スソワキガ 臭い対策

インナーブラン!デリケートゾーン消臭効果は嘘?陰部に効く?


インナーブラン!デリケートゾーン消臭効果は嘘?陰部に効く?


デリケートゾーンというと中々友達や家族間でも話題にしにくい内容!

それでも、デリケートゾーンにニオイがしないかはびくびくものです。

その理由の一つに日本人は欧米人ほどデリケートゾーンの手入れに慣れていないから。

 

そんなあなたに使い方も簡単で、サッとワンプッシュでデリケートゾーンの臭いケアができるアイテムがあるんです。

それは、インナーブランというミストタイプのデリケートゾーン専用の消臭ケアアイテム

インナーブランの口コミをみると「デリケートゾーン消臭効果は嘘」というのは本当ではなく、消臭に効きますよ。

インナーブランを公式サイトで詳しくチェック→医薬部外品のデリケートゾーンミスト!【インナーブラン】

デリケートゾーンの臭いに効果ありインナーブランとは?

インナーブランには、デリケートゾーンの消臭に効果のある成分を配合しています。

具体的には、

・ ニオイ消臭効果イソプロピルメチルフェノール成分配合:有効成分

・ 保湿成分:豆乳発酵液配合

・ デリケートゾーンのお肌に必須と言える潤い成分6種配合

続けて、それぞれについて詳しく説明していきますね。

ニオイ消臭効果イソプロピルメチルフェノール成分配合:有効成分

有効成分となっているのは、インナーブランが医薬部外品だからです。

この成分が医薬部外品の有効成分で、消臭の働きあります。

有効成分とは、厚労省によって効能・効果が認可された成分をいいます。

もちろん、このイソプロピルメチルフェノールは多くの消臭アイテムに配合されている安全な成分です。

保湿成分:豆乳発酵液配合

豆乳と言えば、イソフラボンで女性ホルモンに類似している成分。

デリケートゾーンのお肌は、女性ホルモンで守られているといっても過言ではないほど重要です。

そんな女性ホルモンの代替を果たしてくれるイソフラボンを配合していることで、保湿に加え、デリケートゾーンのニオイの発生もおさえてくれますよ!

デリケートゾーンのお肌に必須と言える潤い成分6種配合

カミツレ花エキス・ローズマリー葉エキス・ビルベリー葉エキス・ラベンダーエキス・

ホオバ油・オリーブ油

の6種です。

特に、ホオバ油やオリーブ油は、美容液と同様に、お肌の乾燥を蓋する役割を果たす重要な成分!

ミストタイプのインナーブランは、メリットが大きい?

ミストタイプのインナーブランには、知られざる大きなメリットがあるんです。

もちろん、一番大事な点は、デリケートゾーン専用の消臭です。

そして、次のデリケートゾーンの洗浄と保湿対策に威力を発揮してくれるのが、インナーブランなんです。

デリケートゾーンの洗浄と保湿

最初に、デリケートゾーンの洗浄について説明します。

デリケートゾーンだから、デリケートゾーン専用のボディーソープで洗えばよいと考えてしまいますよね。

ここに、二つの間違いを犯す可能性があります。

① 消臭だから、ごしごし洗いたくなる!

② デリケートゾーンの皮膚は薄くほかの部位より乾燥しやすい上に、保湿対策が遅れる!

それでは、それぞれについて詳しく説明していきますね。

NG行為:デリケートゾーンをゴシゴシ洗う

デリケートゾーンは、ある程度、湿っているのが理想。

なぜ?

女性ホルモンと弱酸性で雑菌の繁殖をおさえているんですね。

だから、綺麗に洗うとこれらが失われしまい、デリケートゾーンのお肌が乾燥してしい、逆効果になる。

さらに、ゴシゴシ洗うとデリケートゾーンのお肌を痛めることもあり、デリケートゾーンのお肌の黒ずみをまねくことも。。

というように、デリケートゾーンはデリケートゾーンというぐらい大事にしなければならいということです。

ちなみに、デリケートゾーンの正しいケア方法についての記事も書いていますの参考にどうぞ→40代大人女子が今更聞けないデリケートゾーンの正しいケア方法?

デリケートゾーンの保湿:お風呂あがり5秒以内がベスト!

デリケートゾーンの保湿は、お風呂あがり5秒以内がベストなわけは、デリケートゾーンのお肌の皮膚の厚さは、顔などの皮膚と比べると非常に薄いので、乾燥しやすいのですね。

特に、風呂あがりが一番乾燥しやすいというのはご存知だと思います。

しかし、デリケートゾーンのお肌は、お風呂場から出る前に乾燥してしまいます。

ちなみに、デリケートゾーンのお肌の乾燥は5秒ぐらい!

そのために、お風呂内で保湿できるケアアイテムが重要なんです。

だから、ミストタイプの消臭ケアアイテムが使いやすいというわけです。

 

以上二つのことを踏まえるとミストタイプのケアアイテムがいかに重宝かおわかりいだけましたか?

インナーブランを公式サイトで詳しくチェック→医薬部外品のデリケートゾーンミスト!【インナーブラン】

 

インナーブランの使い方って?

 

インナーブランの使い方は、次の3ステップで完了です。

① インナーブランをスプレー

インナーブランは匂いが気になるときやお風呂上がり、トイレの後などに使用しましょう。

デリケートゾーンからボトルを10〜15cm程度離し、シュッとスプレーを吹きかけます。3~4プッシュを目安に使用すると良いでしょう。

特に、お風呂に入った場合には、お風呂場で使用すると効果的ですので、忘れないようにお風呂場に持っていきましょう。

② 乾くまで待つ

デリケートゾーンがしっかりと乾くまで、しばらく待ちましょう。

乾く前に下着をつけてしまうと、蒸れの原因になりかねません。インナーブランは速乾性に優れているのですぐに乾くと思います。

③ 下着を付ける

デリケートゾーンがしっかりと乾いたのを確認したら、いつも通り下着を付けましょう。

 

インナーブランの口コミの紹介

インナーブランの公式サイトによるとツーンとするニオイや敏感肌の人でも使用可能という口コミが載っていました。

口コミとしては少ないし、公式サイトということもあるかもしれませんが、あなたがインナーブランを使用するかどうかの判断材料に。。

インナーブランに関する主なQ&A

インナーブランは生理時でも使用できるの?

生理の時は、どうしてもニオイが強くなりがちです。

でも、大丈夫、生理の時も使用することができますよ!

お得に購入できる定期コースに縛りはあるの?

定期コースに縛りはなく、1回の購入後はいつでも解約できるので安心ですよ!

なので、定期便の継続回数に制限はなく、いつでも休止できるので、定期便での購入がおすすめです。

インナーブランを公式サイトで詳しくチェック→医薬部外品のデリケートゾーンミスト!【インナーブラン】

 

ただし、解約したい場合には、インナーブランが発送される7日まえまでに電話連絡しましょう。

詳しくは→インナーブランの公式サイトで確認してください。

返金保証制度はついているの?

90日間の全額返金保証付いています。

仮に、3本使用しても返金してくれるとのこと。

安心ですよ!

インナーブランは敏感肌でも使用可能?

インナーブランは敏感肌でも安心の7つの無添加を実現!

具体的には、パラベン・紫外線吸収剤・酸化防止剤・シリコン・鉱物油・合成着色料・サルフェート

の7つが無添加となっているので、敏感肌のあなたも安心して使用できますね。

インナーブランはどこの部位でも使用可能なの?

インナーブランはどこの部位でも使用可能なの?

少し、気になるかもしれません。

当たり前のことかもしれませんが、アポクリン汗腺がある部位は、ツーンとしたニオイがしやすい場所でもあります。

なので、デリケートゾーンをはじめ、わき、バスト、耳、肛門周辺に使用できますよ!

ちなみに、デリケートゾーンと同じぐらいニオイがきついのがワキと言われています。

 

このワキから出るニオイをワキガと呼んでいます。

これに対して、デリケートゾーンのニオイをスソワキガと呼びます。

 

ちなみに、このスソワキガやワキガのニオイをあなた自身が気付きにくいのですが、

 

このニオイがするのかどうか簡単に知る方法があります。

デリケートゾーンのニオイを簡単に知る方法

デリケートゾーンのニオイを簡単に知る方法は、耳のニオイをかぐことです。

耳にも、アポクリン汗腺が存在しているので、簡単にデリケートゾーンのニオイがあるかどうかをしることができます。

 

ちなみに、このアポクリン汗腺がある場所が、デリケートゾーンをはじめ、わき、バスト、耳、肛門周辺という特殊な部位なので、フェロモンに関係するともいわれています。

もちろん、こんなニオイはあなたにとって、苦痛でしかないので、気休めとはならないでしょうが。。

 

もちろん、例外もあるので、このようなニオイが好きだという男性もいるかもしれません。

 

ただ、一般的に、ニオイだけは、永久に慣れることはないそうで、いつも、肌身離さずインナーブランをもって、気になるときはサッと一振りでニオイの悩みから解消されましょう。

インナーブランを公式サイトで詳しくチェック→医薬部外品のデリケートゾーンミスト!【インナーブラン】

デリケートゾーンをはじめ、わき、バスト、耳、肛門周辺のニオイはなぜ嫌われる?

ところで、デリケートゾーンをはじめ、わき、バスト、耳、肛門周辺のニオイはなぜ嫌われると思いますか?

実は、顔や体形などは付き合ううちに慣れるがニオイは無理なんですよ!


その理由は、人間の心理にあるんだとか。

つまり、身だしなみや体形でいえば

・ 身だしなみは衣装を整えればよい

・ 体形はダイエットすることで解決可能?

 

その一方で、ニオイは目で見えない漠然としたもの。

何が嫌なのか説明がつかない。

このような理由がつかないことに人は嫌悪感を抱いてしまうらしいとのこと。

普段の生活でできるデリケートゾーンのニオイ対策ってあるの?

普段の生活でできるデリケートゾーンのニオイ対策としては、下記のようなものが考えられます

・ デリケートゾーンの蒸れ予防

・ デリケートゾーンの 洗いかた

・ デリケートゾーンの脱毛

続けて、それぞれについて説明していきますね。

デリケートゾーンの蒸れ予防

デリケートゾーンの蒸れ予防として、まずは、下着になります。

・ 下着の素材は、綿などよりも蒸れにくいシルク素材がおすすめ

・ おりものシートをこまめに変えるのも良いですね!

ただし、おりものシートでも香り付きのものは、ニオイが混ざって悪臭の原因にもなるので避けましょう。

・ 足を組むのは、デリケートゾーンの蒸れの原因となるのでNG!

デリケートゾーンの 洗いかた

デリケートゾーンをゴシゴシ洗う:NG行為

デリケートゾーンは、ある程度、湿っているのが理想。

なぜ?

女性ホルモンと弱酸性で雑菌の繁殖をおさえているんですね。

だから、綺麗に洗うとこれらが失われしまい、デリケートゾーンのお肌が乾燥してしい、逆効果になる。

さらに、ゴシゴシ洗うとデリケートゾーンのお肌を痛めることもあり、デリケートゾーンのお肌の黒ずみをまねくことも。。

というように、デリケートゾーンはデリケートゾーンというぐらい大事にしなければならいということです。

ちなみに、デリケートゾーンの正しいケア方法についての記事も書いていますの参考にどうぞ→40代大人女子が今更聞けないデリケートゾーンの正しいケア方法?

熱すぎるお湯はNG

熱すぎるお湯は、デリケートゾーンのお肌の乾燥の原因となり、お肌にダメージを与えることになるので、人肌程度のお湯で流すようにしましょう。

デリケートゾーンは、ある程度、湿っているのが理想。

つまり、保湿が大事なんです。

この保湿対策のためにもインナーブランのミストタイプの消臭ケアアイテムはオススメですよ!

デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンを脱毛することで、ムダ毛がなくなることで、蒸れにくくなり、ニオイの発生が少なくなります。

ですが、反対に毛がなくなることで、毛穴に汚れが詰まり、それがニオイの原因になってしまうこともあるので、とくに脱毛後は、洗いかたには注意しましょう。

インナーブランのまとめ

99%消臭効果が24時間つづくデリケートゾーン専用ミスト「インナーブラン」

・消臭や、お肌を守る成分を厳選した6つのジャムウ配合。
(イチョウエキス。カンゾウ抽出末・シラカバエキス・オウゴンエキス・チャエキス・チャ乾留液)

・ 安心の国内製造

・ 90日間の全額返金保証付き

・ 定期縛りなし(1回のご注文で解約OK)

非常に使いやすいミストタイプのデリケートゾーンの消臭ケアアイテム。

 

さぁ、あなたもインナーブランで素敵な恋をしてみませんか?

インナーブランを公式サイトで詳しくチェック→医薬部外品のデリケートゾーンミスト!【インナーブラン】

 

-スソワキガ, 臭い対策

© 2021 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 Powered by AFFINGER5