生理前の超強烈スソワキガの原因と良い対策とは?


生理前の超強烈スソワキガの原因と良い対策とは?


意外と知らない&気づかないあなたのスソワキガの臭いなんです。

なぜなら、スソワキガをはじめとする「わきが」や「汗臭さ」は気づかないことが多いそうです。

その理由は、臭いは、日々のストレスやホルモンバランス、食生活に左右されるということと。

スソワキガはデリケートゾーンにあるためある程度の距離があり、あなたのような多くの女性が気づかないそうです。

もちろん、生理前は特にホルモンバランスが大きく変化する時期なので、この時期だけ臭いを感じるという方もいます。

また、夏の暑い時期にデリケートゾーンがムレることでも多少は感じることもあるようですが、ほとんど、他の人から指摘されて気づくことが多く、そこからは、臭いに敏感になって、ひとごみの中にはいっていくことができなくなったり、人と話すことを嫌ってしまうそうです。

そんなあなたのような女性が不安に思っているスソワキガって何でしょうか!そんな嫌なスソワキガについて説明していきます。

スソワキガとは何?

デリケートゾーンからワキガのような臭いを発する症状を外陰部臭症と言い、一般的には「スソワキガ」と呼ばれています。

この臭いは病気によるものではなく体質によるものと言われています。肛門周囲からのワキガ臭を指すこともあります。

スソワキガはどうしておきるの?

汗臭さとは別の独特の臭いを『ワキガ臭』と言います。

ワキガもスソワキガも、同じく汗腺(かんせん)という汗を出す組織が多くある部位におこるとされています。

汗腺には『エクリン汗腺』と『アポクリン汗腺』の2種類があります。

エクリン汗腺から出る汗はほぼ水分なので無臭です。

一方、アポクリン汗腺から出る汗には、脂肪やたんぱく質を含んでいます。

この脂肪やたんぱく質をエサとする皮膚常在菌が脂肪やタンパク質を分解することによって、ワキガ臭を発生させます。

アポクリン汗腺はデリケートゾーンや肛門、ワキだけではなく、乳首や乳輪、耳の中などにも多く分布しています。

なので、スソワキガの人は乳首や耳の臭いにも気を付ける必要があります。

多くの女性にアポクリン汗腺があるわけではないようで、このため、なかなか、スソワキガに気が付かない女性がいる理由かもしれません。

「スソワキガ臭」ってどういう臭いなの?

通常のオリモノ臭との違いはあるんでしょうか。

デリケートゾーンのニオイの種類は、必ずしもスソワキガとは限りません。

おりものや膣内のニオイなどの可能性もあります。

・ おりものは甘酸っぱいようなニオイ

・ 膣内は生臭いようなニオイ

スソワキガのニオイとは明らかに違います。

ニオイの感じ方は人それぞれですから一概には言えませんが、

・ スソワキガのニオイ

ツンとしたニオイ、ウッとくるニオイ、ネギ類のニオイ、鉛筆の芯のニオイ、納豆のようなニオイ、香辛料のようなニオイ、卵の腐ったようなニオイなどと例えられます。

スソワキガになりやすい人っているの?

スソワキガになりやすい人の傾向ってあるのでしょうか。

ワキガの症状がある方はスソガも疑った方が良いと思います。

女性男性問わず起こりうる症状です。しかも、ワキガは遺伝するためお子さんにも症状が出ると言われています。

また、デリケートゾーンの毛が濃い方は、スソワキガが出やすい傾向になります。

さきほど述べたように遺伝的要素もあるため、両親などにワキガの方がいらっしゃる場合には、片親の場合で50%、両方の親の場合だと75%の確率で遺伝するようです。

デリケートゾーンは蒸れやすいため、スソワキガの臭いと蒸れた下着の臭いが混じり、より不快な臭いになることも考えられます。

スソワキガの可能性があると思う人は、デリケートゾーンや肛門周囲の汗をタオルやガーゼでこまめに拭き、常に清潔を心がけることも一つの方法です。

ただ、タオルやガーゼで汗を拭く場合にも、注意が必要です。できるでけ濡れタオルか濡れたガーゼを固く絞って、軽くたたくように汗をとることが良い方法です。

こすったりすると摩擦により、ケアナを刺激したり、デリケートゾーンの肌を痛めたりします。

このことにより、皮膚常在菌が繁殖にもつながり、よりスソワキガが強くなってしまいます。

また、デリケートゾーンの肌を痛めると黒ずみの原因にもなってきます。

そんなデリケートゾーンのスソワキガ対策とは

・ デリケートゾーン用のシートを使用

デリケートゾーン用のシートなどで応急的な対策はできるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。

・ 市販のワキガ専用ケアアイテムの使用

市販のワキガ専用ケアアイテムなども売られているようですが、刺激が強いためデリケートな陰部、肛門周囲には使用しない方が良いでしょう。

・ 手術による汗腺の除去

従来は毛穴に針を刺し、電気で汗腺を焼灼する方法がありましたが、痛みを伴い時間を要するため、現在はあまり行っていないようです。

最近は、ビューホットという高周波を照射する医療機器による治療が主流になっているようです。

メスを入れる必要もなく、レーザー脱毛のようにアタッチメントを患部に当て、高周波を照射することでアポクリン汗腺・エクリン汗腺を破壊する方法で、40分ほどで治療が完了するようです。

ただし、手術を行っても再発することもあるとのことです。

・ 刺激の少ないデリケートゾーン用のスソワキガケアアイテムを使用

あまり、スソワキガ専用のケアアイムは少ないようですが、その中でも、ジャウムなど天然由来成分をベースとした石鹸ケアアイテムがあるようです。

仕組み的には、手術やワキガ専用ケアアイテムと同じように、皮膚常在菌を殺菌することでスソワキガ臭を抑えます。

また、洗浄成分もデリケートゾーンだからこそということで100%植物由来成分のこだわっています。

しかも、デリケートゾーンの黒ずみ対策もできてしまうという保湿を高める美容液とセットになっています。

口コミも見てみると

・ 遺伝により、小さいころからスソワキガでした。彼氏ができてもスソワキガのために口にすることもなく分かれることに。でも、今は気にならなくなって、気持ちも強くなった気がします。

・ 生理中に関係なくデリケートゾーンのかゆみが気になっていました。下着など色んな対策をしましたが、良くならず、オーガニック性のデリケートゾーンのケアアイテムを使用してみると生理中での臭いも気にならなくなっています。

・ ずっとおりもののニオイと生理の時のニオイを気にしていました。
勤務先のトイレが個室が1つのトイレなので、トイレに行くときはマイ消臭スプレーも一緒です。ピンキープラウドを使い始めてからは、ときどき感じていたデリケートゾーンのかゆみもなくなって、ニオイもだいぶ気にならなくなってきました。

そんな、デリケートゾーンの臭いと黒ずみの対策ができるというケアアイテムは、「ピンキープラウド」という商品です。

デリケートゾーンの臭いを防いでくれるのは医薬部外品のせっけんになっています。なので、安心してデリケートゾーンに使用することができます。

また、美容液は、デリケートゾーンの乾燥を防ぐための保湿成分+αアルブチンなどがデリケートゾーンのかゆみや黒ずみ対策をしてくれるようです。

スソワキガの対策のまとめ

スソワキガは、鼻から離れているため、自分で症状に気付くのは難しいです。

通常の汗臭さやオリモノ臭とは異なる臭いですが、自分では臭いに慣れすぎて気付かないケースも多いようです。

下着に付着する黄色い染みはスソワキガのサインとみなすことができます。

スソワキガの対策として

手術が簡単になったとはいえ、やはり、費用面からも病院にいくのは抵抗があると思う方は、先に述べたデリケートゾーン専用のスソワキガ対策ケアアイテムを使用するのもよいかもしれません。

詳しくは公式サイト→ピンキープラウド

コメント

  1. […] デリケートゾーン用のニオイケアについて詳しい記事を書いていますのでこちらをみて考えてみても良いかもしれません→生理前の超強烈スソワキガの原因と良い対策とは? […]