産後太り!前田敦子の産後の体形からわかること!骨盤矯正で体形を元に!


産後太り!前田敦子さんの産後の体形からわかること!骨盤矯正で体形を元に!


AKB元祖『神7』と呼ばれていたメンバーたちが次々と結婚しています。

その7人とは多くの方がご存知のように、

前田敦子、

大島優子、

篠田麻里子、

渡辺麻友、

高橋みなみ、

板野友美、

小嶋陽菜

たちのことです。

その中で、俳優の勝地涼と結婚した前田敦子さんは、今年初めに長男を出産しています。

産後、まだ3カ月も経っていませんが、ほとんど元のスリムな体形に戻っているとのこと。

具体的には、産後の骨盤矯正で、いち早く体形を戻したとのことだそうです。

一般的に、産後3週間は安静にするのが基本ですが、逆に長期間放っておくと出産で広がった骨盤が元に戻りにくくなってしまうこともあります。

なので、産後2カ月位から骨盤矯正を行うと良いとか。。

何故、産後で骨盤が広がる?

どちらかというと妊娠中に骨盤が広がってきます。

そして、出産時に骨盤が開くことで無事赤ちゃんが産まれてきます。

妊娠中は骨盤が広がる必要がある!

妊娠中は、女性の骨盤腔内には胎児がいるため、骨盤腔内を広げようとレラキシン(リラキシン)というホルモンが出て、骨盤関節部の靭帯(じんたい)が緩くなります 。

リラキシンとは

リラキシン (relaxin) とは分子量約6,000のペプチドホルモンの一種。子宮弛緩因子とも呼ばれる。1930年、F. L. Hisawが発見。卵巣、子宮、胎盤などから分泌される。エストロゲンが先行して作用した場合、ヒト、サルでは恥骨結合の弛緩などを示す。ほとんどの動物種において妊娠末期の血中で検出されており、生理的な意義は妊娠の維持および分娩の補助であると考えられている。

参照元:ウィキペディア(Wikipedia)

産後は骨盤の広がりを元に戻すためのホルモンがでる

産後は、赤ちゃんが産まれ、骨盤が広がっている必要がなくなります。

なので、オキシトシンというホルモンにより緩くなった靭帯が数ヶ月かけて戻ろうとします。

一般的に、多くの出産後の女性の骨盤が元の形に戻っていきます。

まれに出産を繰り返しているなどにより、元に戻りにくくなっている可能性はあるとのことです。

しかし、このことは妊娠・出産にあわせた変化であり「骨盤がゆがんでいる」ということではないそうです。

オキシトシンとは

オキシトシンには末梢組織で働くホルモンとしての作用、中枢神経での神経伝達物質としての作用がある。

末梢組織では主に平滑筋の収縮に関与し、分娩時に子宮収縮させる。また乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促すなどの働きを持つ。このため臨床では子宮収縮薬や陣痛促進剤をはじめとして、さまざまな医学的場面で使用されてきており、その歴史は長い。

参照元:ウィキペディア(Wikipedia)

骨盤が妊娠・出産ではゆがまない?

骨盤自体が今述べたように妊娠・出産で変化します。

しかし、出産後に特に骨盤がゆがみやすいということではないとのことです。ビックリです!

それでは、なぜ、多くの女性が出産後に骨盤のゆがみを感じるのでしょうか?

骨盤がゆがんでいると思っている多くの女性は、骨盤自体がゆがんでいるのではなく

・ 骨盤周囲の関節部分に原因が。。

・ 長時間、赤ちゃんを抱っこする際に楽な姿勢によるゆがみ

つまり、赤ちゃんを抱っこしたり、母乳やミルクを赤ちゃんにあげていると姿勢が悪くなってしまいます。

しかも、長時間だったり、長期間である可能性が高いです。

そのため、

・ 普段の生活習慣

・ 日常動作における姿勢やくせ

・ 長時間の抱っこによる筋肉の疲労がたまり楽な姿勢をとること

などが要因だとか。

従って、骨盤のゆがみと産前・産後というのはあまり関係ないようです。

つまり、出産で骨盤の形が一時的に変わることはありますが、どちらかいうと妊娠中や出産後の普段の生活の動作による影響による可能性が高いとのこと。

しかし、そうはいっても、妊娠・出産後にあなたの骨盤にゆがみが生じる可能性が高いといえます。

もちろん、今述べたように普段の生活での姿勢を正しくすることで骨盤のゆがみを防ぐことは可能かも知れません。

しかし、赤ちゃんを抱っこしたり、おっぱいやミルクを赤ちゃんにあげるのは必然的なことです。

しかも、半年から数年以上続きます。

なので、分かっていても姿勢を正しく維持していくことは困難かも知れません。

産後の骨盤のゆがみを防いだり、元に戻すにはどうすればよい?

実際に、下記のような口コミをみると産後に太ったとか体形がもとにもどらないとかの多いのも事実です。

29歳女性:出産後だからとお腹のたるみにあきらめてしまった。

33歳女性:産後の骨盤矯正をしっかりしなかったので、体質が変わったように感じます。

34歳女性:二人目出産の授乳後に太ってしまい、食事制限やスクワットなどの運動をしても元の体形に戻らない。

具体的に骨盤のゆがみを直すには?

それでは、具体には骨盤のゆがみを直すにはどうすればよいのでしょうか?

主なことは下記のようなことが考えられます。

自宅で実践できる方法

・ ヨガ

・ 骨盤体操

骨盤体操の一つとして日本ゆらぎ体操セラピー協会が提唱している運動プログラム「ゆらぎ体操」があります。

日本ゆらぎ体操セラピーホームページ:http://www.ha-i.jp/

ゴロ寝の状態で体をユラユラと動かすだけで、骨盤強矯正のアプローチができるというもので非常に人気が高いようです。

・ ストレッチ

ストレッチは、我流でやると問題があるようです。下記の注意事項を考慮して実施するようにしましょう。

・ 無理をしない

無理に筋肉をのばそうとすると筋肉や腱を痛める恐れがあります。

・ 段階を踏みながら自分に合ったことを継続し、毎日続けることが重要

・ 温まった状態で行う筋肉は温度によって柔軟性が異なる。

特に冬では冷えた状態では硬く、適度に温まった状態のほうが柔らかい。筋肉が適度に温まった状態でストレッチを行うことが好ましい。

例えば、前もって軽い運動をしておくとよい

入浴後のストレッチを日常的に行うとよいともいわれる。

・ リラックスして行う精神的な緊張は筋肉も緊張させる

・ 怪我をしたときは行わない。

例えば捻挫をしたとき、骨折したときは損傷した筋や神経等の組織の炎症を広げる可能性が高いため、当該部位のストレッチを避ける。

専門的な機関で実践

・ 整体

・ エステ

などが考えられるますが、いずれも問題があると思います。

自宅で実践する場合の問題とは?

自宅でできので便利そうですが、継続的に実践するのが難しいと思います。よほど意思の力が強くないと継続しにくいですね。

もちろん、意志の強さがあればこの方法の中でご自身にふさわしい方法で実践するのが良いと考えます。

専門的な機関で実践する場合の問題とは?

こちらの場合には、とくに、ご自身で実践するわけではないので、意思の強さは問題ないと思います。

ただ、問題は、

一つはお金がかかるということです。

とくに、エステだとそれなりのお金が必要となる可能性が高いです。

一方、整体は、不安と恥ずかしさがあると考えられます。

骨盤なので、かなり、ナーバスな部位になります。

しかも、整体はご存知かもしれませんが、何回か通う必要があります。

そのうえ、どれぐらい必要なのかも分かりにくいという問題もあります。

なんといっても、体にふれて矯正を行います。なので、安心な整体を見つける必要もありますが、けっこう、整体も数が多く、どこが良いのかわからないということも出てきてしまいます。

その点、エステのほうが安心感があると思いますが、やはり、恥ずかしさはある程度あるのではないかと思います。

以上のことを考えるとどちらの方法でも実践しにくいのではないかと考えます。

もう、ここまでくると最後は、最近、話題となっている矯正下着になるのではないかと思います。

矯正下着で骨盤のゆがみをケアすることができる?

骨盤とは

骨盤はご存知だと思いますが、体の中止に位置する重要な部位になります。

この重要な骨盤を本来のあるべき正しい位置に補正することで、正しい姿勢へとつなげることができるんですね。

この骨盤の位置を正しい本来の位置にしてくれるのが骨盤矯正下着なんです。

どんな骨盤矯正下着があるの?

骨盤矯正下着は、骨盤へ圧力をかけることによって、骨盤をケアし、適度な骨盤への締め付けが理想的なボディへと変えてくれる下着になります。

具体的には、累計販売本数700,000枚という人気の骨盤ケアショーツを紹介したいと思います。

その骨盤ケアショーツとは「エクスレーヴ」という一日中はくだけで骨盤ケアができるというショーツなんです。

下図のように骨盤まわりを心地よい感覚で締め付けてくれます。

しかも、先ほども述べたように一日中はくことができるので十分に骨盤ケアができます。

 

はくだけで、出産前の体形に戻れ、新たな一歩を踏み出せますよ!

詳しくは公式サイト→簡単骨盤ケアショーツ「エクスレーヴ」

コメント