン酸エチルヘキシン・ヒマワリ種子油・ハナスゲ根エキス・アセチルヘキサペプチド-38・ザクロ花エクス・キゲリアアフリカーナ果実エキス・ダイズ種子エキス・パルミトイルオリゴペプチド・パルミトイルテトラペプチド-7・3-グリセリルアスコルビン酸・マンダリンオレンジ果皮エキス・カミツレ花エキス・メロン胎座エキス・ヒアルロン酸Na・加水分解コラー ゲン・加水分解エラスチン・トコフェロール・ミツロウ・BG・イソヘキサデカン・水添ポリイソプテン・カプリス酸グリセリル・ステアリン酸グリセリル(SE)・ステアリン酸ソルビタン・ポリソルベート20・ポリソルベート80・キサンタンガム・カルボマー・(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・香料・エチルヘキシルグリセリン・フェノキシエタノール・赤106

参照元:レスタリアージュ グラミーバストクリームの公式サイト

アレルギー体質の方は、成分を詳しくチェックしてください。

2) レスタリアージュ グラミーバストクリームの特徴と副作用は

① セルノートと同様にバストの脂肪量を増加させるというボルフィリン配合
② セルノートと同様にボルフィリンに勝るアディフィリン配合
③ バストケアには欠かせない女性ホルモン!

「レスタリアージュ グラミーバストクリーム」にはそんな女性ホルモンを向上させる働きがあると言われている3つの果実エキス、

・ ザクロ花エキス:女性ホルモンと同じ働きを持つエストロンが含まれています。

・ メロンプラセンタ:ザクロ花エキスと同じく女性ホルモンに似た働きを持ち、肌に透明感を与えてくれます。

・ ダイズ種子エキス:大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きがあることで有名です。

4. 世代での人気の違いはある?

セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームとも思春期をのぞいては、世代での人気に違いはないと思います。

4.1 セルノート

10代思春期は、女性ホルモンが豊富に分泌されはじめ、ホルモンバランスが不安定な時期です。

なので、思春期以外の年齢になってからの使用が良いとのことです。

4.2 レスタリアージュ グラミーバストクリーム

セルノートと同様に、思春期は使用しにことが良いようです。

それ以降の年齢では、特に問題は無いようです。

5. 敏感肌の人でも使用可能のは、どちら?

セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームともどちらも敏感肌の人でも使用可能になっています。

・ セルノートは、100名の方にテストを行っった結果、肌への刺激があったという方はなかったそうで、敏感肌の人でも使用可能ということです。

・ レスタリアージュ グラミーバストクリームは、合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベン、石油系界面活性剤の6種が無添加なので、敏感肌の人でも使用可能になります。

6. 妊娠中でも使用可能なのは、どちら?

セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームとも使用不能です。

・ セルノートの公式サイトでは、「妊婦や授乳中のかたは、ご使用を控えてください」と記載されています。

・ レスタリアージュ グラミーバストクリームは、妊娠中の方は胎児に影響が出る可能性がありますのでご使用をお控え下さいとのことです。

7. 香料が気になる人のバストケアは、どちら?

・ セルノートは無香料といことなので、匂いはないです。

・ レスタリアージュ グラミーバストクリームは、クリームの香りが苦手に感じる場合があるようです。

なので、匂いが気になる人は、セルノートを使用するのが良いと思います。

8. バストケア以外にもつかえるのは、どちら?

セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームともお尻などに使用可能ということです。

9. 価格比較!コスパが良いのは、どちら?

セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームを比較するとセルノートには3回縛りがあり、レスタリアージュ グラミーバストクリームの3本の価格と比較するとレスタリアージュ グラミーバストクリームのほうが安いことが分かりました。

ということでコスパ的には、レスタリアージュ グラミーバストクリームのほうが優っています。

1) セルノートの購入価格や返金保証

① セルノートの購入価格

 

公式サイトでは、単品と定期コースの二通りの購入方法がありました。

・ 公式サイトでの単品での購入価格:7,000円

・ 公式サイトでの定期コース(トクトク集中ケアコース)での購入価格:

初回0円(送料650円)、2回目以降6,480円(税込、送料無料)

尚、3回の回数縛りがあります。

② セルノートの返金保証

返金保証はないようでした。

2) レスタリアージュ グラミーバストクリームの購入価格や返金保証

① レスタリアージュ グラミーバストクリームの購入価格

 

「レスタリアージュ グラミーバストクリーム」の公式サイトでの販売をしらべてみましたが、基本的に単品から複数本のセット販売のみしか無く、定期コースはないですね。

・ 単品の販売価格:3,800円(税抜、送料別)

・ 2本セットの販売価格:7,600円(税抜、送料無料)

・ 3本セットの販売価格:10,000円(税抜、送料無料)

・ 4本セットの販売価格:13,200円(税抜、送料無料)

・ 5本セットの販売価格:16,000円(税抜、送料無料)

② レスタリアージュ グラミーバストクリームの返金保証

定期コースがないので、返金保証もないです。

10. セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームのバストケア比較と選び方のまとめ

1) バスト容積向上のための成分配合による違い

セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームともにボルフィリンとアディフィリンを配合しています。ただし、セルノートには、プエラリア・ミリフィカが配合されているので、この成分の分だけ、バス路容積向上が高いと思います。

ただし、プエラリア・ミリフィカには、一応副作用の懸念があります。勿論、セルノートの公式サイトでは問題なしとしていますが、気になる方もあるかもしれません。

2) その他の成分による違いはある

セルノートは美容に重きを置いた成分を配合しています。

レスタリアージュ グラミーバストクリームは、女性ホルモンを向上させる働きがあると言われている3つの果実エキスを中心に配合していて、バストサイズやバストの形を良くすることに重きを置いていると思います。

3) セルノートとレスタリアージュ グラミーバストクリームのどちらを選択すると良い?

どうしてもバストのサイズを優先的に考えたい人や

バストの肌の美しさを手に入れたいと思う人は、セルノートを選ぶと良いと思います。

詳しくは効果実感率95%! バストケアジェル Cellnoteの公式サイト

 

一方、成分とコスパから判断すると少しでも、

副作用の懸念があると嫌だ思う人や

バストの形の美しさにこだわる人、

コスパの良さを優先したい人は、レスタリアージュ グラミーバストクリームを選ぶのが良いと思います。

詳しくは→女性の理想のバストを叶える【レスタリアージュグラミーバストクリーム】の公式サイト

 

-バストケア, 美肌スキンケア

Copyright© 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.