あおり運転対策に効果発揮?ドライブレコーダーを購入・レビューしてみました!


 

あおり運転対策に効果発揮?ドライブレコーダーを購入・レビュー


 

コムテックドライブレコーダーZDR-015をあおり運転抑止のために購入しました。

最近、テレビで毎日のように放映されているドライブレコーダーという言葉とあおり運転に、私自身も車を運転することがあるので、気になっていました。

以前も気になって、購入しようとまではおもっていませんでしたが、その時に、ドライブレコーダーということで検索したことがあります。

ただ、オートバックスなどで購入して、ドライブレコーダーの設置もしてもらわないと考えていたので、金額的には、ポータブルのカーナビぐらいするのかと思っていました。

ところが、実際に調べてみると、予想外の安さで自分でも設置できる感じだったのでビックリしていまたね。

ただ、その時は、あまり深く考えていなくて、自分で簡単に設置もでき、値段も数千円だったとおもいました。

正直、かなり安く購入できるんだって思っていたので、そのうちに考えようと思って、その時は、取り敢えず購入するまでには至りませんでした。

しかし、最近のように毎日テレビのあおり運転が話題になってくると流石に不安になり、

今度は、本格的に購入しようとネットでドライブレコーダーというキーワードで検索してみました。

そこで、見つけたドライブレコーダですが、幾つか候補があったのです。つまり、日本製か海外製かで悩みました。

勿論、悩みは、口コミの内容と値段ですね。

結局、長い期間使用するものだから、安心・安全なドライブレコーダということで、日本製のコムテックという前後2カメラ付きのZDR-015という商品に決めました。

詳しくは→【新商品】ドライブレコーダー 前後2カメラ コムテック ZDR-015 ノイズ対策済 フルHD高画質 常時 衝撃録画 GPS搭載 駐車監視対応 2.8インチ液晶

あおり運転に合った時の不安解消に良いかも

一番の悩みは、あおり運転にあっても、自力では解消できないこと。これは。テレビの放映で知ったのですが、スマホで撮影することぐらいかなって思っていました。

しかし、スマホで撮影しているのがわかると余計にあおり運転に拍車がかかるようで(テレビの放送を見ていた私の個人的な感じです)、やはり、分からないように後方も撮影できるのが良いのではないかと考えました。

ただ、車にドライブレコーダが装着されていることもわかってもらう必要があるとのことでした。

つまり、ドライブレコーダが設置したあると後方の車両に認識してもらわないと意味がないということです。

ドライブレコーダ装着車であることを分からせる工夫が重要

そのためには、ドライブレコーダ装着のステッカーが付属しているドライブレコーダがいいというのが、購入した後にわかりました。

実際に、ドライブレコーダを装着してみると非常にカメラが小さいので、ドライブレコーダが装着されているかどうかがわからないということに気づきました。

しかし、残念ながら、私が決めたドライブレコーダには、このステッカーがついていないようでした。

後方カメラ付きドライブレコーダであおり運転にあわないことを願っていた

やはり、あおり運転が抑止できることを期待して後方からのカメラは必須と思っていました。

ドライブレコーダには色んな種類もあり、かつ、値段もピンからキリまでありました。

なので、結構、選択するのに迷いましたが、一番の目的は、後方からのあおり運転です。

なので、この機能は外すことはできないと考えていました。

勿論、まだ、ドライブレコーダが装着の主流は、前方のみが多く、前後カメラはめずらしい感じで商品の数も少ないと感じました。

方法としては、前方のカメラを2台購入して、後方にも設置する方法も考えましたが、電源のことや撮影のカメラのことを考えると面倒かなって思い、できれば、一つの商品で前後カメラ付きがベターかなって考えるに至りました。

なぜ、コムテックの前後カメラ付きドライブレコーダにしたのか

やはり、迷ったのは、機能面と値段ですね。

値段は安いほうがいいかなって思いました。それで、ネットで色々、格安なドライブレコーダを探していました。

探しているうちに、次第に、ドライブレコーダを選択する際の重要な要件というのも分かってきました。

その要件とは、下記の事になります。

・ あおり運転には、後方カメラが必須:これは絶対に必須

・ GPS装置が内蔵されていること:これも必須要件です。

・ 口コミでの評判が良いこと

・ 故障や不良品が出る場合のお店側の対応が迅速であること

① あおり運転抑止には、後方カメラが必須

当たり前のことですが、あおり運転は、後方の車両が行います。

なので、後方の車の撮影ができないとあおり運転の抑止にもつながらないし、証拠もとれません。

② GPS装置が内蔵されていること

GPS機能というのは、意外と盲点かなって思いましたが、かなり重要なんですよね!

というか、あおり運転に合った時の証拠になるほどの重要な機能だと気が付きました。

機種によっては、GPS対応とうたっていても、別売りだったりすることもあります。当然、その分の値段がやすくなるので、一見すると格安にみえます。

ところで、GPS機能が必須なのは、あなたが、あおり運転に曹禺した場合に、どこで曹禺したか特定できるからです。

GPSは、スマホなどにもついているので知っている方も多いと思いますが、あなたの位置情報を認識する機能です。

つまり、あおり運転に曹禺した場所を映像とともに記録してくれるということです。

また、このGPSの性能にも注意が必要です。

というのは、位置情報というのは、できるだけ、詳しくわかることが重要になってきます。あまりにも適当で、町名ぐらいだと役に立たない場合もあります。

勿論、車を運転しているので、ある程度の場所がわかれば、記憶をたどることもできるので、そこまで詳しく抑えてくれる必要がないかもしれません。

もし、正確な位置情報がわかるのであれば、選択支としては、詳しい場所が分かるGPS装置の方が、トラブル解決の早道になるのは間違いないです。

さて、この重要なGPS機能ですが、GPS対応と記載されているだけでは、不十分です。

GPS機能は内蔵されているほうが良い

内蔵されていないとGPS装置を別途購入とか、セッティングの必要もでてくるので、かなり手間暇がかかるのではないかと思います。

実際に、このGPS機能連携ができるというドライブレコーダを使っていないので、正直、どれぐらい大変なのかわかりません。

そこで、私の場合には、GPSを内蔵している機種を中心に探し方を変えました。

③ ドライブレコーダーの口コミでの評判が良いこと

ドライブレコーダーは、何度ものべていますが、値段はピンからキリまであります。

値段が安いドライブレコーダの口コミは、良く故障するとか不良品が多いとの口コミがありました。

勿論、購入したお店にいうと交換してくれたという口コミも多いので、全く、ダメというわけでもありませんでした。

ただ、実際に、私自身が購入した場合に対応してくれるのっていう不安はありました。

なので、できるだけ、良い口コミのあるドライブレコーダを探しましたね。

ドライブレコーダについては、特に、口コミの重要性を痛感しました。

何故かというと、中には、値段が安いから、不良品でも面倒なので、諦めたなんて言う口コミも結構ありました。

なんとなく、その気持ちが分かる気がしました。交渉するよりも諦めて、新しい機種を購入したほうが、楽って思うかも。。

④ 故障や不良品が出る場合のお店側の対応が迅速であること

口コミの項でものべましたが、故障や不良品の対応が迅速であることは、購入の決め手になると思います。

特に、ドライブレコーダの廉価版は、ほぼ海外製で、かなりの確立で、不良品であることが多いように思いました。実際には、それ程でもないのかもしれませんが、不安はつきまといます。

なので、購入したお店で交換に応じてくれるのかどうかが選択肢としてかなり重要だと感じました。

実際の口コミでは、ほぼ、交換に応じてくれるようです。勿論、交換したからといって動作が保証されるわけではありません。念のため!

 

以上の条件を元に、ドライブレコーダーを探しました。

その結果、二つのドライブレコーダーに絞ることができました。

コムテックという日本の会社のドライブレコーダー

コムテックという日本の会社のドライブレコーダーは、上記の①~④に合致していました。

特に、GPS機能も内蔵されていましたし、口コミでの評判も良く、特に、その当時の口コミでは、機種が不良だったというのもありませんでした。

勿論、仮に、機種に不具合があっても、実際にこのドラブレコーダーの開発元でもあるので交換に応じてくれると思いました。

今まで、購入してから3か月ぐらい使用していますが、特に、トラブルもでていません。

一番は、日本製という安心感もありました。ただ、値段は、それなりにしていましたので、迷いましたね。

コムテックの前後カメラ付きZDR-015の口コミ

代表的なコムテックの前後カメラ付きZDR-015の口コミの例です。

これ以外に200件ほど口コミが記載されています。


もうすぐゴールド免許20年目。子供の送迎時などに後方から煽られる事が多いため自己防衛手段として購入を決めました。すぐ壊れても嫌なので、色々なサイトを見て割高でも一番評判の良かったものを選びました。本体を貼り付けた後、ソケットから電源→本体→後方のカメラ、とケーブルをつなぐだけです。配線は主人にカバーを外して納めてもらいました。段差に乗り上げたり、ちょっとしたガタっと言う衝撃でも前後の録画が保存されます。ものすごい安心感があります。パソコンで動画を確認したところ、購入後そのままの設定のままでもナンバープレートがしっかり読み取れる高画質でした。
取り付け後、車体を左右に振りながら接近してくる明らかな煽り行為の車に遭遇。これ見よがしにドラレコをいじって画像を出して見せた所、途端に車間距離を大幅に開けて逃げて行きました。しかし、ドラレコ付けるならステッカーも必要だと実感。すぐにステッカーを買って車体に貼りました。ドラレコ+ステッカー、強く推奨します。あおり運転をする車は、ステッカーを見ると極端に車間距離を取って来ますので面白いですよ。


車の入替えで購入しました。最近は運転マナーでのトラブルが多発している昨今なので新車購入を機会にドラレコ取付を決心しました。前方撮影だけでは不安が有りましたので、後方もしっかり撮影できる物をと思い当商品に決定しました。8月に購入しましたが、納車が9月で撮影確認が先日終了しましたのでレビューを書いています。撮影画質も綺麗で前後カメラとも綺麗に撮影できています。また先日遠出をしましたので帰宅後映像確認もしてみました。GPSの上空からの地図でどのあたりを走行中の記録かが判り非常に便利です。ビューワソフトのダウンロードも簡単ですぐに完了出来microSDカードを取出してすぐに再生出来ます。廉価品の海外商品も種々販売されていますが、安心の為にコムテック製品にしました。廉価品にはどうしても不安を感じてしまい取付後に後悔したくないので、しっかりしたメーカー品を購入しました。別売の駐車監視・直接配線コードを同時に購入したので、駐車中もしっかり撮影してくれると思っています。ドラレコは保険と同じと考えていますので、安心できる物を選択した方が良いと思います。運転支援機能は、車に付いて居ますのでドラレコの方は、ほとんど気にしていません。むしろ、万が一の時の記録が最重要と考えていますので、それを裏切らない商品を選択しましょう。因みにmicroSDカードも付属の16ギガではなく32ギガに変えました。


 

他の口コミを見たい方はこちら→【新商品】ドライブレコーダー 前後2カメラ コムテック ZDR-015 ノイズ対策済 フルHD高画質 常時 衝撃録画 GPS搭載 駐車監視対応 2.8インチ液晶

もう一つは、ほぼ、似たような海外製ドライブレコーダー

問題は、海外製であることでした。しかし、口コミもそれほど悪くなく良かったと思います。値段もコムテックより数千円ほど安くなっていました。

GPS機能も内蔵されていました。

この数千円の違いと海外製でかなり迷いました。一番の悩みは値段ですね。今から思えば、大した金額の差ではないと思います。

しかし、ドライブレコーダーを購入しようと決めていた時は、この数千円が悩みの種でした。

値段的には、他の廉価なドライブレコーダーより高いので、この海外製のドライブレコーダが格安というわけでもありませんでした。

何故、迷ったかと今考えてみると

他の廉価版の印象が頭に残っているので、どうしても、割安感に引かれたのではないかと思いました。やはり、少しでも安く購入できればと、最後まで迷いました。

勿論、冷静に考えれば、数千円の差なんて、何年も使用することや日本製で安心ということを踏まえれば、迷うことなく、日本製のコムテックを選んでいたと思います。

 

では、どのように決めたかというと、もう、迷わずに、日本製で値段が高くても良いと割り切ったことです。

 

もう、決めてからは、迷いもなくなりましたし、日本製のコムテックに決めてよかったと思います。

 

もし、海外製を選んで、不良品などであったりしたら、それ以降の手続きとかも面倒になっていたかもしれません。

コムテックの前後カメラ付きドライブレコーダーZDR-015を購入

コムテックの前後カメラを購入し、2,3日後には、商品が届きました。

①  コムテック前後カメラのダンボールの開封後

コムテック前後カメラ本体の箱とクッションのみのシンプルなものでした。

 

② コムテックの前後カメラZDR-015の入っている箱

コムテックの前後カメラの入っている箱の表側と裏側

③ コムテックの前後カメラの本体と説明書、ケーブルなど全体の中味

 

④ コムテックの前後カメラの入っていたカメラ本体、電源コード、接続コードなど

下記のものが、全てです。意外と少ないかなっておもいました。

⑤ コムテックの前後カメラ、上段がフロントカメラ、下段がリアカメラ

 

チョット横に引き伸ばしてしまったのでイメージと違うかもしれません。

⑥  5インチのスマホと比べてみたところ

かなり、コムテックの前後カメラが小さいことが分かると思います。

真ん中が、フロントカメラで、左側がリアカメラです。特に、リアカメラは、おもちゃのように小さいです。

 

⑦ コムテックのフロントカメラの設置:バックミラーの左側の黒い影の部分

この電源コードだけが、運転席のダッシュボード上にはみ出しています。

それ以外のコード類は、基本的に、車のカバー内に収めることができていて、一部だけしかみえていません。

車の正面から見たコムテックのフロントカメラ

⑧ コムテックのリアカメラ

後方のがらすの真ん中より右側にあるのがリアカメラです。

非常に小さいので、後方の車両からは見えないと思います。

リアカメラのコードは、一部垂れ下がっていますが、それほど、目立つ感じではないです。

ここまで、カバー内に押し込めながら、車のフロントカメラからコードを引いてきています。

どこにも、そのコードは見えないと思います。綺麗に隠すことができました。

この作業に、前述していますが、10分ぐらいでした。どちらかというと、リアカメラ用のコードが無駄に長くて、それをカバー内に押し込めるのに時間がかかりました。

コードが短ければ、もっと、短時間で済んだと思います。

⑨ ドライブレコーダー装着車の手作りのステッカー

自作してみましたが、かなり、見ずらい感じです。効果があるかは不明です。

 

自分でドライブレコーダーが設置できるのか?

いざ、ドライブレコーダーが届いた時に設置できのかどうかについては不安がありました。

ドライブレコーダの設置自体は、どのドライブレコーダでも同じようです。

なので、ドライブレコーダを購入する前に、ドライブレコーダの設置方法についてネットで調べておきました。

実際には、YouTubeだったのですが、かなり、面倒な感じでした。

なので、本当に、自分で設置できるかは不安がありました。

ただ、ドライブレコーダーの配線をむき出しにするのなら、簡単だということがわかっていたので、いざとなれば、見栄えは良くないが、取り敢えず、設置できると考えていました。

ただ、女性の方や年齢のいった方だと不安があるかもしれませんね。

ドライブレコーダーの設置は意外と簡単だった

いざ、ドライブレコーダーが届いて、説明書を読んでみました。

設置の方法も記載されていて、車に配線してみると意外に、簡単に、配線を隠すことができるということが分かりました。

車の室内のフロントガラスやドアのサイドにはプラスチック製のカバーみたいなものが装着されていますが、これが、見た目ほど、頑丈なつくりではなく、指が入るということがわかりました。

なので、ドライブレコーダー用のコードをこの中に指を使って、押し込めていくことができます。

フロントカメラ用の配線は、5分ぐらいで済ます。ビックリです。

 

後方カメラは配線が長いので、車の中をフロント側から後ろ側まで埋め込んでいくので、時間がかかりました。

それでも10分ぐらいでした。

結構、後方側への配線のほうが楽に入れることができたと思います。

本当に、車のゴムのパッキング?には、隙間がいっぱいあるんですよね!

ただ、前方カメラの位置が、運転席側につけたので、見にくいと思い、再度、位置を設定しなおしました。

バックミラーの左側に前方カメラを設置するのが良い感じですね。

なので、またまた、配線をやり直しです。しかし、二度目なので、想像以上に簡単にセッティングできました。

勿論、実際に、映像がとれているかの確認もしましたよ!

最初は、なんにも映っていなくて、不良品かと思いました。よく、マニュアルを読み直すとフロンカメラに差し込む電源の端子がしっかりささっていなかったようです。

かなり、しっかりと押し込んでくださいと記載されていました。

その後は、問題なく、前後カメラの映像もしっかり映っていました。

ドライブレコーダーのコード配線での一番の難点は

フロントカメラからシガーソケットへの配線

シガーソケットでまの配線は、途中までは、フロントガラス沿いに引き回せますが、そこから、運転席の前を通す必要があるので、これは、パネルカバーをはずしたりとおおがかりな感じに思えたので、断念し、フロントのダッシュボード上にむき出しにしてシガーソケットに配線しています。

特に、運転には支障がないのでよしとしました。

助手席側から引き回すこともできるようだったのですが、車内での作業で疲れてきたので、運転席側に電源コードをむき出しで終了しました。

こだわりのあるかたは、助手席側から引き回すと電源コードを隠すことができると思います。

助手席側には、孫が乗っているので、そこも考えて、運転席側に配線をしたということもあります。

ドライブレコーダーの録画用のSDカードは32GBに買い替え

遠方に出かけるときには、標準に付属している16GBのSDカードでは、不安だと思い、32GBに買い換えました。

入れ替えは、マニュアルに記載してあるとおり、フロントカメラに32GBのSDカードを挿入して、初期設定をしました。

特に、問題なく、映像も映っていました。

ドライブレコーダー装着車用のステッカーは自作!

あおり運転に効果が高いと言われているドライブレコーダ装着のステッカーです。

私は、手作りをしました。

100円ショップで強力磁石を購入してきて、後は、よく、チラシなどと一緒に入ってくる板状になった水のトラブルならと書かれた磁石に、ドライブレコーダ装着車と記載した紙を貼り付けて。

100円ショップで購入した磁石でしっかり車にとめています。

ただ、実際には、それほど、目立たたないので効果があるかは疑問です。

後、街中を走っていてもあまり、このようなステッカーを貼ってある車は見かけませんね!

なので、今は、あまり、目立たたないけど、これでも、貼ってないよりましかと思っています。

後方の車両が1mぐらいまで接近すれば、確実に分かると思います。

このコムテックの前後カメラ付きドライブレコーダで、あおり運転を止めてくれるといいなって思います。

詳しくは→【新商品】ドライブレコーダー 前後2カメラ コムテック ZDR-015 ノイズ対策済 フルHD高画質 常時 衝撃録画 GPS搭載 駐車監視対応 2.8インチ液晶

コメント