未分類

ミニトマトをプランターで丈夫に育てる方法


ミニトマトをプランターで丈夫に育てる方法


ミニトマトといえば、家庭栽培の人気野菜ですね。

植える場所も直接地面に植える場合とプランターの中に植える場合とが考えれます。

今回は、プランターでミニトマトを育てる場合について説明していきます。

スポンサードリンク



プランターでミニトマトを育てる場合

準備編

準備としては、

・ ミニトマトの苗を3本購入

・ ミニトマトの苗を植えるためのプランター購入

・ ミニトマトを育てるための土を購入

ミニトマトの苗を3本購入

なぜ、3本なのか?

大体1本の苗でも十分な量のミニトマトが収穫できます。

なので、3本ぐらいあると十分すぎるぐらいミニトマトが収穫できるので、3本としています。

万が一、3本の中の1本が育たなくても大丈夫です。

ミニトマトの苗を植えるためのプランター購入

ミニトマトといっても成長するとかなり、大きくなります。

なので、プランターは、多少、大き目なのを購入するとよいでしょう。

一般的に売っている標準のプランターだと小さすぎるので、この標準のプランターより、二回りほど大きいとミニトマトが3本でも丈夫に育ちます。

ミニトマトを育てるための土を購入

ミニトマトを育てるには、土が必要ですが、最初から肥料が配合されている培養土が良いでしょう。

容量的には、24Lぐらいあると大き目のプランターに入る量になります。

プランターへの植え方

プランターへのミニトマトの植え方に特に技術は不要です。

プランターに3本のミニトマトを等間隔で植えるだけです。

植え方としては、あまり、深く埋め込まないことです。

もちろん、浅すぎてもいけませんが、普通ぐらいの深さで十分です。

水をやった時に土が流れない程度が丁度良い感じ。

ミニトマトの育て方

ミニトマトの育て方としては、土が乾かない程度に、朝夕に水やりをします。

成長は割と早いです。

植えてから、1から2週間で花芽がでてくるかもしれません。

もちろん、花芽ができても花が咲かないとミニトマトになりませんので、ここからは時間がかかります。

一応、ミニトマトは夏野菜なので、それなりの期間が必要です。

プランターでミニトマトを丈夫に育てるには

プランターでミニトマトを丈夫に育てるには、一本の枝だけを成長させることです。

ミニトマトを放置してしまいますと葉のところから新芽が出てきます。

なので、ミニトマトを丈夫に育てるためには、この新芽をすべて、手でつまんで切り取ります。

つまり、まっすぐに、一本だけの幹を伸ばしていく感じです。

最初のころは、簡単に新芽を見つけることができますが、ミニトマトが成長するに伴って、新芽をとるのを見逃してしまいます。

ある程度、大きくなってしまうと新芽ではないので、放置するしかありません。

なので、朝など水やりの時に、新芽がでていないか十分に探す必需があります。

ミニトマトが3本あるので、成長にともなって、見逃しがでてくるのも止むをえませんが、

根気よく、新芽をみつけるのがコツです。

ミニトマトの葉も勢いを増してくるので、新芽を見つけるのも大変な作業になります。

ミニトマトをプランターで丈夫に育てる方法のまとめ

ミニトマトをプランターで丈夫に育てるためのコツは、葉の間からでてくる新芽を取り除くことでした。

とにかく、一本の太い幹だけにできれば、大成功です。

3本のミニトマトは、大きなプランターでも狭いぐらいに成長します。

時々、ミニトマトの葉も剪定しても大丈夫です。

あとは、たくさんのミニトマトができるのを待つだけです。

3本のミニトマトで、食べきれないほどのミニトマトがなります。

とにかく、簡単なので、プランターで栽培に挑戦してみてください。

スポンサードリンク



-未分類

© 2022 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 Powered by AFFINGER5