飲むシリカ

霧島天然水 のむシリカは老化対策に良いって怪しい?水道水にも含有?


霧島天然水 のむシリカは老化対策に良いって怪しい?水道水にも含有?


シリカは人体に必須のミネラルで、老化対策にも良いといわれ、怪しくありません。

水から吸収するのがベター。

一日に必要な量は、シリカ(=ケイ素)の1日の消費量は成人で、約10~40mg。

霧島天然水 のむシリカは500mlで含有容量48.5mgでベストな量。

 

東京医科歯科大学の名誉教授藤田紘一郎先生もオススメ。

詳しくは公式サイト→霧島天然水 のむシリカ公式サイト

霧島天然水 のむシリカと水道水とはどこが違う?

霧島天然水 のむシリカと水道水とはどこが違うの前に、

シリカについて簡単に説明していきますね。

シリカって何?

シリカとは、別名ケイ素とも呼ばれるミネラルの一種です。

英語ではシリコン(Silicon)、元素記号はSiで記されます。

日本の地殻中にも多く含有しているミネラルです。

欧米ではシリカの美容・健康面での注目度も高く、日本のコラーゲンよりも人気となっています。

とくに、ドイツでは、シリカは長い間売れ続けていて最も人気があります。

シリカの働き:老化対策に良い

シリカは人体に約18g含まれ、

・ あらゆる臓器の老化や酸化を防いでくれます。つまり、老化対策に良い成分です。

食べた油が酸化する前に体外へ:安価な油・オメガ脂肪酸・揚げ物の残り油・トランス脂肪酸などの油を乳化して排泄物として排出する働きがあります。

なぜ?酸化した油が体に悪い

酸化した油が体に悪いという理由は油が活性酸素を吸収し、過酸化脂質という有害物質に変わるからです。

これは、肌老化の引き金につながります。

・ 「ツメ、髪の毛、肌、歯、血管、関節、軟骨、骨」など全身を構成する非常に重要な成分なので、人の体の中ほぼすべての部分に含まれています。

ゆえに、健康維持には欠かすことのできないミネラルです。

残念ながら、シリカは加齢とともに減少

残念ながらシリカは体内で作られず20歳をピークに減少していきます。

0歳のときに100あるとすると30代を過ぎると約半分以下に!

体内のシリカの貯蔵量は加齢とともに減少し、さらに人間の体内で新しく作ることができないため、食事などから摂取しなくてはなりません。

具体的には、麦やじゃがいも、青のりなどの食物に含まれていますが、

最近ではシリカを手軽に摂取できるサプリメントや、ペットボトル飲料があります。

その中でものむシリカとしてTVで放映されている霧島天然水のむシリカが有名です。

 

ところで、このシリカは、水道水には、含まれているのでしょうか??

水道水にシリカは含まれている?

蛇口をひねれば出てくる水道水の源は雨水です。雨水には様々な成分が含まれていてシリカもその一つ。

ということで、普段使用している水道水にもシリカが入っていることがわかりました。

ただし、健康を維持(シリカは、皮膚や血管、毛髪、細胞壁などに多く分布していて、あらゆる臓器の老化や酸化を防いでくれます)できるほどの量ではなく、微量ということです。

なので、水道水ではシリカは期待できないということになります。

残念ながら、のむシリカがちょっと高いという方には、食べ物(麦やじゃがいも、青のりなど)で補うしかないですね

霧島天然水 のむシリカで過剰摂取の心配はないの?

近年、美容や健康に関心の強い人々の間で、シリカが多く溶け込んだ水(以下、シリカ水)が話題になっています。 シリカ水に含まれるシリカとは、いったいどのような成分なのでしょうか。

また、一般的なミネラルウォーターと同様の飲み方をしても問題ないのか気になりますよね。

この記事では、シリカ水の安全性や効能について詳しく解説していきます。

シリカの1日の摂取量の目安などもご紹介するので、シリカ水を飲む際の参考にしてください。

 

さて、そんなシリカですが、

霧島天然水 のむシリカの500mlペットボトルで48.5mgの含有量です。

のむシリカは飲んでも安全なの

非結晶性のシリカは人体の健康に重要な栄養素であり、安心して口にすることができる成分です。

食品衛生法では、シリカは「人の健康を損なうおそれのないことが明らかである」とされており、その安全性が認められています。

シリカは人体の重要な器官を構成する成分(シリカは、皮膚や血管、毛髪、細胞壁などに多く分布)であり、

身体に悪影響を与えることはないので、

安心して生活に取り入れることができますし、摂取しないと健康に影響を及ぼすので知注意が必要。

のむシリカの1日あたりの摂取量目安は10~40mg

のむシリカの1日あたりの摂取量目安は10~40mgです。

これに対して霧島天然水のむシリカの含有量は、500mlで48.5mgと必要量をオーバーしています。

シリカの含有量が多すぎるので多すぎるので大丈夫かって心配なりますよね。。

シリカの過剰摂取などを含め問題はないの?

・ 遺伝毒性:問題無し

大人で1日の摂取量は、シリカはGLP基準(試験データの信頼性・精度を確保するための基準)の安全性試験においても、遺伝毒性がないことが証明されています。

・ 過剰摂取:問題なし

シリカを食べ物や飲み物から摂取すると、血清中のシリカ濃度が上昇して約120分でピークに達し、その後ゆるやかに減少していきます。

3~9時間かけて不要なシリカは尿として排出されるため、過剰摂取の心配はないですよ!

のむシリカの優れた点

シリカは、皮膚や血管、毛髪、細胞壁などに多く分布していて、あらゆる臓器の老化や酸化を防いでくれます。

そんなシリカは、健康維持に欠かすことのできないシリカ。

そのシリカを手軽に摂取できるのがのむシリカです。

ここでは飲むシリカを飲むことで期待できる効果や効能をご紹介します。

シリカは骨や歯、爪などを丈夫に:老化対策

コラーゲンやエラスチンなどの繊維や組織をつなぎ合わせる働きを持つ

・ シリカは、下図に示すような皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの繊維や組織をつなぎ合わせる働きをもっています。

つまり、お肌にハリをもたせる役割を手助けをしているわけです。

・ 骨密度が高くなる可能性:老化すると現象する骨密度=老化対策

シリカを多く摂取している人は、そうでない人に比べ骨密度が高いという研究も発表されています。

・ 骨や歯、爪、髪の毛などの強度維持に貢献

シリカをしっかり摂取することは、骨や歯、爪、髪の毛などの強度を保つ上で欠かせません。

・ 髪のパサつき、爪が割れたり、骨がもろくなどの症状:老化対策

シリカ不足になると、髪がパサついたり、爪が割れたり、骨がもろくなるなどの症状を引き起こしてしまいます。

肌の弾力性を保つ:老化対策

シリカには体内のコラーゲンを増やす働き

コラーゲンが不足すると年齢シワの原因となると言われています。

シリカには体内のコラーゲンを増やす働きがあるので、老化対策となる年齢シワができにくくする可能性がある??

そのためシリカの摂取量は皮膚や関節の弾力性(エラスチン:体の弾力性や肌のハリを形成するのに役立っているタンパク質)にも影響を与えます。

コラーゲンやエラスチンが減少してくる40代のあなたこそ!

張りのある肌を目指すために、霧島天然水のむシリカを積極的に生活に取り入れていくとよいでしょう。

詳しくは公式サイト→霧島天然水 のむシリカ公式サイト

血管の弾力性を保つ

シリカ水は血管の弾力性を保つのをサポートする働き

シリカは弾力がありしなやかな血管の形成をサポートしてくれるため、動脈硬化の予防に役立ちます。

シリカ水を日常的に摂取することは、血管年齢の衰えを防ぐための一つの方法といえるでしょう

シリカが不足した場合の悪影響

シリカが不足すると、皮膚や関節、骨などに問題が起こる可能性があります。

体内のシリカ不足が深刻な場合は、

・ 発育障害

・ 頭蓋骨の異常など、

人体のさまざまな箇所に大きな問題が生じる危険もあります。

シリカの摂取量に規定はないってホント?

実は、シリカの1日あたりの摂取量は、厚生労働省などにおける明確な規定はなく、特に定められていません。

なので目安とするなら、体内での消費量を参考にしましょう。

シリカは成人1人あたり、1日に10~40mg消費されるといわれています。

そのため最低でも10~40mgは摂取するよう心掛けるとよいでしょう。

 

特に若い方は身体の代謝が良く、シリカもどんどん消費して体組織を形成していくため、日常的にのむシリカを飲むように心掛けるのがおすすめです。

のむシリカの購入を検討している場合は、栄養成分表示を確認して、シリカの含有量をよくチェックするようにしましょう。

またシリカは野菜や海藻、穀物などからも摂取することができます。それらの食品を意識的に食生活に取り入れていくことも大切です。

霧島天然水 のむシリカの安全性は?

霧島天然水 のむシリカのシリカの含有量は、500mlで48.5mmgと十分な量ですが、安全性が不安になるかもしれません。

しかし、大丈夫です。

霧島天然水 のむシリカは、品質管理を徹底しており、製品はすべて検査済みです。

ボトルは、UV殺菌と除菌されたクリーンエアで殺菌しており、

天然水は、【 130度で10秒間、加熱殺菌 】し、

無菌充填システムでボトリングしていて、未開封で約2年間保存できます。

 

また、当然のことですが、日本国内で製造しています。

だから、安心して飲むことができますよ!

霧島天然水 のむシリカは加熱処理しているけどシリカ成分は十分量保持している?

霧島天然水 のむシリカの成分含有量は、加熱殺菌後の成分量を表示しています。

『霧島天然水 のむシリカ』は、幾度もの歳月を掛けミネラルが溶け込んでいるため、沸騰させても成分はほとんど変わりません。

なので、ご飯やお味噌汁など料理に使用すると効率的に摂取することができます。

著名なミネラルウォーターとのシリカ含有量比較

下図からみるとほとんどのミネラルウォーターにはシリカは入っていませんね。

群を抜いて多いのが霧島天然水 のむシリカということです。

ちなみに、ミネラルウォーターで有名な「南アルプスの天然水」や「いろはす」には、シリカが入っていなくてビックリ!

水道水にも微量に入っているのに。。

やはり、ここは、霧島天然水 のむシリカがベストかもしれません。

他には、「財宝」もよくテレビで宣伝していますが、シリカの含有量は少ないですね。

もちろん、1日の摂取量は満たしているので問題ないですが。

総合的にみるとミネラルが豊富な霧島天然水 のむシリカかと改めて思いました。

・ カルシウム

カルシウムが不足すると骨粗しょう症になる可能性も高まり、足に問題を抱えやすくなる場合もあります。

気分が落ち着かずイライラしたり、睡眠の質が悪い場合も摂取した方が良い必要な成分です。

・ マグネシウム

多くの酵素の補酵素としての役割を持っており、代謝を促す働きがあるため、ダイエットにも効果的な成分です。

・ カリウム

血圧を降下させる働きを持っています。

心臓や筋肉機能の調整なども調整してくれる成分です。

・ バナジウム

糖尿病の予防やコレステロール値の改善ができ、脂肪燃焼効果などがあるとされています。

霧島天然水 のむシリカの欠点??

霧島天然水 のむシリカの欠点と言えるかどうかわかりませんが、

料金が普通の水と比べて高い

のむシリカはミネラルウォーターの中でも高価な部類に含まれます。通常価格の場合、500mlのペットボトル24本で4,500円なので、1本あたり187.5円です。

コンビニなどで販売されているミネラルが豊富な天然水は100円から高くても150円前後でしょう。それらと比較するとのむシリカは高額なのは大きなデメリットです。

ミネラルが豊富で効果を実感しやすいとしても、高価なミネラルウォーターであれば継続しにくいでしょう。

また、定期便で1回に2箱以上注文しないと送料は無料になりません。

通常の送料は700円であるので、500mlが24本1箱の場合5,200円、1本あたり216円になります。

少しでも安く購入したい場合は、定期便やキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

しかしながら、のむシリカの働きを考えると必ずしも高いとはいえいないかもです。

シリカという成分の良さを知って購入すべきでしょう。

コンビニなどで販売されているミネラルウォーターには、シリカは配合されていません。

つまり、シリカの分がコストに反映されていると考えると割安かも。

霧島天然水 のむシリカのまとめ

シリカは健康の維持に欠かすことのできない必須ミネラルです。

シリカが欠乏すると肌の弾力低下や骨の形成不全などさまざまなトラブルを引き起こすため、毎日意識して摂取していくことが大切。

シリカは、食品ではイモ類や海藻類、穀類などに含まれます。

 

また手軽にシリカを摂取したい場合は、ペットボトル飲料などで飲むシリカを常備しておくのもおすすめです。

 

健康と若々しさを保つために、霧島天然水のむシリカを積極的に食生活に取り入れていくとよいでしょう。

詳しくは公式サイト→霧島天然水 のむシリカ公式サイト


-飲むシリカ

© 2021 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 Powered by AFFINGER5