未分類

カミソリと電気シェーバーの使い方の違いを比較


カミソリと電気シェーバーの使い方の違いを比較


カミソリと電気シェーバーの使い方の違いを比較してみました。

一般的に、

肌が弱い人がカミソリを使用すると所謂カミソリ負けを起こしてしまい、出血したり肌が腫れてしまいます。 そんな方には電気シェーバーがオススメです。

逆に、深剃りしたいという方はカミソリがオススメです。

シェービング剤を塗布する等、剃る前に髭をやわらかくしましょう。

スポンサードリンク



カミソリの正しい使い方

カミソリを正しく使うには、お肌に対するケアが大切です。

お肌のケアのステップを紹介しましょう。

ステップ1:シェービングのまえに、あなたのお肌をキレイに

・ まず、顔に付着したほこりや汚れをきれいに落とします。

実は、外を出歩いている間はもちろんのこと、寝ているときにも顔には汚れが付いてしまっています。

なので、あなたのお肌をきれいにしておくことが重要なんです。

また、この顔についたほこりや汚れをきれいに落とすことは、カミソリの刃をスムーズに動かすためばかりでなく、カミソリの刃を痛めないためにも重要なプロセスです。

ステップ2:ヒゲと肌を柔らかくし、刃滑りをよりスムーズに

シェービングのまえに、あなたのお肌をキレイにしていきなりヒゲを剃るのは、間違いです。

そのわけは、乾燥したままの肌やヒゲに刃を当てるとカミソリ負けの原因となってしまいます。

そこで、カミソリ負けを防ぐためにはどうしたらいいでしょうか。

正しいヒゲ剃りを行うためには、蒸しタオルを用意します。

床屋さんなので、でヒゲを剃るときに、温かい蒸しタオルを当てられた経験があると思います。

実は、温かい蒸しタオルを当てる作業にはちゃんとした理由があるのです。

・ ひとつは、ヒゲに水分を与えることでヒゲを柔らかくするという役割

水分を含むことで、ヒゲは40%も膨張し、柔らかくなります。

こうすることで刃の滑りをスムーズにします。

・ もうひとつは蒸しタオルを当てることで毛穴が広がり、その中の汚れを落とすという役割があります。

これは、より清潔な肌環境を整えるということでもあります。

プロの現場で行われている蒸しタオルでお肌とヒゲの環境を整えましょう。

・ 蒸しタオルで温めた後、さらにシェービングジェルなどを使うと効果的

シェービングジェルなどに含まれている脂分が皮膚を保護し、肌に潤いを与えてくれます。

また、肌の炎症トラブルを抑制する効果もあります。

ステップ3:「順剃り」「逆剃り」「ひっぱり」の技術を習得します

いよいよヒゲ剃りに入ります。

それぞれ基本的な髭剃りまえの事前準備は繰り返しますが、次のとおりです。

寝ている間や、外を歩いてついた顔のほこりや汚れをしっかりと落として、カミソリをスムーズに動かせる環境を整えます。

・ 「順剃り」・・・ヒゲの生えている方向に沿って剃ります。

一般的な剃り方です。

・ 「逆剃り」・・・「順剃り」で生じた剃り残しの部分を逆の方向から剃ります

「順剃り」と「逆剃り」でだいたいの髭剃りは完了します。

・ 「ひっぱり」・・・仕上げの段階で皮膚を引っ張りながら深剃りします

カミソリでカミソリ負けをしない大事なことは、繰り返しますが、下記の2点です。

・ シェービングのまえに、あなたのお肌をキレイに

・ 蒸しタオルなどでヒゲと肌を柔らかくし、刃滑りをよりスムーズに

スポンサードリンク



電動シェーバーの正しい使い方

シェーバーを肌に対して直角に当て、ヒゲの生えている方向に逆らって剃ります。

少ないストロークで剃ることで肌のひりつきを抑えられるので、何度も往復しないようにしてください。

シェーバーを肌に強く押し付ける必要はありません。

深剃りするためには、肌に対して均等で適度な力をかけてください。

 

ステップ1

洗顔後は肌がややふやけ気味になるため、シェービングは洗顔前もしくは洗顔中に行ってください。

ステップ2

数日ヒゲを剃っていない場合は、無精ヒゲを短く整えてからシェービングしてください。

ステップ3

電源を入れてシェービングを始めましょう。

シェービングをする際は、剃りにくい場所は手で肌を伸ばしながら剃ってください。

より肌にやさしい深剃りが出来ます。

ステップ4

シェーバーを肌に対して直角に当て、ヒゲの生えている方向に逆らって剃ります。

少ないストロークで剃ることで肌のひりつきを抑えられるので、電動シェーバーを何度も往復しないようにしてください。

シェーバーを肌に強く押し付ける必要はありません。

深剃りするためには、肌に対して均等で適度な力をかけてください。

ステップ5

剃り味を維持するためにもシェーバーの手入れを定期的に行いましょう。

洗浄器付モデルをご利用の場合は、洗浄器を用いて定期的に手入れしましょう。

シェーバー単体モデルの場合は、水あるいは液体石鹸で洗い、シェーバーオイル(機械オイル)の塗布をおすすめします。

カミソリと電気シェーバーの使い方の違いを比較のまとめ

カミソリと電気シェーバーの使い方の違いを比較してみました。

一般的に、

肌が弱い人がカミソリを使用すると所謂カミソリ負けを起こしてしまい、出血したり肌が腫れてしまいます。 そんな方には電気シェーバーがオススメです。

逆に、深剃りしたいという方はカミソリがオススメです。

なので、あなたは、どういった剃り方をしたいのか、または、お肌は弱いのかでカミソリと電気シェーバーを使い分けしましょう。

スポンサードリンク



-未分類

© 2022 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 Powered by AFFINGER5