美肌スキンケア

誰だってオシャレしたい!40代の若見えベースメイク術とは?


誰だってオシャレしたい!40代の若見えベースメイク術とは?


アラフォーは要注意!

おばさんに見えるNGベースメイク

年齢を重ねても、やっぱり見た目はいつまでも若々しくありたいですよね。

あなたのベースメイクでは、若見えではなく、おばさんに見えているかも?

40代を超えてくるとあなたのお肌は、シミやシワ、くすみといったエイジングサインが目立ってきます。

そんな40代のあなたもベースメイクに力を入れるようになった一人ではありませんか?

でも、そのやり方が間違っていると、せっかくメイクしているのにかえって老けて見える?

という残念な結果になっているかも??

 

そこで、おばさんに見えてしまう間違ったベースメイクと、どうしたら若見えベースメイクにできるのかについてお話していきますね。

40代の若見えベースメイク術:NG行為と対策

具体的に、40代の若見えにならないNG行為をみていきますね。

もちろん、若見えになる対策も解説しているので、ぜひ、実践してください!

考えもせずにやりがちなメリハリのないファンデーションの均一塗り

ファンデーションを塗る時、時間がないからといって、顔全体に均一にざっと伸ばしていませんか?

そのベースメイクでは、

① あなたの顔がのっぺりと平面的に見えメリハリのないお顔になってしまいます。

② シワにファンデーションが入り込んでかえって目立つ

30代では、気にならかったシワも40代になると少しですがシワが目立つようになってきます。

そのため、シワにファンデーションがはいるとシワが強調され老け見えに……なんていうことも。

若見え術→しっかりカバーする部分と薄く塗る部分のファンデーションのメリハリを!

 

① 目の下の逆三角ゾーン

他の女性の視線が集まりやすい部位で、色ムラが出やすい部位でもあります。

とにかく、朝の忙しい時間帯でも、目の下の逆三角ゾーンをファンデーションで整えれば十分ですよ!

② 皮脂分泌が多くテカりやすいTゾーン&動きが多くヨレやすいほうれい線&目尻

なるべく薄めに仕上げるように心掛けて。

③ 髪の生え際やフェイスライン

ファンデーションは、塗らないくらいの方が、陰影がついて小顔に見えます。絶対にオススメの方法かも??

ファンデーションが明る過ぎると白浮きで目立つ?!

お肌を白く見せたいからといって明る過ぎる色のファンデーションを選ぶと、白浮きして厚塗り感が出てしまい、老けた印象になるので注意。

あくまでも、あなたの肌色に合ったファンデーションの色を選ぶことが大事です。

若見え術→若見えのためのファンデーションの色の選び方のコツは?

ファンデーションの色を選ぶ際は、

よく行いがちな手の甲や頬のあたりにつけて判断しまいますが、

この方法は間違っていますよ。

スポンサードリンク




 

正解は、首とのつながりを考えて、フェイスラインを基準に!

具体的には、エラのあたりにファンデーションを何色かライン状に伸ばし、

・ 顔とのなじみ

・ 首とのなじみ

の両方を確認して、ファンデーションの色に境がないような色を選ぶことです。

フェイスパウダーの粉っぽい質感は最悪かも?

ファンデーションを塗った後は、顔全体にたっぷりフェイスパウダー(おしろい)を重ねる。

そう考えているあなた!、実は、これは、逆に老け見えにしてしまいます。

何故なら、パウダーをつけ過ぎると、せっかくのあなたのお肌のツヤ感がなくなり、

しかも、時間が経つにつれてシワっぽくなり、一気に老けて見えてしまいます。

 

若見え術→若見えのためのパウダーの使い方のコツは?

仕上げのパウダーは、

・ おでこや鼻まわり、

・ あご

など、皮脂分泌が多くテカりやすい部分に軽くのせることがコツになります。

コンシーラーをついつい使いすぎる?

あなたのお肌にできた細かいシミは気になると思います。

しかし、その気になるシミをコンシーラーで一つ一つつぶしていくと、

やがて乾燥してひび割れてきたり、

皮脂と混ざって浮き上がってきたりして、

かえって目立つことも!

若見え術→若見えのための具体的な程よいコンシーラーの使い方とは?

頬のあたりのモヤモヤとした薄いシミが気になる

この頬の薄いシミには、

・ お肌なじみの良いイエローの下地や

・ コントロールカラーを気になる部分に塗ってからファンデーションを塗り重ねると、

ぐっと目立ちにくくなります。

コンシーラーはどうしても消えにくい濃いシミにだけ

コンシーラーはどうしても消えにくい濃いシミにだけ、少量使用するのがベター!

40代の若見えベースメイク術のまとめ

40代になるとあなたのお肌にできたシミが気になり始めるころ!

しかし、そのために、あなた自身のお肌を活かすのがベースメイクのコツだというのをわかっていただけたでしょうか?

シミは隠すのではなく、ほどほどが良かったり、何もしないほうが、若見えになることもあります。

40代からは、できるだけ、あなたのお肌に合うベースメイクを意識するのが良いでしょう。

とくに、メリハリがでるようにすることもポイントです。

ただ、漫然とベースメイクをしないように!

とは、いっても!!

 

ベースメイクは作り込み過ぎない方が、かえって若々しく見えんですね

ゆえに、いつものメイクを見直して、上手に引き算してみては?

 

スポンサードリンク




 

 

-美肌スキンケア

© 2021 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 Powered by AFFINGER5