シミ・ソバカス

ホワイトシード!ターンオーバーの促進によってシミに飲んで効く!


ホワイトシード!ターンオーバーの促進によってシミに飲んで効く!


お肌のシミや肌荒れ、乾燥、冷え
年を重ねるごとに出てくる健康の悩み。

化粧ではできなかった体の内側からのアプローチで
お肌のシミなどの悩みを根本から改善します。

詳しくは公式サイト→飲んで効く、肌荒れ、乾燥、冷えに「ホワイトシード」

ホワトシードとは?

ホワトシードとは、下記の5つの有効成分を配合した医薬部外品です。

ポイント

・ ターンオーバーを促す「L-システイン」配合

・ お肌を紫外線から守る「アスコルビン酸」配合

・ 乾燥しないお肌をつくる「リボフラビン」「ピリドキシン塩酸塩」配合

・ 血行改善で冷えを解消する「コハク酸d-αートコフェロール」配合

ターンオーバーを促す「L-システイン」とは?

皮膚の新陳代謝の促進、抗酸化作用がある非必須アミノ酸。

皮膚、爪、髪の毛に存在していて、これらの維持には欠かせません。

お肌のターンオーバーを促進する、重要な役割を果たしています。

お肌のターンオーバーを促進するということは、あなたのお肌にできてしまったシミをターンオーバーによって、薄くする働きが期待できます。

しかも、ホワトシードは医薬部外品なので、飲んで効くということなります。

つまり、体全体にできてしまったシミを改善することが期待できるということです。

一般的なスキンケアアイテムとは、塗布した部分のみに期待できますが、医薬部外品で飲んで効くということは、体の中からシミ対策ができるというメリットがあります。

ホワトシードには、L-システインを120mg配合されています。

お肌を紫外線から守る「アスコルビン酸」配合

アスコルビン酸は美白作用や抗酸化効果等広い効果が知られている成分で、その効果は濃度依存的に高まる事が知られています。

アスコルビン酸(ビタミンC)を医薬部外品の最大許容量である
500mg配合しています。
L-システイン、ビタミンEと協力して、
メラニンの生成を抑制、無色化します。

アスコルビン酸(ビタミンC)の主な働き

・ コラーゲンの生成を促し、肌のハリやツヤ、弾力をサポートする
・ メラニン生成を抑制することで、シミの予防を助ける
・ 皮脂分泌を抑える
・ 鉄やカルシウムの吸収を高める
・ アミノ酸、糖、鉄、カルシウムの代謝に関与する
・ アレルギー反応で生じるヒスタミンの放出を抑える

乾燥しないお肌をつくる「リボフラビン」「ピリドキシン塩酸塩」配合

リボフラビン、ピリドキシン塩酸塩で乾燥肌を改善します。

乾燥肌は、肌水分と皮脂のバランスが崩れた状態。

リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が、

お肌のバランスを整えて、乾燥しないお肌作りをします。

リボフラビン(ビタミンB2)

リボフラビン(ビタミンB2)は「発育のビタミン」ともいわれ、発育促進に重要な役割を果たすほか、皮膚、髪、爪などの細胞の再生にも関与しています。

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

一般的な用途としては、口内炎や湿疹、ざ瘡(にきび)などに広く用いられています。

血行改善で冷えを解消する「コハク酸d-αートコフェロール」配合

コハク酸d-αートコフェロールで血流改善→冷えの解消

体が冷えを感じる状態は、血液が巡っていない証。

コハク酸d-αートコフェロール(天然型ビタミンE)が

血流を改善し、冷えだけでなく、肩こりや腰痛にもアプローチします。

 

ホワトシードの効能・効果

ホワトシードの効能・効果として、主な5点があります。

① 体力、身体抵抗力又は集中力の維持・改善

② 疲労の回復・予防

③ 虚弱体質’(加齢による身体虚弱を含む。)に伴う身体不調の改善・予防

具体的には、

・ 肩、首、腰又は膝の不調

・ 疲れやすい、疲れが残る、体力がない、身体が重い、身体がだるい

・ 肌の不調(肌荒れ、肌の乾燥)

・ 冷えやすい、血行が悪い

・ 骨又は歯の衰え

④ 日常生活における栄養不良に伴う身体不調の改善・予防

二日酔いに伴う食欲の低下、だるさの改善など

⑤ 病中病後の体力低下時、発熱を伴う消耗性疾患時、食欲不振時、妊娠授乳期又は産前産後等の栄養補給

ホワトシードの服用方法

ホワトシードは医薬部外品などで、服用方法を守る必要がります。

1日1回食後に3錠です

ホワトシードは購入しやすいの?

ホワトシードには、30日間の返金保証制度がついています。

なので、万が一あなたの体に合わない場合には、返金保証してくれます。

ホワトシードの主なQ&A

ホワトシードの服用期間は

お肌のターンオーバーと関連しています。

とくに、お肌にできてしまったシミは、ターンオーバーによって、徐々に薄くしていきます。

なので、最低でも、3か月は継続しましょう。

ホワトシードに副作用はあるの?

ホワトシードは医薬部外品なので、あくまで、予防目的で医薬品とはことなりますが、副作用がないわけではありません。

基本的には、1日1回食後3錠を守ることをお勧めします。

ホワトシードは妊娠中でも服用可能?

基本的には問題ありませんが、かかりつけ医師と相談してほしいとのことです。

ホワトシードのまとめ

ホワトシードについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ホワトシードは、シミに体の内側から効くL-システインを配合しています。

シミを徐々に薄くしていくのは、ターンオーバーによって、行います。

医薬部外品だからといって即効性があるわけではありません。

ホワトシードを3か月から4か月継続することが重要です。

詳しくは公式サイト→飲んで効く、肌荒れ、乾燥、冷えに「ホワイトシード」

 

-シミ・ソバカス

© 2021 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 Powered by AFFINGER5