デリケケートゾーン デリケートゾーンの黒ずみ 美肌スキンケア

デリケートゾーンの色って何色?赤黒いそうってホント?対策はあるの?


デリケートゾーンの色って何色?赤黒いそうってホント?対策はあるの?


欧米人と比べると日本人女性はデリケートゾーンが赤黒い場合が多いですね。

また、年齢を重ねるとさらに黒くなりやすいです。

以前と比較すると日本人女性もデリケートゾーンのお肌の手入れをすることに恥ずかしくないというのが実情です。

一般的に、デリケートゾーンのお肌の黒ずみは気になると思います。

しかし、デリケートゾーンのお肌の黒ずみは千差万別であまり気にしすぎるのもよくないですよ。

むしろ、あなた自身の肌の色が普通であって特別だと思わないことです。

 

あまり、デリケートゾーンのお肌の黒ずみを気にしすぎると、ストレスの原因にもなりますし、その結果手入れに力を入れすぎて逆効果になることもありますよ!

つまり、手入れをしすぎるとお肌を痛め、より一層黒ずみを招くということに。。

 

何事もほどほどが良いのです。

ところで、日本人女性のデリケートゾーンが赤黒い人が多いのは何故でしょうか?

メラニン色素の関係で日本人女性は赤黒い色が一般的

メラニンと肌の色は密接な関係にあります。

・ 肌の色が濃いとメラニン色素が多くなる傾向:アジア系人種が代表

・ 肌の色が薄いとメラニンが少なくなる傾向:欧米人が代表

以上のことを踏まえると日本人のあなたのような場合、メラニン色素は多いと考えられます。

従って、デリケートゾーンも黒ずんでいることが多く、大抵の場合には、黒ずみというより赤黒くなっているというのが本当のところでしょうか。

また、この赤黒いデリケートゾーンのお肌は、年齢を重ねると次第に黒ずんできます。

ゆえに、デリケートゾーンのお肌の黒ずみ自体は、日本人のあなたにとっては、普通のことと考えたらよいでしょう。

 

しかも、各個人がもっているメラニン色素の量は異なるため、

大半の女性が誤解しているのですが、デリケートゾーンのお肌の黒ずみと経験値とは関係ありません。

 

デリケートゾーンのお肌の黒ずみは、もともと持っている色であったり、また、デリケートゾーンのお肌の黒ずみを薄くしたいために、デリケートゾーンをゴシゴシ洗ったりすることで、黒ずみを増加させてしまいます。

もちろん、このゴシゴシ洗うことによる黒ずみは、お肌の防衛反応で正常な作用と言えます。

だから、基本的には繰り返しますが、あなたのデリケートゾーンの黒ずみを自然のままとして受け入れるのが良いと思います。

 

もちろん、デリケートゾーンの黒ずみを増大させる理由の一つに下着の摩擦もあります。

お肌との摩擦は、デリケートゾーン以外でもおきます。

この摩擦によって、やはり、皮膚は黒ずんできますね。

肘とかが黒ずんでしまうのも摩擦によると考えられます。

 

さて、デリケートゾーンという場所は皮膚の厚さはどうなっているでしょうか?

もっとも皮膚の厚さが薄いのがデリケートゾーン

デリケートゾーンと言われるほどですから、もっとも皮膚の厚さが薄いのがデリケートゾーンと思って間違いないです。

実は、デりケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いと言われるため、刺激の影響をもっとも受けやすい部位!

したがって、繰り返しますが、

・ デリケートゾーンの洗い方

・ 身に着けるものも慎重に選択しましょう

具体的には、シルクの下着が良いですね。

このように、正しい方法をとれば、デリケートゾーンの黒ずみの進行を抑えることができるんです。

気になってしまう!あなたのデリケートゾーンの黒ずみ

先ほどから説明しているように、日本人は肌の色とメラニン色素の保有量から、どうしてもデリケートゾーンの黒ずみが目立ちやすいという印象があります。

デリケートゾーンの黒ずみは年齢を重ねるごとに、徐々に、黒ずんでくるので、若い時から悩んでいる女性も多いようです。

しかし、あなただけが悩んでいるわけではないし、また、デリケートゾーンの黒ずみは、自然なわけでもあります。

なので、あまり、神経質にならないことが大切です。

とはいっても、ほかの人と比べることもできないので、本当に、あなたのデリケートゾーンの黒ずみは自然なのかは悩んでしまうのは仕方のないことです。

 

最近は、デリケートゾーンの黒ずみをケアしてくれるアイテム増えてきています。

すこし、抵抗があるかもしれませんが、このようなデリケートゾーンの黒ずみケアアイテムを使用するの良いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみケアアイテムに関する詳しい記事はこちらをどうぞ→ハーバルラビット!デリケートゾーンの黒ずみ解消

とにかく、あなたの判断で、ケアするのではなく、正しい方法をしって、セルフケアするのも一つの方法でストレス開放にもつながります。

 

何はともあれ、あなたのデリケートゾーンの黒ずみは気にしないことにつきます。

デリケートゾーンの黒ずみは、個人差があることを認識しましょう!

デリケートゾーンの黒ずみの濃さや範囲など、一人ひとりで違いがあるため、比較して思い悩む必要はありません。

どのくらいの色になれば満足できるかあなたの判断にもよりますが、基本的に普段の生活でデリケートゾーンへ刺激を与えすぎないこともポイントです。

ストレスは黒ずみ悪化を招く

大きなストレスを受け続けると全身の血行が悪くなり代謝も低下しやすくなります。その結果肌のターンオーバーにも影響して、デリケートゾーンの黒ずみの悪化にもつながりやすいことから、ストレスの定期的な解消は欠かせません。

ターンオーバーとは何?

ターンオーバーとは、お肌の細胞が毎日少しずつ生まれ変わる動きのこと。

ターンオーバーのサイクルは通常約6週間とされており、この周期が乱れると、肌状態は悪化します。

ターンオーバーの周期は一定が良い

ターンオーバーの周期は長くなっても問題ないんですが、乱れるとよくありません。

案外、誤解している女性も多いので気をつけてください。

 

とくに、ストレスは、ターンオーバーの周期を乱れさせる要因の一つ。

そのほかでは、日焼けや過剰な角質ピーリング、摩擦などで皮膚に炎症を起こすとターンオーバーのサイクルが普通よりも短くなってしまいます。

すると未熟な細胞が成長しきらないうちにバリア役である表面の角質がはがれ落ちてしまい、まだ充分な防御力を持たない細胞が外界にさらされることに繋がります。

当然、そのような細胞は刺激をしっかりと防ぐことができないので、肌荒れや乾燥、バリア力の低下が起こり、そしてその肌荒れや乾燥が更にターンオーバーサイクルを
加速させるという悪循環に陥ってしまいます。

 

逆に、ターンオーバーの周期が長くても短くても一定であれば、正常にお肌の細胞が生まれかわれるので問題が生じないんです。

 

それほどターンオーバーの周期を一定にすることは大事なこと!

 

アンダーヘアも気にしすぎない

デリケートゾーンの黒ずみと合わせてアンダーヘアの状態も気になるものですが、毛量を電気シェーバーで調整したりクリームをつけてカミソリで剃ったりする方法を適度に行うまでにしましょう。

・ 頻繁にアンダーヘアを直接剃ったり(剃る場合には電気シェーバーが良いですよ)

・ 抜いたりする(お肌を傷つけるのでやめましょう。光脱毛器を使うのも良いほうほうかも。。オススメな光脱毛器についての記事をかいていますので参考にどうぞ→脱毛ラボホームエディション!自宅でVIO光脱毛

 

この二つの方法は、デリケートゾーンのお肌へに刺激となって、先ほども述べていますが、お肌の防御反応によって、メラニン色素が増加し、より一層、デリケートゾーンの黒ずみを招きやすくなります。

とにかく、デリケートゾーンへの刺激少なくするよう工夫してみてください。

デリケートゾーンの黒ずみのまとめ

・ 日本人のデリケートゾーンの黒ずみの平均は、どのくらいかというと赤黒い程度。

日本人の場合デリケートゾーンは赤黒いですが、どのくらいの色か気にする女性が増えケアにも積極的になってきました。しかし黒ずみは個人差があり気にしすぎずストレスをためないことです。

・ メラニン色素の関係でアジア系女性は赤黒い色が一般的

デリケートゾーンの色は、日本人の場合赤黒く、年齢によってさらに黒ずみやすいです。

周りの女性はどのくらいの色か気になる人も増えており、積極的にケアをすることは恥ずかしくないため、正しいケアもオススメ。

具体的には、デリケートゾーンの黒ずみケアアイテムに関する詳しい記事をかいていますので参考にどうぞ→ハーバルラビット!デリケートゾーンの黒ずみ解消

・ デリケートゾーンの黒ずみは個人差があるため気にしすぎないこと

デリケートゾーンの黒ずみの色や範囲は個人差があるため、とくに悩む必要はなく優しくケアしておきましょう。

ストレスを抱えることも代謝の低下を招いて黒ずみに影響しやすいため適度に発散し、アンダーヘアの処理も負担をかけない程度に行うことです。

-デリケケートゾーン, デリケートゾーンの黒ずみ, 美肌スキンケア

© 2021 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 Powered by AFFINGER5