30代女性に多いデリケートゾーンのニオイの悩み!解決策ってあるの?


2019年6月26日に記事更新


30代女性に多いデリケートゾーンのニオイの悩み!解決策ってあるの?


人には相談しにくい体の悩みといえば、デリケートゾーンの悩みに尽きるかもしれません。

特に、デリケートゾーンの女性の三大の悩みというと下記のものになるようです。

・ デリケートゾーン(陰部)のニオイやかゆみ

・ デリケートゾーン(陰部)の黒ずみ

・ デリケートゾーン(陰部)の毛のこさ

など、知人や家族などでも相談しにくい部位でもあるため、もんもんと1人で悩み続けることが多いと思います!

あなたは知っているかはわかりませんが、あなたのようにデリケートゾーン(陰部)のニオイに悩んでいる女性は10代をはじめとして多くいるんです。

実際に「知恵袋」で検索をかけてみましたが、中学生のかたから30代、40代の女性と多くのかたがデリケートゾーンのニオイに悩んでいるようでした。

デリケートゾーン(陰部)のニオイに悩む30代の女性は想像以上に多い?

多くの女性の中でもデリケートゾーンの悩みで、最も多いのが「ニオイ」の悩みだとか。

ニオイの顕著な悩みはというと下記のようなものが多いですね!

・ 30代になっておりもののニオイがきつくなってきた気がする

・ トイレに行ったときに自分のニオイが気になる

・ ニオイが気になってエッチに集中できない

・ 生理前後、排卵日など、時期によって気になる

などデリケートゾーンのニオイもナーバスなだけになかなか、他の人にも相談しにくいですね。

しかし、ニオイの悩みを軽くする方法があります。

正しいケアでデリケートゾーンのニオイは軽くなる

そもそもデリケートゾーンは、皮膚常在菌の影響で多少酸っぱいニオイがするもの。

ただし、なかには病気が原因となってニオイが発生することもあります。

具体的には

・ 腟内細菌のバランスが崩れて起きる細菌性腟炎

イカの燻製のようなニオイがするといわれ、かゆみを伴うこともあるそうです。

この細菌性膣炎は、自然に治ることもあると言われていますが、気になる場合は婦人科を受診したほうが安心でしょう。

・ 一番デリケートゾーンのニオイとして多いのが、体質が原因によるもの

これは、脇や耳、乳首のまわり、デリケートゾーン、肛門周辺に存在しているアポクリン汗腺から出る汗によるニオイです。

一般にワキガタイプの人は、デリケートゾーンのニオイもきつくなりがちです。

こちらのほうは、一般にスソワキガと呼ばれています。

しかも、このデリケートゾーンのニオイはワキガより強烈で、よく言われるのが「たまごの腐ったニオイや魚の生臭さなど」と表現されます。

このようなニオイに対して一番簡単?にできるのが

毛があることによってニオイが広がりやすくなるので、脱毛や毛を短くすることによってニオイを少なくすることにつながります。

脱毛に抵抗がある人は、デリケートゾーン専用の除毛器やスキばさみを利用して、毛の量を減らすのもよいかもしれません。

併せて、汗ばむ時季などは市販のデリケートゾーン用ウェットシートをトイレのときなどに使用して、こまめに拭くのも手。

より手ごろな値段で買える赤ちゃん用のお尻ふきシートもおすすめです。

ただし、デリケートゾーンのお肌はデリケートなので、優しく拭くことをオススメします。

激しく拭くことは、デリケートゾーンの黒ずみが生じる要因となり、新たな悩みを増やすことになります。

ところで、スソワキガがなぜおきるの?

スソワキガは基本的に病気ではありません。

先ほど述べたように、アポクリン汗腺から出る汗と皮膚常在菌が交じりあい、皮膚常在菌がタンパク質や皮脂を分解するときにでるのが、このスソワキガというニオイです。

アポクリン汗腺は、体全体に存在するのではなく、さきほど述べたように、デリケートゾーンや乳首のまわり、肛門周辺、わき、耳に存在しています。

しかも、このアポクリン汗腺は、人によって数の多さもことなります。

また、このアポクリン汗腺は、遺伝による影響も大きいといわれています。

両親がワキガやスソワキガ体質だと75%の確率で遺伝しますし、片親の場合でも50%の確率で遺伝します。

あなたがスソワキガかどうかを確認するには、両親がスソワキガ体質かどうかを確認するのが一番ですが、それ以外にも、あなたの耳のニオイをかぐことでも確認することができます。

スソワキガ体質であっても、時期によってニオイの強さも変化しますし、しかも、デリケートゾーンは部位的には離れているので、ご自身では気が付かないこともあります。

そのためにも、耳のニオイをかぐことである程度強烈な?ニオイがするなら、スソワキガを疑ったほうが良いと思います。

アポクリン汗腺は、減らせばニオイがおさまるの?

もちろん、アポクリン汗腺から出る汗と皮膚常在菌が交じり合うことでニオイが生じるわけなので、アポクリン汗腺を減らすことはニオイの減少にもつながります。

そのための手術もありますし、実際に行っているひともいるようです。

ただし、再発する可能性もあるとのことです。

しかも、手術となると抵抗もでてきますよね。

とくに、デリケートゾーンは嫌って思うのが普通だと思います。

それでは、どうすればよい?

デリケートゾーンのニオイ対策とは?

デリケートゾーンのニオイ対策とは、そうなんです、デリケートゾーンのアポクリン汗腺を塞いで汗がでるのを防ぐことができるニオイ対策ケアアイテムを使用します。

このニオイケアアイテムでは、手術をするようなこともありません。

ただ、単純に、デリケートゾーンに塗るだけの手軽さです。

しかも、このようなケアアイテムには、あなたのデリケートゾーンの肌を綺麗にしてくれる成分も配合されていることが多いです。

そして、ニオイの引き金となる皮膚常在菌、それも、スソワキガの原因菌だけを殺菌する成分が配合されいるので、デリケートゾーンのニオイの発生を抑制してくれます。

そんな40代のあなたに相応しいデリケートゾーンのニオイケアアイテムとは?

そんなあなたに相応しいデリケートゾーンのニオイケアアイテムは、口コミでも評判となっています「デオシーククリーム」です。

もちろん、デリケートゾーンのニオイ対策ケアアイテムは「ノアンデ」など他にもあります(ノアンデの記事も書いていますので参考に→NOANDE(ノアンデ)!最安値は市販、楽天、アマゾン?子供に遺伝?ワキガと汗 対策!)。

しかも、メインの配合成分に違いがなかったりします。

では、なぜ、この「デオシーククリーム」が30代のあなたにオススメなのかというと企業秘密?となっている配合成分の比率にあるようです。

デリケートゾーンのニオイケアアイテムの口コミをみていますが、デオシーククリームが一番良かったという方が多いように思いました。

この「デオシーククリーム」の主なメリットをあげてみますね!

① デリケートゾーンのニオイの防止、皮膚汗臭の防止、制汗

② デリケートゾーンのニオイ防止のための成分として、パラフェノールスルホン酸亜鉛・イソプロピルメチルフェノールを配合。

特出すべきはその無臭化能力

③ 薬用デオドラントクリームで初! 独自のデオドラント成分 「デオサラサ®️」を配合

④ 柿タンニンを従来比200%にアップ

人が発生させる“ニオイの97%”を無臭化すると言われているパンシル(柿タンニン)で、すでに発生しているニオイも徹底的に抑制してくれますよ!

⑤ デオシーククリームは「99.999%」の殺菌力が24時間後も継続

⑥ 殺菌、抑臭、制汗に加え、肌ケア成分ジャウムを配合

⑦ “保湿”&“美肌”成分を多数配合!

⑧ お得に購入できる定期コース

回数縛りもなく、永久返金保証付きなので、万が一30代のあなたの肌に合わない場合にも安心して使用することができます。

 

一日もはやく、あなたのデリケートゾーンのニオイの悩みから解放されて明るい日々がすごせることを願っています。

詳しくはこちら→デオシーククリーム公式サイト

 

コメント