未分類

リーダーシップがある人とは?


リーダーシップがある人とは?


よく耳にするあの人はリーダーシップがあるよねって言葉。

リーダーシップとは一体何でしょうか?

・ 率先して物事を実践する人

・ チームを引っ張っていく人

・ リーダ自らが現場を取り仕切ること

などなど。

昔のリーダーシップと現代のリーダーシップには少し意味が変わっているようです。

スポンサードリンク



リーダーシップとは

昔は、チームの中にいて、チームを引っ張る人という意味合いが強かったですが、

今は、チームリーダー自らが陣頭指揮をとるというのが、リーダーシップのありかたです。

いわゆる、プレイングマネージァと呼ばれています。

ひと昔前は、リーダーシップとは、チームを引っ張るために的確な指示を出すという意味合いが強かったのです。

 

ある意味、椅子に座って、テキパキと指示を出すのがリーダーシップと言われていました。

確かに、全貌を見極めるためには、リーダーが現場に入ってしまうと状況判断ができなくなるというデメリットがあります。

しかし、現状に至っては、現場を知らないリーダーがリーダーシップを発揮するのが難しいのも実情です。

リーダーシップとして求められているのは、自らが現場に入り込んで、チーム自体を引っ張ることが求められています。

リーダーシップとチームを引っ張ることとの違い

リーダーシップとは、チーム全体で同じ方向にすすませることが求められます。

ところが、一部のリーダーがチームを引っ張ることに集中しすぎて、リーダーだけが突っ走ってしまうことがあります。

これは、リーダーシップと呼ぶことはできません。

我田引水という周りの意見を聞かないという、まさに、リーダーシップの真逆な対応です。

リーダーの条件

さて、リーダーの条件についてかんがえてみましょう。

リーダーの条件ってあなたは、なんだと思いますか。

・ 有言実行

・ 責任を取る

が主なリーダーの条件になります。

この二つのことを実行するのは意外と難しいです。

それでは、それぞれについてみていきましょう。

有言実行

有言実行とは、言ったことは、あるいは、口にしたことは、必ず実行するということです。

よくあるのが、良いことをいっているのに実行しないことです。

このようなことでは、リーダーシップをとることはできません。

チームの誰もついてきませんよね。

もしくは、嫌々ながら、従うふりをするかなど。。

チーム一丸とはなりないくいです。

・ いったことや口に出したことは実行する。

これが、リーダーに求められます。

責任をとる

責任をとるとひとことでいいあらわすといかにも、私が責任をとりますからといって、具体的な責任を明確にしないことです。

つまり、口先だけで、いっていることで、実行が伴わないことです。

責任をとるとは、自分の地位をかけて、実行することです。

つまり、失敗したら、地位を失う覚悟があるということです。

こういう人は、みんなに信頼されて、チームも一丸となれるでしょう。

 

リーダーシップがある人とは?のまとめ

いかがでしょうか?

リーダーシップについて説明してきました。

意外と簡単そうで難しいのがリーダーシップです。

口先だけでなく、現場にでてチームを引っ張り、常に、矢面たち、責任を持つことこそ

真のリーダーシップといえるでしょう。

あなたも、リーダーシップといえる立場にあるならば、もう一度、あなたの行動を振り返ってみましょう。

我田引水になっていないかや有言実行ができているか、責任を取る覚悟があるかをもう一度反芻してみませんか?

スポンサードリンク



-未分類

© 2022 気になる商品を亜紀とジィジィが独自評価 Powered by AFFINGER5